2019年12月沖縄旅行二日目(4)。与那城、屋慶名バスターミナルから那覇戻り。首里城公園へ

食事を終えて落ち着いたところで、集落内にある屋慶名バスターミナルに向かいます。

午後からは首里城公園の見学をする予定なので、そろそろ帰るのです。

平安座島に向かう海中道路の入り口です。

離れたところから海中道路を撮ってみたのですが、小さくて見えませんね。

道路の途中に海の駅という観光施設もあります。

気にはなるのですが、ちょっとそこまで歩いて行く気になりませんでした。

この木、やたらと木の実を落としていますね。

本土で見たことがないように思います。

私の勘違いかもしれませんが。

沖縄に来てみて、初めて見る植物が多いです。

与那城総合公園の一角にあるこの建物。

うるま市の与那城庁舎だそうです。

日曜日だから閉まっててひと気が無いんですね。

というか、与那城の集落自体にひと気がありません。

たまに車が通る以外は、歩いている人を全然見かけませんでした。

おそらく家の中に人はいても、外が暑いせいで人が歩いていないので、無人のように見えるのですね。

屋慶名バスターミナルです。

ここから那覇バスターミナルに向けて、路線バスが出ています。

お手洗いもあったと思います。

それと別に、道路向かいの与那城総合公園の敷地内に入ってすぐのところにもあるので、そこで借りられます。

那覇バスターミナル行きバスに乗りました。

コザ(沖縄市)の辺りを通ったときに見た、ショッピングモールです。

アメリカだと、こういう沿道にテナントが並ぶ商業施設はストリップモールというそうです。

外観もテナントの中身もアメリカ的なストリップモールを見られて、興奮しました。

その後にまた米軍基地の横を通って微妙な気持ちになったりもしました。

那覇バスターミナルに帰ってきたら、もう午後3時でした。

うるま市でもう少し観光しようか迷いましたが、早めに切り上げてよかったです。

首里城公園観光の時間がなくなるところでした。

旭橋駅からゆいレールに乗って首里城公園最寄りの首里駅で降りてきました。

なんだかんだで午後4時になっていました。

首里駅からこの首里城公園東側入り口まで200メートルばかり歩きます。

そろそろ夕方の気配でした。

首里城の正殿は少し前に火災で焼失してしまったのですが、この圧倒的な石の城壁は依然、健在です。

見ていて惚れ惚れしました。

首里城公園の北側に隣接するのは沖縄県立芸術大学のキャンパスです。

その建物の瓦屋根の色合いが美しく、異国情緒に溢れて見えました。

この城壁と堅固な門を突破して攻め込むのは難しいと思わせるものがあります。

本土の城も形無しの堅固な城壁ですね。

焼けた正殿を、瑞泉門の外から眺めました。

今は正殿のある御庭に通じる門は閉じられて、入ることができません。

公園内の売店で、ブルーシールアイスを買いました。

「ゆみこソフトの店」というアイス店で。

店の人たちが、前の道を通る観光客たちに向かっておいでおいで、と手招きしている面白い風景があって。

私はまんまと吸い寄せられたのです。

フレーバーはブルーウェーブ、350円でした。

いつでも暑いので、いつでもブルーシールアイスがより美味しく感じられますね。

ブルーウェーブ味は舌に清涼感を残しました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【当店最大P10倍★〜6/27 1:59】1/150 首里城 木製組立キット ウッディジョー

価格:30,800円
(2022/6/26 20:16時点)
感想(0件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

2019年12月沖縄旅行二日目(3)。勝連城跡からキングタコス与勝店へ。元祖タコライス

勝連城跡を下城しました。

お昼を食べる店を探しながら散策していきます。

勝連城跡の前の観光案内所にも飲食店は併設されているのですが、まだちょっと時間が早いですからね。

ワイトゥイっていう岩で挟まれた道路があって名所みたいなんですが、遠いですね。

歩いて行くのはやめておきます。

沖縄名物タコライス、と思わせて浜比嘉島名物のたこめし。

それはそれで美味しそうなのですが、浜比嘉島ですからね。

与勝半島から海中道路平安座島まで渡り、その先でまた海中道路を経由して行かないといけません。

歩きで行くには遠いですね。

あくまで歩くつもりで、路線バスを使う手は考えていませんでした。

道路沿いに「タウンプラザかねひで よかつ阿麻和利市場」がありました。

飲食店は併設されてなさそうでしたので、素通りします。

ここをずっと行った先には例の海中道路があるのです。

地図アプリで調べたところ、海中道路の手前に沖縄のタコスチェーン、キングタコスの支店があるそうで。

そこまでお昼にするつもりです。

かなり距離はあります。

歩いた末、与那城の街に着きました。

那覇浦添と比べると、ずいぶん鄙びた土地でした。

歩いてきてちょうどお昼時間になったので、ここでタコライスに決めます。

キングタコスはタコライス発祥の店だそうです。

本店は、うるま市よりさらに北へ行った金武町にあります。

金武町は米軍基地キャンプ・ハンセンに隣接する町です。

買い物してきました。

与勝店では店内利用ができないそうで、テイクアウトするしかなかったのですね。

ここからさらに海沿いに行くと与勝総合公園があるので、そこでお昼とれる場所を探します。

与勝総合公園の、海を見下ろす高台に、ベンチが設けてありますね。

目ざとい私は見つけました。

ちょっと見えにくいですけど、しっかり海を眺めながらお昼にさせてもらいます。

楽しみにしていた本場沖縄のタコライス、屋外で食べるのは想定外でした。

潮風の風圧が強いです。

タコライスとタコバーガーを頼みました。

トッピングを加えたチーズ野菜タコライスが700円。

タコバーガーが300円でした。

タコライスはレタスとご飯が特盛みたいになってて、盛り上がる蓋を輪ゴムで無理やり止めてあります。

タコバーガーも、ハンバーガー好きの私も見たことないぐらい大きなバーガーです。

そこまでお腹空いてないよ、と怖気づきました。

たっぷりトッピング。

スプーンでいただくのですが、辛いチリ味のひき肉とチーズ、レタス、トマトの組み合わせは最高でした。

食欲刺激されてたまらず、わりとスムーズにたいらげてしまいました。

食べてる途中に強風でレタスをなんぼか吹き飛ばされ、後で拾いまわりました。

そしてこのゴツいタコバーガー。

中に挟まってるのはタコライスと同じだし、全部食べられるか?

と危惧したのですが、食べられました。

パティは基本タコライスの具と同じですが、バンズが絶妙な甘味の美味しいパンで、飽きることがなかったです。

タコライスとタコバーガーのお供に、自販機ルートビア

これも美味しいです。

キングタコス与勝店では窓口での飲み物の販売はなく、店の外の自販機で飲み物を買うようになっていました。

海を眺めながらタコライスとタコバーガーを食べられて、沖縄に来てよかったな、と思いました。

今回は頼みませんでしたがキングタコスには普通のタコスもメニューにあったので、またお店に行ったときには食べてみたいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【タコライス】オキハム 3食入袋×2袋セット /  計6食 ソース 付き 沖縄ハム 「簡易梱包」

価格:1,280円
(2022/6/26 17:54時点)
感想(38件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

2019年12月沖縄旅行二日目(2)。勝連城跡登城。阿麻和利、百度踏揚、護佐丸の関係

うるま市の勝連城跡を見学していきます。

城跡から道路を挟んだ専用駐車場の横に、観光案内所の建物もあります。

うるま市特産品の店うるまーる」併設で、土地のお土産類もありました。

勝連城のミニチュア、城跡からの出土品の展示もあったので、お城跡見学に合わせて立ち寄りたい場所ですね。

さて、勝連城跡です。

世界遺産だったのですね。

遊歩道が綺麗に整備されてていいですね。

スマホで、600年前の勝連城が体験できるらしいです。

試してみましたが、いまいちよくわかりませんでした。

実際のカメラ映像を使ったARとかだったら臨場感もう少しあったのでしょうけれど。

天気が良くて、観光気分が高まります。

勝連城跡。

15世紀の阿麻和利(あまわり)という人物の城だったそうです。

農民の子に生まれた阿麻和利は、元の勝連城主を攻めて自分が城主になりました。

本土で言う下克上の武将のような存在だったのでしょう。

阿麻和利が城主になってから勝連は繁栄したということなので、領主としての手腕にも優れていたようです。

後に阿麻和利は琉球王朝の尚氏と対立し、滅亡してしまうのでした。

石積みの城壁がきっちり残っていて美しいです。

井戸のような場所があります。

「ウタミシガー(お試しの泉)」です。

年の始めに、この泉の水の量の多寡で吉凶を測る神事が行われたということです。

こちらにも泉があります。

こちらは「ミートゥガー(縁結びの泉)」です。

この泉がかつて男女の逢瀬の場であった伝説からそう呼ばれていたそうです。

一方で、ここで結ばれた男女のどちらかに不幸なことが起こるという不吉な言い伝えもありました。

城主阿麻和利の夫人、百度踏揚(ももとふみあがり)は琉球王朝の尚氏の娘でありました。

実家の尚氏に婚家を滅ぼされ、その後に再嫁した新しい夫の家も、再び実家によって攻め滅ぼされています。

ミートゥガーの言い伝えは、この百度踏揚の人生を背景にしているように思われました。

三の曲輪に上がってきました。

儀式が行われたと考えられる広場で、建物跡の礎石も見つかっています。

曲輪の入口にあたる南門付近の城壁際の土中から、埋葬された幼児の骨が発掘されているそうです。

なぜここに子供が埋葬されたのかはわかっていないそうです。

私は呪術的な意味合いを疑いました。

この木の辺りが「肝高の御嶽(トゥヌムトゥ)」という拝所で、神人と呼ばれる女性祭司によって儀式が行われた場所でした。

儀式の際に神人の人たちが腰掛けた石の列も残っています。

二の曲輪は石積みの基盤が立派でした。

二の曲輪に上がります。

二の曲輪もなかなかに広いんですね。

舎殿の礎石が残っています。

城壁にもたれかかって、北の観光案内所方面を眺めました。

海の向こうに見える左側の島は平安座島とその北側に接する宮城島です。

今いる与勝半島から、平安座島までは海中道路が通っています。

右手の島は浜比嘉島で、こちらも平安座島から海中道路で渡れます。

本土の山城跡で、こんな綺麗に整った曲輪を見たことがないです。

琉球の石の城は、造りが緻密で美しいですね。

一の曲輪の下には樹木が生い茂っていて、その中に小さな洞穴があります。

かつて阿麻和利が落城した際、この洞穴から城外に脱出したという抜け穴伝説が伝わっています。

大阪城跡の、真田幸村の抜け穴みたいですね。

一の曲輪に登る階段、城壁の外側を通っていて、安全柵も無いので怖かったです。

海から来る風が結構強いし、上から降りてくる他の観光客の人とすれ違うために外側を歩かないといけなくて、ちょっと心臓をつかまれるような思いをしました。

一の曲輪は石灰岩がそのまま埋まっているような地面で、足場が不安定でした。

一の曲輪にも御嶽があり、阿麻和利の時代にはここに聖殿が建てられていたということです。

ここの土台になっている大きな石灰岩自体が、かつては聖なる石として信仰の対象だったのでした。

一の曲輪からは全方位に見通しが利くのですが、やはり観光案内所の先、海中道路の方向を見てしまいます。

できたらあの海中道路を歩いて渡ってみたかったのですが、それをすると日が暮れてしまいそうなので、今回は止めておきます。

こちらは南西の海です。

海の向こうに見える陸地に、中城城跡があるはずなのです。

中城城跡は、阿麻和利の競争相手だった護佐丸(ごさまる)の本拠地、中城城の跡です。

中城城は尚氏と結んだ阿麻和利の侵攻によって滅ぼされるのですが、後に阿麻和利も尚氏に滅ぼされるのは先述した通りです。

そしてこの護佐丸は、阿麻和利夫人の百度踏揚にとって母方の祖父でもありました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

城ミニ[完成品]勝連城 ケース付き ミニサイズ 世界遺産 琉球 続日本100名城 日本の城 お城 ジオラマ 模型 プラモデル 城郭模型

価格:29,500円
(2022/6/26 15:39時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

2019年12月沖縄旅行二日目(1)。那覇バスターミナルから、うるま市方面へ。沿道に米軍基地が多い

沖縄旅行、二日目です。

朝から、ちょっとばかり那覇から離れた土地に行ってみようと思います。

前日にも来た那覇バスターミナルから出発します。

那覇から北東にずっと行った先、うるま市与勝半島は中ほどにある、勝連城跡を目指していきます。

朝からシークヮーサーウォーターで元気つけていきましょう。

時間が早くて案内所は閉まっていたのですが、バス路線について検索できる端末付きのシーサー君が案内所前で稼働しています。

案内所の営業時間前で、長距離バス路線のことが何もわからない状況だったので、とても重宝しました。

調べた結果、目的地に行くバスがもうすぐ出るということだったので、慌てて発着口に向かいました。

乗り込む直前にバスターミナル併設のコンビニで買ったポーク玉子おにぎりです。

沖縄に浸透している輸入食品、スパム缶のお肉が使われております。

朝食まだだったので、バス内でいただきました。

とても美味しくいただきました。

バス内での飲食はどうも駄目らしい、ということに気付いたのは食べ終わった後でした。

知らずにやった悪事は免罪される、と考えるのは甘えでしょうか。

 

那覇バスターミナルを出たバスは、国道58号線に沿って那覇市内を北に行きます。

ほどなく浦添市内に入りました。

そして浦添市から宜野湾市へ。

宜野湾市から北谷町にかけて土地を広く占める米軍基地、キャンプ・フォスターです。

市街地に建物がひしめいているのに、基地内の住宅は敷地を広々と取ってあるので、眺めていて反感を持ちました。

土地が狭いんだからアメリカ気分を切り替えてちょっとは遠慮せんかい、と思いました。

敷地内にショッピングモールまであって、米兵が市街に出て来なくても生活できる環境になっているんですね。

フェンスの向こうは米国区域、つまりはアメリカ国内の扱いなんですよね。

アメリカ文化への憧れと、米軍への反感とが、自分の中で葛藤するのを感じました。

中を見学したい気持ちは、正直に言うとあります。

公園に子供向け遊具のあるところを見ると、米軍人の子供さんも居住しているんですね。

米軍基地で生まれ育つというのは、どういう感じなのでしょう。

米軍人の家族は、パスポートがあれば基地の外に外出できるということです。

基地の外の街の子供と、米軍人の子供たちが交流する機会はあるのだろうか、と気になりました。

米軍基地内に日本人を招いての交流イベント等も時々は行われているようですね。

基地側の意図が諸々あるのでしょう。

到着しました。

うるま市内、「西原」のバス停です。

沖縄県道8号線沿いにあります。

那覇バスターミナルから西原まで、運賃は1200円前後だったと思います。

西原のバス停付近から、勝連城跡まではわずか400メートルばかりです。

歩きました。

遠目からでも、丘の上に立つ、美しい石垣の城跡がよくわかります。

早くも興奮してきました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

沖縄米軍基地全史(501) (歴史文化ライブラリー) [ 野添 文彬 ]

価格:1,870円
(2022/5/29 14:36時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

2019年12月沖縄旅行一日目(10)。浦添前田駅からのレール急カーブ。国際通り。ステーキハウス88。オリオンビール飲み

再び浦添大公園、ハクソー・リッジ

やはり風が気持ちいいです。

いいところですね。

振り返ると、太陽が西に沈むところでした。

ゆいレール浦添前田駅から南西の那覇方面に向かうレールです。

駅を出てすぐ、南に向かって急カーブするんですよね。

途中で立ち寄る首里が、浦添の南にあるからですね。

 

浦添前田駅からゆいレールに乗って、那覇旭橋駅まで帰ってきました。

いったん宿でチェックインして、夕食を食べに出ます。

沖縄初日の夕食は、沖縄ステーキを食べたいと思っております。

若い人たちでにぎわう国際通りであります。

人気の観光地って感じで。

ステーキ店は時々あったのですが、値段が高めだったり入りにくそうな店だったりで、ついつい歩き続けてしまいました。

ローソンの二階にあるチェーンのステーキ店を見つけて、ここに入ってしまおう、と思いました。

コンビニの二階にある飲食店って、何か魅力的に思えるんですよね。

「ステーキハウス88 松尾店」です。

ここから二階に行けますね。

値段もお手頃に思えます。

石垣牛を一頭買いしていて、お店の目玉みたいですね。

まあ私は予算の関係があるので石垣牛にはこだわりません。

 

二階の店内に入ると大人向けの色っぽい雰囲気の内装と照明で、気後れしました。

ともかく注文します。

サラダとスープがきました。

あとパンかライスか選べます。

ライスにしました。

沖縄ステーキのお店ではステーキにマカロニサラダが付くと聞いていたのですが、このお店ではマカロニは無さげですね。

お肉です。

いい香りでした。

テンダーロインステーキ、100グラムで1600円(税抜き)でした。

量的には物足りないですけれど、さすがテンダーロイン、柔らかくて美味しかったです。

沖縄ステーキ店で定番のA1ステーキソース、岩塩等テーブル備え付けの調味料をかけていただきます。

一人でステーキ店に入ったのは初めてですが、いいものですね。

最近は地元の大阪にも沖縄系のお手頃なステーキチェーン店ができているので、また時々入りたいです。

那覇市役所前の、デパートリウボウです。

ちょっと食べ足りないので、ここで夜のおやつ類を買っていきます。

まだ12月に入ったばかりなのですが、クリスマス装飾で盛り上がってました。

蒸し暑い夏の夜の気候なので、かなりの違和感でした。

宿に帰り、デパートリウボウの食品店で買ったオリオンビールをいただきます。

大阪でも時々飲んでますが、やはり本場で買って飲むオリオンビールはより美味しく感じますね。

キンキンに冷えてますからね。

これも売ってました。

オリオンビアナッツですね。

オリオンビールの製造過程で出るビール酵母を練り込んだ衣で、ミックスナッツを包んであります。

サクサク食感で、オリオンビールに最適のアテです。

一人でしみじみ飲み。

ともかくも幸せでした。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

オリオン ビアナッツ 16g×20袋入り 沖縄土産 沖縄お土産 ビール おつまみ 家飲み お取り寄せ 父 珍味 極める つまみ 酒の肴 ご当地おつまみ ノンフライ製法 ナッツ ナッツ類 豆菓子

価格:1,728円
(2022/5/23 18:44時点)
感想(2件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

2019年12月沖縄旅行一日目(9)。自販機ルートビア。外人住宅跡地、港川ステイツサイドタウン

牧港の南に、昔の米軍人向け住宅地を再開発した場所があるというので、見に行くことにしました。

これは途中で見かけたパチンコ店です。

外装がファラオですね。

ラスベガスってこんな感じなんだろうと思います。

自販機がありますね。

沖縄の自販機は珍しいご当地ドリンクの割合が高いので、つい買いたくなります。

さっきブルーシールのアイスクリームを食べたばかりですが、もう喉が渇いています。

ペットボトル入りのルートビアがありました。

100円で、安いです。

沖縄でよく飲まれているルートビアですが、A&Wというブランドの缶入りのものがお馴染みですね。

ちなみに、A&Wは沖縄でハンバーガーチェーンとしても有名です。

ただ缶入りルートビアA&Wを販売している会社と、ハンバーガーチェーンのA&Wを経営している会社は、今は別みたいですね。

缶入りルートビアA&Wは、同じく薬系炭酸飲料のドクターペッパーの会社が販売権を持っているそうです。

自販機を設置しているミリオンという会社のルートビアですが、A&Wルートビアと比べても遜色ない、はっきり言うとほぼ同じ味でした。

美味しゅうございました。

会社の所在地がうるま市昆布という土地だそうで。

昆布って渋い地名ですね。

この辺が例の界隈らしいです。

米軍住宅の跡地ですな。

「港川ステイツサイドタウン」というそうです。

路地ごとにオレゴンとかアリゾナとかミシガンとかアメリカ合衆国の州名がついているんですね。

ちょっとしたアメリカ旅が出来そうです。

例えばここはテキサス路地です。

なぜわざわざテキサス路地に来たかと言えば、私が好きだからです。

どうも外人住宅はほとんど昔のまま残っていたようで、そのうちの大部分がお店として綺麗に改装されたうえ営業しています。

カフェにダイナー、美容室なんかが多いようでした。

私がお昼を食べた、いしぐふーの支店もありました。

ここはインディアナ路地ですね。

米軍人の住宅というと敷地が広いのかと思いましたが、ここの住宅家屋はわりとコンパクトですね。

狭い区画内に次から次へと車が来て、結構混雑していました。

人気の観光名所なんですね。

いい感じの飲食店があって入りたかったです。

ハンバーガーとサンドイッチ、いいですね。

晩ご飯食べるのによさそうですが、夜までまだ間があります。

今回はパスです。

ゆいレール浦添前田駅から那覇に戻ります。

また浦添大公園の中を通って行こうと思います。

住宅地の沖縄住宅はデザインが優れていて、散策が非常に楽しかったです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

訳アリ A&W ルートビア 48缶セット【送料無料】沖縄旅行 沖縄 お取り寄せ グルメ ご当地飲料 沖縄お土産 賞味期限 8月末

価格:5,280円
(2022/5/11 19:24時点)
感想(20件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

2019年12月沖縄旅行一日目(8)。ブルーシール牧港本店。アイスクリームは美味

国道58号線に戻りました。

わりと重要なポイントなのですが、「牧港(南)」の交差点からちょっとだけ西に行ったところに、ブルーシール(BLUE SEAL)の牧港本店があるんです。

皆さんご存じですかね。

 

ブルーシールは主に沖縄県内で展開するご当地アイスクリームのブランドです。

本土でも、沖縄物産店のお店なんかだと扱っているお店がありますね。

この旅行の頃まで、私は食べたことがなかったので、沖縄に来たらぜひブルーシールのアイスクリームが食べたいと思っていました。

ブルーシール牧港本店、本社の直営店舗のようですな。

アイスクリーム作り体験ができる体験型ミュージアムも併設しているようですよ。

私はもう、アイスが食べたくて仕方ない状態なので、アイス作り体験は別にいいです。

レトロなアメリカ式ロードサイド飲食店の外観ですよね。

渋いですねこれは。

もともとブルーシールアメリカ発祥のアイスクリームブランドで、戦後の沖縄では米軍基地内の店舗で営業していたのですね。

1963年、米軍基地外の店舗としては初めてこの牧港本店がオープンし、沖縄市民向けの営業を始めたのだそうです。

アイスクリームになれる顔出し看板もありました。

テンションが上がってしまい、こまめにお店外観の写真を撮っていたわけです。

店内に入り、アイスクリームを注文しました。

店内のテーブル席でいただきます。

ちなみにこの牧港本店、アイスだけでなくハンバーガー等のフードメニューも提供していました。

私は今回はアイスクリームだけにしました。

迷った末の、トロピカルマーブルというフレーバーです。

ブラッドオレンジ、キウイ、バナナという三種類のフルーツの味がミックスされたものです。

色合いも綺麗ですね。

どちらかというと酸味のある味付けでしたね。

きめ細やかで柔らかく、食べやすいアイスでした。

シングルで350円でした。

食べ足りなかったので、ダブルを頼んでもよかったな、と思いました。

店舗は沖縄だと多いようなので、沖縄旅行中に度々食べたいと思いました。

冬場だというのにアイスが美味しい気候というのがまた、何か凄いですね。

沖縄は。

暑くて暑くて。

店舗裏に、巨大な冷凍倉庫が併設されていました。

おそらくは工場も入っているのでしょう。

やはり、ブルーシールの本拠地であることを感じさせます。

駐車場の出入り口脇にある警備員の詰所まで、お洒落な外装になっていました。

この時は中は無人でしたが、米兵っぽいキャラ絵が窓にプリントされて、警備員がいるみたいになっているのが凝った仕掛けだと思いました。

しかし日中は蒸し暑くて、詰所の中にずっと詰めてはいられないんではないかと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ブルーシール アイス 18個セット 詰め合わせ ギフト 18個入り アイスクリーム 送料無料 ギフト 内祝い お礼 誕生日 お祝 お返し お取り寄せ 沖縄土産 ギフト ステイホーム ご自宅用 母の日 父の日ブルーシール詰合せギフト18(沖縄・北海道・離島は送料別)

価格:5,100円
(2022/5/6 21:56時点)
感想(40件)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com