読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(098) 本堂で過ごす』

絨毯の敷かれた床の上に、時子(ときこ)とアリスは座り込んだ。

目の前には本尊の威容がある。

二人で、この本尊を眺めている。

如意輪寺の本堂の中は、天井にランプ照明が灯っているばかりで薄暗く、静かだった。

外では境内を吹く風の音がしている。

しばらく、二人は本尊を眺めながら外の風の音を聞いていた。

時子は自然と、正座で座っていた。

お寺の本尊の前で、足を崩すことは無意識に避けたのだ。

横にいるアリスのことが気になった。

正座できるのだろうか?

彼女の足に目をやった。

見るとアリスは座禅を組むような形で、その長い足を小さくまとめている。

いつの間にか隣で、そんな凝った座り方をしていたのだ。

スカートからタイツの膝先を露出させていた。

「それ、痛くないの…?」

時子は小声で聞いた。

「痛くないにゃ」

アリスは答えた。

「お前こそ、正座で」

「うん」

確かに、正座もつらい。

しかし本尊が見ている。

「仏さんが見ているし」

「仏さんは見ているけれど、坊さんは見ていないよ」

「そうかな」

確かに、その場に僧侶がいなければ、多少の粗相をしても怒られることはない。

仏さんには悪いけれど、と思いながら時子は足を横に崩した。

楽だ。

「ここ、落ち着くね」

足を崩して楽になると、この本堂の空間は悪くない。

静かで、雨風もしのげて、いいところだった。

堂内に漂う線香と木の香りも、鼻に心地いい。

少し、寒いけれども。

「そうだな」

「うん」

「ここで、一晩泊まりたいにゃ」

小さく息を漏らすように、アリスは答えた。

切実な響きがあった。

時子は思わずアリスの横顔を見た。

「泊まる?どうして?」

「いや、別に、どうしてってほどの理由もないにゃ」

アリスは言葉を濁している。

何かあるな、と時子は思った。

 

二人とも、一方は座禅、一方は崩れた座り方のまま、依然としてぼんやりと座っている。

「そう言えば、お坊さんは」

時子は何気なく言った。

「私たちお坊さんに会うんじゃなかった?」

「ああ、そうだっけ」

アリスも思い出したように言った。

「泊まるにしても帰るにしても、坊さんに挨拶はしておいた方がいい?」

時子に尋ねてくる。

「えっ、泊まらないよ…?」

時子は混乱した。

お寺の本堂に泊まるなんて、想像もできない。

確かに居心地はいいが、一晩過ごす場所とは思えなかった。

「泊まらないよね?」

不安になって、アリスを見返した。

アリスは、首をかしげる。

「泊まってみたいんだけど、駄目かな」

「なんで急にそんな流れになったの?」

時子は焦った。

アリスがテレビの仕事でロケに来たお寺。

面接の帰りに、その現場に寄り道するぐらいのつもりだったはずだ。

当初から、時子もアリスも。

それが本堂でちょっとまったり過ごせたぐらいで、妙な考えを起こされては、身が持たない。

時子は、アリスの言動が少し心配になった。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

寺社に泊まる全国宿坊ベストガイド

新品価格
¥1,728から
(2016/12/23 00:52時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com