読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『寝ていたいが、先輩の言葉』

怒鳴り声が辺りに響いている。

「おい、役立たずがごろごろしやがって、邪魔だ」

私は、道の真ん中に寝そべっている。

怒鳴り声は、辛辣なものだった。

それは明らかに、私を指したものだ。

ただいくら辛辣な怒鳴り声でも、それが自分の発したものであれば、いくらでも耐えられる。

「おい、邪魔だっつってんだろ、どけよ」

私はごろごろしながら、口先で怒鳴り声をあげた。

背中を地面につけていると、肺が圧迫されて、大きな声をあげるのにも技術がいる。

「邪魔だな、こいつ。いったい誰の許しを得てごろごろしているんだ」

思いつくままに、私は声をあげ続けた。

体はだらしなく路上に横たえたまま。

道行く人たちは、眉をひそめて私に視線を落としながら、構わずに通り過ぎて行く。

当然だ。

寝そべったまま吠えている奇怪な人間、関わったら損だ。

企みがうまくいっているので、私はほくそ笑む。

こうやって、誰かに怒鳴られる前に自分で自分に怒鳴っていれば、誰も怒鳴ってこない。

私は、他人より先回りして自分を怒鳴りつけているのだ。

これも処世術である。

すでに自己批判している者を、誰も批判することはない。

他人から批判されることを避けようと思うなら、まずは自己批判だ。

「昼間から道端に寝転がってこんな奴、ろくな奴じゃないよ」

昼間から道端に寝転がりながら、私は大きな声をあげる。

ろくな奴ではない。

道行く人たちが、あいつ自己批判しているな、といった顔で私を見ながら通り過ぎる。

あえて私に語りかけることはない。

いいぞ、と私は思う。

昼下がり、道端に寝転がってのんびりするのには最高な、気持ちのいい時間だ。

このまま、怒鳴りながら、他人からの追及を避けて。

夕方までまったりしよう。

そう目論んだときだった。

「おい、君、いい加減に静かにしてくれないか」

静かな、それでいて力強い声が私に降り注ぐ。

私自身の声ではない。

私は、寝転んだまま、体を強張らせた。

他人からの追及を受けた。

あれだけ自己批判を繰り返していたというのに。

それでも、声をかけてくる人がいる。

私は上半身を起こした。

近くに、寝そべっている人がいた。

高齢の男性だ。

グレーのスーツを着て、黒縁の眼鏡をかけた、人品卑しからぬ風体。

そんな人物が、私と同じように道端に寝そべっている。

スーツが土に汚れるのも構わず。

こんな人物が近くに寝ていることには、気付かなかった。

「さっきから騒々しい。君の横暴な声に、私の思索は妨げられているのだ」

男性は控えめな声で訴えた。

私は、萎縮した。

「申し訳ありませんでした」

頭を下げた。

眼鏡の奥から、男性の細い目が私を見ている。

「君、見たところ、まだ若いな」

「はっ…」

男性に鋭く指摘され、返す言葉もない。

「いいかね、君。私がこうやって道端に横たわって思索にふけるのも、これまで長年、実生活で充分な経験を積んできているからこそだ」

男性は寝転がりながら、重々しい声で言った。

私はうやうやしく言葉を拝聴する。

「君のような若い者は、まだ寝そべって思索にふけるには早い」

「は…」

批判めいた調子に、私はただただ頭を下げる。

「立ち上がりなさい。立ち上がって、世界を見てきなさい」

男性は、力強い声で命じた。

言い返す言葉が思いつかない。

しかし本心を言えば、このまま、寝ていたかった。

「駄目だ。横になって死を待つには、君はまだ早過ぎる」

まだためらっている私に、男性はさらに声をかける。

死を待つ、という言葉は重い。

私は、思わずうなずいていた。

「全ての可能性に賭け終えた後、またここに寝に戻って来たまえ」

私の顔色を見て、男性は声色を和らげた。

「はい」

私は立ち上がった。

世界を見る。

可能性に賭ける。

そう言われると、確かに私にはまだ世界を見る余地も可能性に賭ける余地も、残っている気がしてくる。

「ちょっと行ってきます」

「元気でな。時々手紙をくれよ」

寝そべったままの男性に見送られ、私は旅に出た。

本当のことを言えば、あのまま私もごろごろしていたかったのだが。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

新品価格
¥1,944から
(2017/1/10 23:22時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com