読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(4) 二者から歌を強いられる猿姫』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

尾張国の農民の生まれである猿姫(さるひめ)。

彼女は棒術の達人である。

猿姫と同じ国の武家の生まれである織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。

彼は南蛮渡来の武器である鉄砲を使える。

二人とも故郷を追われ、今は行く先も知れない、長い旅の途中にいる。

 

「不吉だ」

蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)は、二人に聞こえるか聞こえないか。

それぐらいの小声で、聞き捨てならない縁起の悪い言葉を繰り返している。

阿波守は尾張国に隣接する美濃国の領主、斎藤家の家臣であった。

木曽川のほとりで猿姫と戦った彼は、手酷く痛めつけられて負傷した。

今は、後ろ手に手首を縄で縛られ、船底に転がされている。

「貴様、うるさいぞ」

猿姫は阿波守を怒鳴りつけた。

帆を持たない渡し船の後方に、彼女は体を前方に向けて、斜めに立っている。

背中に愛用の棒を背負ったまま。

船尾に備え付けられた長い櫂を両手で持ち、体の重心の位置を波に合わせて調整しながら。

巧みに海面を切っている。

彼らは海の上にいるのだ。

 

天候は良く、穏やかな波が、船体を揺らしている。

猿姫の目前、横たわる阿波守のさらに先には、三郎が座っている。

鉄砲の入った袋は膝の上に置いて、両手で押さえている。

彼は進行方向に背を向けて、阿波守と猿姫の方を見ていた。

「不吉である」

阿波守は執拗に続けた。

猿姫の棒に打ち据えられて負傷を負いながら、弱りもしない。

ふてぶてしさを見せている。

船を漕ぐのに忙しい猿姫は、舌打ちをした。

「貴様、黙らないか。三郎殿、その髭面を少しばかりいたぶって黙らせてくれ」

声をかけられた三郎は、困惑した顔つきになった。

「しかし、猿姫殿…」

「気が散るんだ」

猿姫は、顔をしかめて三郎を見た。

まるでこれまでずっと船頭でもしていたかのように、渡し船をうまく操る猿姫である。

しかしこれで、船を操るのも海に出るのも初めてなのだ。

常人離れした運動神経の良さに任せて、舵取りをこなしてはいる。

だが内心は、緊張していた。

本来は川を渡るための小さな船で、大海に挑戦しているのである。

一瞬の不注意が、致命的な失敗に繋がりかねない。

「何が不吉なのか、拙者気になります。阿波守殿、どういうことでござる」

「よせ、気にするな。相手にするな」

阿波守の策略かもしれない、と猿姫は思った。

木曽川の船着場で阿波守を倒した後、彼を人質にして渡し船を強奪した。

弱った阿波守の手を縛り船底に放り込んで、猿姫と三郎は乗り込んだ。

そのまま、海に漕ぎ出してきたのだ。

「何が不吉なのでござる」

三郎は猿姫の忠告を振り切った。

前屈みになって、船底の阿波守の髭にまみれた顔を覗き込んでいる。

船を漕ぎながら、猿姫はため息。

「女に船頭をさせて海に出てくるなど、前代未聞。不吉だ」

三郎の方に顔を向けて、阿波守は不吉な口調と顔つきで言った。

猿姫はいっそう顔をしかめる。

「で、ござるか」

三郎は阿波守の言葉に相槌を打った。

「ああ。不吉だ。その女をさっさと海に叩き込んで、お主が櫂を持て」

「でなければ」

「今に嵐が来て、船が沈むことになるぞ」

阿波守は三郎を脅しつけた。

「で、ござるか」

「うむ」

座ったまま、三郎は猿姫の方に視線を移した。

思案顔だ。

猿姫は驚いて三郎の顔を見返した。

「な、なんだ。まさか、そんな男の口車に乗るのか」

「いやいや、そんな」

三郎は首を横に振った。

「ただ、阿波守殿がこう言うからには、故ないこととも思えませぬ」

落ち着いた声で言う三郎に、猿姫は言い返せない。

船に女を乗せて海に出ると、縁起が悪い。

由来は知らないが、猿姫もそんな話は聞いたことがあった。

「ではどうする」

「拙者が貴殿と代わろう」

「三郎殿、船が漕げたのか」

「いや、やったことはないが、何とかなりましょう」

「おとなしく座っていろ」

猿姫は短く言い放った。

自分だから、初めてでも何とかなっているのだ。

 

三郎を黙らせて、しばらく猿姫は無言で船を操った。

女の自分が船を漕いでいることを不吉と言われ、心の収まりが悪い。

阿波守は、いまだ縁起の悪いことを小声で言い続けている。

「黙って船を漕いだら不吉だ」

それとはなしに、猿姫の方を見ながらつぶやいている。

その言葉は、黙って船を漕いでいた猿姫の気に触った。

「いい加減にしろ。こっちは船を漕ぐので精一杯だ」

「それはお主の勝手だ。だが船頭が船歌も歌わずに船を漕ぐなど、聞いたことがない」

強気に返す阿波守である。

猿姫は口をつぐんだ。

そう言われれば、そうなのかもしれない。

「不吉だ」

それだけ言って、阿波守は黙った。

阿波守の言葉を、三郎も聞いていた。

彼は不安そうな顔で猿姫を見ている。

歌え、という目である。

「私は船歌なんて知らない」

猿姫は弱りきって言った。

「この際、何でもいいから知っている歌を歌ったらいかがでござる」

「弱ったな」

猿姫は、歌には疎いのだ。

「猿姫殿のお里にも、いろいろと歌があったのでは」

猿姫の顔色を見て、三郎は助け船を出した。

「そう言えば、田植えの歌ぐらいは覚えている」

那古野の、百姓の家に生まれた猿姫である。

幼い頃から折々に、家の者、村の者たちが歌う田植えの歌を聞いていた。

「お田植え歌、よろしいではござらぬか」

三郎は目を輝かせた。

「猿姫殿のお田植え歌、拙者、聞きとうござる」

「でも、自分で歌ったことはないんだ、子供の頃に里を出たから」

「猿姫殿は初めてでも船を漕げるぐらいだから、お田植え歌などわけなく歌えましょう」

三郎は食い下がる。

どうあっても歌わせる気なのだ。

阿波守に脅されたせいなのか、三郎が猿姫の歌を聞きたいからなのか。

「猿姫殿、船頭が歌わねば、具合が悪うござる」

阿波守の口ぶりを真似るように、三郎は猿姫に迫った。

阿波守も、三郎に同調するかのように、無言で猿姫を見据えている。

歌い慣れていない猿姫も、追い詰められた。

仕方が無い。

櫂を操りながら、猿姫は破れかぶれになって歌い始めた。

船を操るのに合わせて、聞き覚えのある田植え歌の歌詞に、節をつけて歌った。

 

人が歌いながら船を漕いでいる間に、三郎は座ったまま寝入っていた。

船底に転がしている阿波守も、今や死んだようにおとなしい。

波の音と潮風の吹く音、猿姫の歌声が交じり合って船上に流れている。

歌いながらだと船を漕ぎやすいのだと、猿姫はじわじわと実感していた。

体が楽になるのだ。

疲れを感じない。

このまま、遠い堺の港まで、船を漕いでいける気さえする。

誰に聞かせるでもなく、海の上で、猿姫は田植え歌を歌い続けた。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

決定版 ふるさとの民謡(関東・新潟・中部・北陸編)

新品価格
¥1,000から
(2016/6/22 23:05時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com