読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(3) 猿姫が打ち据える、船着場の髭武将』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

猿姫(さるひめ)は殺気立っていた。

周囲から、敵意に満ちた多数の視線を受けている。

こういう状況では、猿姫は殺気立たずにはおれないのだ。

彼女の連れの織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、心配そうに猿姫の背中を見守っている。

 

猿姫は、棒術の達人である。

棒術のみが彼女の取り得と言ってもいい。

彼女は幼い頃から棒術にたしなみ、今では達人の域に達している。

その棒術のもとは、彼女の故郷である尾張国の村々に、古くから伝わるものだ。

それは人々からは「棒の手」と呼ばれている。

棒の手は、もともとは純粋な武術ではない。

棒の手は村の祭りの場で、村の若い衆により神前で披露される。

若衆から選ばれた舞手が、神前で棒を使った優美な所作を行う。

武術を模したように、棒の使い手同士が、対になって華麗な動きを見せる。

勇ましい掛け声と共に披露される舞に、観客は魅了されるのだ。

そういうわけで棒の手は武術というよりは、どちらかと言えば芸能の要素の強いものだった。

武士に憧れる猿姫は、そんな棒の手に己の才覚で工夫をこらした。

彼女は神事で披露される芸能を、殺人的な棒術へとつくりかえた。

 

両手で携えた愛用の棒を構えて、猿姫は周囲の集団をにらみつけていた。

彼女の背後に、織田三郎信長がいる。

三郎は、尾張国の領主である織田家の一族出身である。

故郷を追われ、猿姫と二人でこの木曽川のほとりまで逃げてきた。

彼は現在の状況に怯えきって、猿姫の背中にすがらんばかりの様子だった。

三郎にしても、羽織を結わえる腰の荒縄に大小の刀を挿し、背中には南蛮渡来の鉄砲を背負っている。

それであっても彼は、もともと殺し合いには縁遠い、平和的な貴人なのだ。

猿姫ほど、命のやり取りの場には、慣れていない。

「猿姫殿、穏便に…」

全身に殺意をみなぎらせる猿姫の右肩に、三郎は恐る恐る手を置いた。

「ここで敵をつくっては、後々困ります故…」

「それは、私ではなくこの連中に言ってくれ」

昂ぶった猿姫は、短く、厳しい声を返した。

三郎は慌てて彼女の肩から手を引っ込めた。

小柄な猿姫の体に、彼女よりも背丈のある三郎が萎縮するほどの、強い殺意がこもっている。

三郎と猿姫は今、大勢の人間に囲まれている。

それであってもなお、三郎は自分たちよりも相手側の方を心配せずにはおれなかった。

猿姫が殺す気になれば、敵は死ぬ。

そのことは、先の織田家からの刺客との戦いで、三郎にはわかりきっているのだ。

 

三郎と猿姫の周囲を、十人を超える荒くれた男たちの集団が、取り囲んでいる。

彼らは木曽川の船着場で渡し舟を操る、船頭たちだ。

それぞれ手に刀、鉈などの武具を持って、三郎たちに襲い掛からんとする勢いでいる。

彼らがまさか自分たちに敵対しようなどとは、ここに来るまで三郎には予測できなかった。

「死ぬ覚悟のある奴からかかってこい」

三郎に背中を見せながら、殺気だった猿姫は船頭たちに恐ろしい声をぶつけていた。

三郎の身がすくんだ。

「猿姫殿、いけません、猿姫殿」

「後ろでうるさいぞ。お主は黙って鉄砲の用意をしろ」

自分に言葉を返してくる猿姫の言葉は、敵方に向けるそれよりも、ずっと優しい。

安堵のあまり、三郎の目から涙が出そうになった。

それほどに、殺気立った猿姫は、表情も声色も恐ろしいのだ。

「私は、織田家の手練れの刺客を五人ばかり血祭りに上げた。貴様らごとき訳は無い」

前に向き直って、猿姫は自分たちを取り囲む船頭の集団に啖呵を切った。

威嚇である。

彼女にしても、殺しは避けたいのだ。

これで相手が怖気づいてくれれば事態は悪化せずに済む、と三郎は期待する。

甘かった。

「戯言を相手にするな。こやつらも織田家の者だ。殺せ」

船頭たちの背後にいる彼らの主が、よく通る声で命じた。

威厳のある、重々しい声だ。

船頭たち、うなずく。

これは駄目だ、と三郎はため息をついた。

悪い方へと事態が向かっていく。

船頭たちの一団が、それぞれの武器を手に、こちらに押し寄せてくる。

そんな気配が渦巻いた瞬間、猿姫は棒を手に前方に飛び出していた。

 

猿姫は、船頭たちよりも、何倍も早い。

「猿姫殿っ!ここで殺しはいけませぬ」

三郎には、そう叫ぶのがやっとだった。

叫んだときには、すでに猿姫は彼のもとから遠く離れ、船頭の一団の中で愛用の棒を振るっている。

武器を手にした船頭たちを、棒でさんざんに打ち据えている。

「あっ、ああっ…」

事態を見守りながら、三郎は興奮の余り思わず両手を口で覆った。

猿姫は、殺気だった船頭たちが襲いかかってくる、その呼吸の隙をついて飛び込んでいったのだ。

小柄な彼女の背丈に匹敵する長さの棒を、猿姫は存分に振るう。

相手は刀、鉈などの武器を手にした屈強な船頭たちだった。

しかし彼らは、猿姫相手に手も足も出ずに、棒で叩きのめされている。

ある者は足先を払われて転倒する。

ある者は鎖骨を打たれ、痛みの余り、苦悶の表情で打たれた箇所を押さえて屈みこむ。

ある者は下腹部に突きを受け、悶絶してその場に倒れた。

三郎は、猿姫の戦いぶりを見ている。

彼には安心するところがあった。

先に織田家の刺客たちを葬った際には、猿姫は相手を全員皆殺しにしている。

棒による強烈な一撃で、相手方の面々は即死だった。

今回の猿姫は、敵方に対して明らかに手心を加えている。

 

猿姫殿、優しい…。

 

猿姫が人を殺す場面を目にしたくなかった三郎である。

救われる思いで、棒を振るって船頭たちの戦意を奪っていく、そんな猿姫の姿に見惚れている。

「三郎殿っ、鉄砲!鉄砲の用意!」

暴れながら、猿姫は三郎の方を見やって怒鳴った。

三郎は我に返る。

猿姫が自分のために命をかけて戦っているのに、自分が呆けている道理はなかった。

三郎は慌てて、背中に背負った鉄砲を下ろし、袋から取り出した。

鉄砲を地面に立てて、銃口の先から専用の器具を使って内部に銃弾と火薬を仕込んだ。

銃身を肩に乗せて、構える。

三郎は腰の荒縄に、各種の薬品を詰めた瓢箪を提げている。

彼はそのうちの一つから、火薬の入ったものを取り外し、内容物を構えた鉄砲の火薬皿に注いだ。

瓢箪を腰に戻す。

今度は、火打ち石を瓢箪の合間に提げた小袋から取り出して、火縄に着火する。

これで、いつでも発射可能な状態にできた。

彼の目前で猿姫は、武装した船頭たち相手に戦っている。

 

彼女が窮地に陥り次第、問答無用で相手を撃ち殺す。

三郎はそう覚悟した。

人を殺すという緊張の余り、手に汗がにじみ出てくる。

肩に構えた鉄砲の重さも感じられないぐらいだ。

「女子供だと侮ったかもしれんな」

猿姫が船頭たちの大方を戦闘不能に追い込んだ頃、敵方の後ろに構えていた人物が言った。

船頭たちが動きを止める。

釣られて、猿姫も棒を振るう手を休めた。

その人物が、前に歩んでくる。

三郎と猿姫は、息を飲んで相手の出方を見守った。

 

大きな男だった。

目は大きくて、気迫がある。

その鼻下から顎にかけて、一体となった髭が伸びて顔の大部分を覆っていた。

立派な髭である。

三郎は胸の内で、彼に髭武将というあだ名をつけた。

「斎藤家家臣、蜂須賀阿波守である」

男は威厳のある声で名乗りを上げる。

船頭たちは、その場から一歩退いて阿波守に道を譲った。

阿波守は、猿姫の目前に出てくる。

粗末な装いの船頭たちと違い、阿波守は正装し、大小二本の刀を腰に挿している。

れっきとした武士なのである。

斎藤家は織田家の支配する尾張国の北に隣接する、美濃国の支配者である。

蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)は、その斎藤家の家臣として、この船着場を管理している武将のようだ。

「ここいらの船頭たちに、斎藤家の息がかかっているとは知らなかった」

阿波守を見据えながら、直前まで暴れていた猿姫は、荒い息の下で言った。

「そうだろう。木曽川は、貴様ら織田家の者には渡さん」

阿波守は猿姫相手に息巻く。

三郎は慌てた。

「待って下され、阿波守殿。我らは織田家とはもはや何の関係もござらん」

必死に声をあげた。

鉄砲を構えながら叫ぶ三郎を、阿波守は一瞥する。

「織田家の嫡男、三郎信長だな。何の用で木曽川を越えようというのか知らんが」

腰に挿した刀の柄に、その大きな手をやり、抜き放った。

宙に刀身を晒した。

長い刀である。

「斎藤家の敵には、ここで死んでもらう」

刀を両手で構え、目前の猿姫に視線を据えている。

猿姫は棒を構え直した。

「船頭連中に比べれば、やり合い甲斐のある相手らしいな」

三郎の目前で、猿姫はつぶやく。

その声の響きに、密かな悦びが混じっているのに三郎は敏感だった。

「猿姫殿、いけません」

静止する三郎の声も虚しい。

猿姫と蜂須賀阿波守とはお互いの得物を振るってぶつかりあった。

相手方の刀をかいくぐった猿姫の棒が、阿波守を袈裟懸けに打ち据えた。

傍観している三郎が悲鳴をあげたくなるほどの、激しい強打であった。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

徳島県の歴史散歩

新品価格
¥1,296から
(2016/6/21 18:22時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com