『手間のかかる長旅(097) 本尊を鑑賞する』

如意輪寺の境内にいる、時子(ときこ)とアリス。

夕暮れどきの寒さの中で、二人はお寺の建物に入ることにした。

たとえ寒くても、もうさっさと帰ろう、という気は二人にはなかった。

先ほど、食品工場での面接で即日採用を告げられたばかりで、気持ちが高ぶっている。

このまま家に帰る気は、なかった。

二人で境内を突っ切って、本堂に来た。

本堂前にお香を焚く香炉があった。

煙は立っておらず、燃え尽きたお香の残滓と灰ばかりが香炉の内部に積もっている。

長い時間、この場所には参拝客が来ていないようだ。

それでも香炉の前に立つと、かすかにお香の香りが鼻先をくすぐった。

香炉の脇を抜けて、本堂の入口で二人は靴を脱いだ。

本堂の戸は、閉まっている。

時子の先に立ったアリスは、躊躇することなくその引き戸を開けた。

戸はがらがらと音を立てる。

アリスは、本堂の中に入り込んだ。

「大丈夫なの?」

時子は後ろから声をかけた。

迷いのないアリスの行動が、心配だ。

「問題ないにゃ」

アリスは何気なく言って、中へ。

時子も彼女の後を追った。

うす暗い本殿に入るなり、正面に、寺の本尊である仏像が二人を迎えていた。

時子には、それがどういう種類の仏像なのかわからない。

本尊は、蓮華の花の形をした台の上に座り、片膝を立てている。

六本もの腕を持った、ふくよかな体格の仏像である。

一本の手先で柔らかくその頬を支え、うつむき加減な物憂げな表情をしているのだった。

「なんだか、女の人みたいな仏さんだね」

仏像の存在感に圧倒されて、その場に突っ立ったまま、時子はささやいた。

同じように横に立っていたアリスが、時子の方を見た。

「そうか。女の人か、これ」

「ええと、私はよくわからないけれど」

時子は慌てた。

無知な自分がうかつなことを言って、外国から来ているアリスに間違った知識を与えてはいけない。

「いや、女の人じゃないかも。だって仏さんって、皆、男の人でしょ?」

「仏はブッダのことにゃ」

アリスは、時子の言葉にうなずいた。

ブッダはね、インド人の王子にゃ」

王子なら、やはり女の人ではない。

時子は納得した。

「じゃあやっぱり、男の人ね」

「そうか」

アリスは首をかしげながら言った。

二人で立ったまま、本尊を眺めた。

うつむき加減の、物憂げな眼差し。

赤い唇。

細く、その柔らかさを想像させる六本の腕。

彼を目の前にして、時子は生々しい存在感を肌に感じる。

眺めながら、これは本当に仏像なのだろうか、と彼女は目を細めた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

イSム 国宝・如意輪観音 イSム【細密現存仕様】 仏像フィギュア / インテリア〈イスム〉

価格:97,200円
(2016/12/21 00:32時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com