読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(40) 一子といる竹薮、消耗する猿姫』

竹薮の中で猿姫(さるひめ)は、忍びの女である一子(かずこ)と対峙している。

一子は猿姫の心を迷わせる言葉をかけてきた。

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)たちと同道することが、いかに猿姫のためにならないか。

語りかけて、彼女に忍びになるようにうながしてきたのだ。

猿姫の心は、ぐらついている。

旅の先行きが見えない折でもあった。

そして今は滞在していた神戸城が落ちる寸前で、脱出の最中なのだ。

背後に、三郎たち三人の同行者を残している。

早く脱出路を確保して逃げなければ、という焦りもあった。

「悪い話じゃないと思うんだけれどなあ」

焦る猿姫を前にして、一子は落ち着き払った声で言った。

月明かりの下に長身をさらし、猫のような伸びをする。

得物の棒を握る猿姫の手の平が、じんわりと汗をかいた。

どうするべきか、いい判断が浮かばない。

目の前をふさぐ一子。

背後に控える三郎たち。

今にも落ちそうな神戸城。

自分にとって最適な道を、今選ばなければならない。

猿姫は、唾液を飲み下した。

「貴様の言うことにも一理ある」

口を開いて出てきた言葉が、それだった。

「へえ?」

見返す一子。

猿姫は、口の中で舌を回した。

どう言葉を続けるか、考えているのだ。

「私には忍びが向いているかもしれない」

「あ、一理あるってそっちの話?」

猿姫の言葉を聞いて、一子は嘲笑した。

彼女が何を嘲っているのか、今の猿姫にはわからない。

今は話すことで精一杯だ。

「そうだ。自分でも、忍び働きはできるかもしれないと思うし」

「ふうん」

一子は小首をかしげて、猿姫の言葉を聞いた。

彼女の目は笑っていない。

たとえ猿姫が言葉の先で煙に巻こうとしても、それを許さない視線だった。

猿姫は、緊張する。

「なら、私と一緒に来るのね?」

間髪入れずの、試すような口調である。

猿姫は唇の端を噛んだ。

目の前の忍びの女に、試されている。

鼻から息を吸った。

「貴様についていってもいいが、条件がある」

一息に言い放った。

「条件?」

一子は眉間に皺を寄せて見返した。

「そうだ」

「聞くだけ聞きましょうか」

高慢な言い様だった。

以前までの一子とは、態度が違う。

きっと、猿姫が窮状にあることを把握しての豹変なのだ。

悔しい気持ちを飲み込んで、猿姫は言葉を続けた。

「三郎殿も連れて行ってくれ」

「何それ」

猿姫が訴えるなり、一子は鼻を鳴らした。

「それが条件だ」

「私の話、聞いていなかったの?国を追われた大名の倅なんて、役に立たないって言ったでしょ」

「でも、三郎殿は鉄砲が使えるんだ。彼にだって忍びが勤まるかもしれないだろう」

訴える猿姫を、一子は冷たい目で見据える。

「あなたに、忍びの何がわかるの?」

猿姫は言葉に詰まった。

一子の視線が、肌に刺さる。

焦り、猿姫は言葉を継いだ。

「それが駄目なら、私は貴様にはついていかない」

破れかぶれだった。

今、目の前の一子の機嫌を損ねるような返答が、どんな結果を招くか。

悪い想像はあっても、猿姫には旅を共にする三郎を見捨てる覚悟はできていない。

「このままでは貴方もあの連中と共倒れになるだけなのに。そういう決断で、いいのね?」

猿姫の目を覗き込みながら、一子はなぶるような調子で語りかける。

うかつな返答をためらわせる問いかけだった。

だが、猿姫には選択肢がない。

三郎たちが待っている。

「何度も言わせるんじゃない」

強気を装って、勢いで言い放った。

言葉だけでも強く出れば、少し元気づくことができた。

「これ以上、貴様と話し合っても無駄だ。さっさと失せろ」

棒を構え直して、相手の喉元にいつでも切っ先を突き出す気配を送った。

猿姫の態度を見て、一子はため息をついた。

哀れむ視線を猿姫に送っている。

「がっかりだわ」

「がっかりでも何でもいい。話は終わりだ」

言うが早いか、猿姫は上半身を伸ばし、相手の喉にめがけて棒を突き出した。

我慢の限界だったのだ。

ただ、相手との間に、距離はある。

上半身が伸びるのと同時に、猿姫は地面を蹴って前進していた。

棒の先は、一子の喉を貫くのに充分な伸びしろを保って迫った。

一瞬のうちに迫った一撃。

一子は上体をひねってかわした。

柔らかく、猿姫の動きに劣らない速さである。

棒をかわされて相手のそばに踏み込んだ猿姫は、その勢いで相手に体当たりを食わせた。

相手に近すぎて、また竹藪の中では竹が邪魔になり、それ以上棒を振ることができなかったからだ。

代わりに棒を持った腕を下に落として、肩先から背中にかけての部分を相手の体にぶつける。

手ごたえはあった。

「ぶつかり合いは苦手だわ」

舌打ち混じりに言う一子の声がどこかで聞こえる。

一歩下がりながら頭を上げた猿姫の目の前に、一子の姿はなかった。

気配が、遠くにある。

「貴様、どこに行った」

「ぶつけられて、肩が外れた。お望みどおり、失せることにするわ」

どこかから、通りのいい声が届いた。

それっきりだった。

竹薮の中は、静かになった。

風で揺れる竹と、猿姫自身の荒い息の音だけが聞こえている。

猿姫は、棒を地面に取り落とした。

全身から力が抜けて、棒に続いて地面に落ち、へたりこんだ。

一子との問答で、ここまで消耗するとは予想外だった。

 

直前の言葉のやりとりを思い出し、胸がふさぐ。

だが状況が状況だ。

すぐにでも、三郎たちの待つ祠に戻らなければならない。

それでも猿姫は、すぐさま立ち上がることができないでいた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

豊臣秀吉 (中公新書 (784))

新品価格
¥713から
(2016/12/31 02:08時点)

kompirakei.hatenablog.com