読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(8) 身だしなみの猿姫。脅しをかける髭武将』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

可愛らしい、さえずる小鳥の声が障子窓のすぐ外から聞こえる。

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、気持ちよく、まどろんでいた。

弟である織田家当主、織田弾正忠(おだだんじょうのじょう)の手によって。

三郎は、故郷、尾張国を追われた。

行きがかり上、同行している棒術の達人、猿姫と共に。

ここ数日の間は敵の追求を逃れながら、屋外で寝起きしていたのである。

久々に、布団の上で過ごせた一夜だった。

「宿の布団は気持ちようござるな、猿姫殿」

三郎は掛け布団にくるまったまま、寝言を言った。

「そうだな」

三郎の方を見もせず、返事をした猿姫。

彼の方には背を向けている。

 

猿姫は部屋の端にあぐらをかいて、持参した携帯用の手鏡を覗き込み、化粧に余念がない。

一人だけ早起きして、宿の台所を使い朝食を用意した。

自分だけ先に済ませている。

化粧にかける時間を見越してのことだ。

娘らしく着飾ることには無頓着な彼女も、身だしなみは疎かにできない。

武士の世界で無事に生きていくには、相手への礼節が欠かせないのだ。

以前に奉公していた武家で、猿姫は同僚たちに馴染めなかった。

三郎の足を引っ張らないためにも、今後同じ失敗はすまい、と思っている。

そのための化粧だ。

「棒女、お主のような野卑な者も化粧道具を持っておったのか」

背後で、三郎とは別の野太い声。

蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)である。

織田家と敵対する斎藤家の家臣だが、今は猿姫たちに人質として扱われている。

「うるさいぞ、貴様に野卑などと言われたくない」

指先で、唇に紅を塗ろうとしていた猿姫は手を止め、振り向いて怒鳴った。

気持ちよく眠っている三郎の布団の向こうに、阿波守の布団がある。

阿波守は、布団の中に押し込められ、その上から縄で縛られていた。

横になったまま、縛られた布団の中から首だけ出して、猿姫の方を見ている。

苦しい姿勢だ。

だが昨晩えび反りにされて縛られていたことを思えば、まだ優しい扱いだ。

寝るときぐらいはせめて少し楽にさせたい、という三郎の気遣いだった。

「おや。三郎殿。さっきの言葉は、寝言だったか」

阿波守の髭面から三郎の寝顔に目を移し、猿姫はのどかな声を出した。

三郎はすやすやと気持ち良さそうに寝入っている。

「ここのところ生きるか死ぬかの瀬戸際だった。無理もない」

独り言を言って、猿姫は化粧を続ける。

顔に薄く白粉を塗り、眉を描いて唇に紅を塗った。

自然な仕上がりになった。

それでもまだ納得がいかないのか、小猿のように、首をかしげながら。

手鏡の中の自分の顔を、生真面目な顔で見つめている。

「着物は、着替えんのか」

猿姫の小さな背中に、阿波守は声を投げかけた。

「どうせなら、女の着物を手配したらどうだ」

猿姫は羽織に短い股引という奇抜な服装で過ごしている。

今は太ももから下は素足を見せている。

だが屋外に出るときは、いつも脚に脚絆を巻く。

「着物はこれでいい。私はあくまで三郎殿の武芸の師匠だ、侍女ではない」

無意識に、人質の阿波守に真面目に返事をした。

我に返って舌打ち。

「うるさいと言うのに。人質の貴様が、指図をするな」

阿波守は、背後で声をたてずに笑っている気配である。

 

ようやく目を覚ました三郎は、枕元で応対した猿姫を見て、飛び起きた。

「いったいどうしたのでござる、猿姫殿」

「化粧をした」

「それはまたどうして」

敷布団の上に起き直って、三郎は猿姫を見つめた。

寝巻きの乱れも気にせず、目をこすってからさらに猿姫の顔を見つめた。

「忘れたのか、三郎殿。今日は、神戸家を訪ねると昨晩話し合っただろう」

「ああ、そうでござった、なるほどそれで」

と上の空でうなずきながら、彼は化粧の施された猿姫の顔をじっと見ている。

「これぐらいなら、相手方への粗相もないと思う」

猿姫は早口に言った。

無言でうなずきながら、三郎はまだ見ている。

日頃の三郎らしくない無遠慮な視線なので、猿姫は居心地が悪くなった。

「御免、厠に行ってくる」

三郎から目を反らした。

近くに置いてあった棒を慌ててつかみ、猿姫は席を立って部屋から出た。

 

通路を小走りに行き、階段を降りていく足音。

猿姫が閉めていった障子戸を、三郎はいまだ呆然と眺めている。

そんな三郎を、阿波守は布団の中に縛られたまま、興味深く見守っている。

「おい、うつけ」

「なんでござる」

無礼に呼びつけられても、三郎は心のこもらない返事である。

「女に恥をかかせると、後が怖いぞ」

「恥?」

我に返って、驚いて阿波守を見た。

「拙者、今、猿姫殿に恥を?」

「そうだ。今のあの女の逃げ方を見たか」

「逃げたのでござろうか。あれは、厠に行くと…」

「今頃、厠で、すすり泣いておるぞ」

「えっ」

三郎の顔から、血の気が引いた。

「しかし、拙者…。見慣れないお顔だから、つい見入っていただけなのでござる」

「初めてお主に、化粧した顔を披露したのだ。うつけのごとく眺めているだけでどうする」

「なるほど」

責める口調の阿波守に、三郎は弱りきった顔を見せた。

「恥をかかせたな」

阿波守は断言した。

三郎は頭を抱える。

 

猿姫は、用もなく厠に入る気になれなかった。

階段の下に、物置部屋がある。

戸が薄く開いていた。

予備の寝具類がしまってあるのだが、中には人が一人入って座れるだけの余裕がある。

音を立てずに戸を開けて、猿姫は中に滑りこんだ。

膝を曲げて座った。

手持ちの棒を脇に置いた。

戸を内側から閉める。

息をついた。

さほど動揺しているわけではない。

落ち着いたら三郎たちの食事の準備をしよう、と思う。

思った猿姫の、その背後に詰まれた布団の隙間から、腕が伸びてきた。

「あっ」

猿姫の首に、腕がからみつく。

後ろに引き寄せられた。

「いたずらに声を出すな」

背後から、押し殺した声がする。

中から気配など感じなかったのに、と猿姫は思った。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

入門 小笠原流礼法  美しい姿勢と立ち居振る舞い

新品価格
¥2,000から
(2016/7/7 21:17時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com