2016-06-01から1ヶ月間の記事一覧

香港旅行三日目(2)。ランタオ島の港町、梅窩(ムイオー)散策。ドラゴンフルーツも美味しい

不本意ながら、バスを降りた梅窩(ムイオー)界隈です。 散策して参りますよ。 静かな港であります。 海を越えた先に、香港島のビル群がうっすらと見えていますね。 大都会の姿が遠くに拝める、のどかな島。 このギャップは、なかなかいいですよ。 いい意味…

『瞬殺猿姫(7) 髭武将には手荒な猿姫』

男をうつ伏せにさせて、座敷の畳の上に押し付けている。 猿姫は彼の上に覆いかぶさり、男の背中に片膝を押し当てているのだ。 そのまま、うつ伏せの男の両手首と足首とを背中の上できつく縛り上げて。 男を、えび反りの体勢にさせた。 酷い体勢で縛られてい…

香港旅行三日目(1)。ランタオ島の旅。降りどきのわからないバス

香港旅行、三日目の朝であります。 ランタオ島に水牛を見に行くつもりなのですよ。 香港に行って水牛を見る! それも香港旅行の当初からの目的のひとつだったわけであります。 香港にある数多くの島の中でも、香港島の次に大きなランタオ島です。 香港国際空…

『手間のかかる長旅(074) 三人で古墳に来た』

三人で、時子(ときこ)の自宅近くにある鉢形山古墳まで来た。 「だから古墳なんて嫌だって私は言ってるでしょ」 古墳の嫌いな町子(まちこ)は、古墳の前に立ってごねている。 しかしもう現地に来てしまったので、手遅れだった。 「まちこおんに、ちょごる…

『瞬殺猿姫(6) 猿姫と三郎、下克上を提案される』

すでに、日は落ちている。 座敷の隅では、燭台の上のろうそくに火が灯っている。 一行は、ろうそく明かりに照らされた座敷で車座になって、議論している。 猿姫(さるひめ)と織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 そして蜂須賀阿波守(はちすかあわのか…

『瞬殺猿姫(5) 白子港で、戸惑う猿姫』

船尾を岸壁に繋いだ後も、船はぐらぐらと揺れている。 「三郎殿、着いたぞ」 船板に腰掛けたまま、すやすやと寝入っている織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 猿姫(さるひめ)は彼の体の上に屈みこんで、揺さぶった。 「着いたのでござるか」 三郎は、…

香港旅行二日目(6)。時の流れを感じる。荷李活道公園(ハリウッド公園)、仏具店

上環エリアで文武廟(まんもうみう)にお参りした後、周辺を散策することにしました。 荷李活道公園(ハリウッド公園)であります。 1841年、香港島に上陸したイギリス軍が、香港占領を宣言した場所なんですね。 激動の歴史の舞台になった土地なのですね。 …

『瞬殺猿姫(4) 二者から歌を強いられる猿姫』

尾張国の農民の生まれである猿姫(さるひめ)。 彼女は棒術の達人である。 猿姫と同じ国の武家の生まれである織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。 彼は南蛮渡来の武器である鉄砲を使える。 二人とも故郷を追われ、今は行く先も知れない、長い旅の途中に…

棒の手。愛知県の、武術的な伝統芸能

こんにちは、金比羅系です。 私最近、戦国時代を舞台にした小説を書いているのですよ。 もし物語に餓えておられたら、この機会に読んでくださいね。 いずれも猿姫(さるひめ)って名の女性が主人公なんですね。 この猿姫が棒術を使うんですね。 彼女の棒術の…

『瞬殺猿姫(3) 猿姫が打ち据える、船着場の髭武将』

猿姫(さるひめ)は殺気立っていた。 周囲から、敵意に満ちた多数の視線を受けている。 こういう状況では、猿姫は殺気立たずにはおれないのだ。 彼女の連れの織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、心配そうに猿姫の背中を見守っている。 猿姫は、棒術の…

動画に釣られて。コンビニ食品、蒙古タンメン中本辛旨飯

人のせいにしたくはないんですけれどね。 YouTube動画なんかで食べ物が紹介されてると、自分も食べたくなるんですよね。 このYoutuberの方のグルメ紹介動画、面白くて。 時々、見てるんですね。 私、ラーメンの蒙古タンメン中本のお店には、十年近くも前に一…

ベトコンラーメン。寺内町。瀧谷不動尊。富田林市の旅

いつものごとくですが、ラーメンが食べたいな、と思ったのですよ。 たまにといいますか、しょっちゅうラーメンが食べたくなるのです。 で、食べに行ったんですね。 大阪府の富田林市にですね、ラーメン店が何店か集まるエリアがありましてね。 そこで美味し…

香港旅行二日目(5)。坂を登って文武廟(まんもうみう)に参拝

いろんな目に遭いながら楽しむ香港の旅であります。 苦い思いも噛み締めながら、昼食を済ませまして。 外に出てきました。 雨の降り具合も穏やかに。 その隙に今度は上環方面に向かうトラムに乗り込んだんですね。 トラムって基本窓は開けっ放しみたいで、直…

『瞬殺猿姫(2) 堺を熱く語る三郎と猿姫』

こいつのせいで考えがまとまらない、と猿姫(さるひめ)は苦々しく思った。 目の前で、彼女の連れがあぐらをかいている。 織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)である。 三郎は、尾張の国を治める領主、織田家の一族出身の若者である。 この三郎のまとう上…

香港旅行二日目(4)。コミュ障日本男児 in 香港。大家樂(たいかろう)で恥をかく

九龍寨城(がうろんせんつぁい)公園で、中国式庭園の風情を楽しめました。 まだお昼前で、午後からどこへ行こうか考えたんですね。 そのうえで、今いる公園から遠くはありますが。 香港島にあります文武廟(まんもうみう)というお寺に行こうと思いついたん…

香港旅行二日目(3)。九龍寨城(がうろんせんつぁい)跡地訪問!いい感じの公園

マンゴーを食べた後、私には向かうべき目的地があったのです。 九龍寨城(がうろんせんつぁい)、日本では九龍城の名でお馴染みの場所。 皆様、ご存知ですか。 かつて、九龍半島の北部に、巨大な違法建築のビルがあったのです。 もともとは清朝の時代に砦が…

2016年6月香港旅行

皆様こんにちは、金比羅系です。 現在スローペースで連載更新しています、香港旅行記。 こちらに各記事へのリンクを貼っておきますね。 香港にやって参りました。 興奮気味です。 フェリーに乗ったと、山の上で食べた美味しい火龍果。 山上から見る高層ビル…

香港旅行二日目(2)。天后に祈る旅の安全。果物卸売市場を見て芒果を貪る

美味しいお粥を食べておなかが満ちて、いい気分になってきました。 まだまだ歩けますぞ。 お粥を食べた佐敦駅の周辺から、隣の油麻地駅まで歩きます。 油麻地駅の近くに、果物卸売市場があるんです。 香港の果物を扱う市場、見てみたくなったのですね。 途中…

香港旅行二日目(1)。中国拳法に心が動く。お粥を食べる

香港二日目の朝です。 前夜は興奮して眠れず…ということもなく、横になったらいつの間にか眠っておりました。 旅するコンディションとしては悪くありませんぞ。 香港の街に参りましょう。 旅先で、朝の街を歩くのが好きです。 街には朝なら朝の顔、昼なら昼…

香港旅行一日目(3)。高層ビル群と、美味しい叉焼飯の夕食

やっぱり「100万ドルの夜景」のビル街は見たいな、と思ったわけなんですね。 どちらにしてもまだ明るいので、夜景は拝めないんですが。 ピーク・ギャレリアから出まして。 ハイキングコース沿いに、山すそのビル群を眺めることにしました。 青島啤酒のおかげ…

香港旅行一日目(2)。フェリー渡海、山の上で火龍果を貪る

宿の部屋でいつまでもまったりしてるわけにもいかないので、外出します。 重慶大厦前を通る大通り、彌敦道(ネイサンロード)に出てきました。 易しくないのか…。 難しいですな。 旅の間中、九龍半島の街を散策する際はネイサンロードを行きつ戻りつ。 市街…

香港旅行一日目(1)。重慶大厦(ちょんきんたいはー)入場!

皆様こんにちは、金比羅系です。 香港に行く! と前々から言ってました通り、行って来たんですね。 四泊五日の旅なんですね。 私は大阪の住人でして、最寄りの空港は関西新空港になります。 やってきました。 今回は人生で二回目の海外旅行でして、出発に向…

本日。新ブログに移転

皆様、こんにちは。 金比羅系です。 この度、Fanblog様で運営しておりましたブログ「あちらこちら異次元への旅」から移転して参りました。 今後は、こちら新ブログ「異次元に足を取られる旅」で記事を執筆して参ります。 前ブログの過去記事についてもこちら…