読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(101) おおらかになだめる時子』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

時子(ときこ)たちは、駅前のバスターミナルにあるバス停で、バスを待っている。

土曜日の午前中である。

先日アリスと二人でアルバイトの面接に出向いた帰り、如意輪寺(にょいりんじ)という寺に寄った。

その帰り、友人たち皆で再び如意輪寺に来ることをアリスは提案したのだ。

提案通りアリスは友人たちに話をして、今、全員が集まっている。

如意輪寺方面に行く路線バスに乗るのだ。

時子、町子(まちこ)、美々子(みみこ)、ヨンミ、アリス。

なぜか、美々子のパートナーの東優児(ひがしゆうじ)も来ている。

バス停のベンチに座って談笑する皆を置いて、時子と町子は二人その場から離れた。

仲間たちに話し声が聞こえない場所まで、歩道を歩いてきた。

「ちょっと時ちゃん、なんであの男がいるの?」

押し殺した、それでいて勢いのある声を響かせながら町子は時子に詰め寄った。

両肩をつかまれて、時子は苦しい。

「落ち着いて」

「仲間うちの集まりって言ってたじゃん」

しかし、アリスが皆に連絡をまわしたのだ。

時子の関知するところではない。

「アリスは何て言ってたの?」

「だから、仲間うちの集まりだって」

町子は目を剥いた。

東優児は美々子のパートナーである。

だが、彼は町子にも好意を持っているらしかった。

「東さんも仲間うちってことじゃない?」

個人的には優児に何ら悪い感情を持っていない時子は、何気なく言った。

彼女の両肩をつかむ町子の手に力がこもった。

「痛い、肩折れる」

「あの人は私たちとは関係ないでしょ」

強張った顔を、時子の顔すれすれに近づけてくる。

二人の鼻先が触れ合わんばかりになった。

「たぶん、美々子さんが独断で連れてきたんじゃないかな」

「もうっ…」

二人は後方のバス停の方を振り返った。

美々子は優児、ヨンミを両脇に置いて楽しそうに話している。

アリスも三人の傍らに立って、機嫌よく話しているようだった。

優児は女たちと話しながら、時折こちらを盗み見ている。

「あっ、あいつ、こっち見てる」

町子は舌打ちした。

そんな彼女を、時子は残念に思った。

休日の優児は美々子同様、顔に平日よりも薄く化粧を施して、やはり美しい顔立ちをしている。

服装にも気を配っている。

彼の方を見ながら、美々子とよくお似合いだ、と時子は思った。

「東さんとも仲良くしてあげてよ」

「何言ってるの」

時子の言葉に吐き捨てるように返して、町子はにらみつけてくる。

時子は、たじろいだ。

「あいつの魂胆はわかってるでしょ。美々ちゃんが鈍いのをいいことに、私のことも狙ってるんだよ」

時子はうなずいた。

しかし、町子の言葉だけ聞いていると、自意識過剰な人物のそれだ。

ただ実際時子は優児の町子への態度を見ているので、彼女の言葉を否定しきることもできなかった。

「でもきっと仲良くしたいだけなのよ、あんまり悪く取らないであげて」

皆で仲良くしたい時子は、おおらかな態度で町子をなだめた。

「悪く取る」

町子は、親指を唇に当てて、噛む。

「どうして」

「時ちゃんは、全般に男を甘く見てる」

町子の言葉に、時子は一瞬、体を強張らせた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人生十二相 おおらかに生きるための「捨てる! 」哲学

新品価格
¥1,404から
(2017/3/19 23:18時点)

kompirakei.hatenablog.com