『河原ノ者・非人・秀吉』服部英雄

骨太な読書になりました。 河原ノ者・非人・秀吉 服部英雄氏の著作、 『河原ノ者・非人・秀吉』です。 室町から安土・桃山時代にかけて、社会を支える一翼を担っていた被差別階級の人々。 さらには、その被差別階級に一時的に属しながらも、日本の支配者に上り詰めた権力者、豊臣秀吉。 中世の社会の一端を描く、大部であ…