読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(9) 猿姫と物置部屋の者』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

狭くて暗い、物置部屋の中である。

猿姫の首には背後から腕がからみついている。

あごの下にかかるその腕に、猿姫(さるひめ)は指を立てた。

人間の腕に存在する急所の位置を、猿姫は熟知している。

「待て、何もしないから」

猿姫の殺気を気取ったらしく、背後の者は慌しい小声で言った。

女の声だ。

しかし、物置で詰まれた布団の隙間に潜んでいるとは、只者ではない。

「そう言うなら、まずこの腕を解け」

突然後ろから襲われた不快感で、猿姫は厳しい声で命じた。

腕が解かれる。

猿姫はそのまま、わずかに上体を起こした。

床に置いた棒に手先を伸ばした。

狭い場所で、素早く横周りに回転し、相手の方に向き直る。

その勢いに合わせて、猿姫は相手を見もせずに、棒先を後ろにいる相手の首筋に突きつけた。

「うっ」

相手の口から苦しげな声が漏れた。

棒が、相手の喉を横から押さえつけている。

ようやく猿姫は相手に向き合った。

だが、その場での目の頼りは、戸のわずかな隙間を通して差し込んでくる光だけだ。

相手の姿も、ぼんやりと輪郭が見えるばかりだ。

詰まれた布団の隙間から、二本の腕が伸びている。

腕の根元に、頭部があった。

頭巾か何かをかぶっている。

その相手の喉に棒先を押し付けながら、猿姫は背筋に冷たいものが走るのを感じた。

「いったい何者だ、お前は」

思わず高い声で問い詰めた。

「ちょっと、だから声を出すなと言っただろう」

小声で、相手はたしなめるように言う。

「宿の者に知れたら困る。後生だから、静かに」

懇願する声色である。

得体の知れない相手だが、殺気は感じない。

「そうはいかない」

しかし、猿姫は相手を問い詰めなければならかった。

「この上の部屋に、貴人が滞在している。お前のような得体の知れない者を、階段下に潜ませておく訳にはいかない」

棒先を、なお強く相手の喉に押し込んだ。

ぐっ、と喉を鳴らす声。

「何者で、何の目的があってここに潜んでいる」

猿姫は押し殺した声で問うた。

相手の顔に自分の顔を近づけて、脅しをかける。

同時に、相手の顔をよく見ようという気もあった。

女は頭部を頭巾で、口元を布で巻いて覆い隠している。

両目ばかりが露わだ。

その丸い目が揺れて、猿姫の目を見返している。

この女はいわゆる忍びの者では、と猿姫は思った。

であれば、部屋の外から気配が感じられなかった説明もつく。

「忍びの者か」

猿姫は問い詰めた。

「確かに忍びの者だけど、今はただ休んでいただけだ」

相手は苦しい息の下で答える。

「だから、その棒で押さえるのはやめて」

懇願した。

「どこの手の者か答えろ。そうすれば放してやる」

猿姫は、容赦しない。

油断すれば、忍びの者は何をしてくるかわからないのだ。

そしてあっさり「忍びの者」などと白状する人間はいっそう危険だ。

「それは…」

言い淀む女の目を、猿姫はにらみつける。

相手の体が、一瞬震えた。

「それだけは、口が裂けても言えない」

女は、目に涙を浮かべて言った。

「織田家とは何の関わりもない家柄だ。そういうことで勘弁して」

弱々しい声だが、その実、猿姫の要求をはねのけるものだった。

織田家の名を口にした以上、この女は猿姫たちの素性を知っているらしい。

であれば、彼女の目的が何であれ、聞き出さなければならない。

こういう相手をいたぶるのは苦手だ、と猿姫は苦々しく思う。

それでいて、女が主の名を吐かなかったことには、好感を持った。

 

「猿姫殿、なかなか戻って来ませんな」

宿の二階で、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は、心細い声で言った。

寝具を片付けて普段着の羽織に着替え、座敷にあぐらをかいている。

傍らには、同様にあぐらをかいた蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)がいる。

阿波守も、寝具を片付けていた。

彼は寝具ごと、縄で縛られていたはずである。

だが、横にいる三郎が気付かない間に。

いつの間にか自分一人で布団から抜け出していたのだ。

寝具の手前に、小さくまとめられた縄が揃えて置いてある。

「心配か」

足元に煙草盆を置いて、煙管の口を吸いながら、阿波守は三郎の方を見やった。

この煙草盆も、いつの間にか出てきたものだ。

「心配でござる」

猿姫のことで頭をいっぱいにした三郎は、解かれた縄にも煙草盆にも無頓着である。

「出奔したかもしれんな」

阿波守は鼻から煙を吹いて、気軽に言った。

「出奔?まさか」

三郎は、深刻な顔で阿波守を見返した。

「化粧を褒められなかったのが、そこまでの恥でござるか」

「まさか。そんなわけがあるか」

「はっ?」

「俺はただの冗談で言ったのだ」

三郎の生真面目な反応を、阿波守は笑いとばした。

「じきに戻ってくるだろう。しかし機嫌を損ねておれば、二、三日はお主と口を利かぬかもしれんがな」

「…で、ござるか」

三郎は肩を落とした。

 

猿姫は、女を、物置部屋から外に引きずり出した。

日の下に晒すと、柿渋色の、野良着に似た忍び装束をまとった姿である。

女を通路の脇に正座させた。

「その頭巾を取れ。かえって目につく。手早くしろ」

立ったままの猿姫は、相手の頭上から命じた。

女は渋々、頭巾と口元を覆う布とを取り外している。

頭巾の中から、黒髪がこぼれ出た。

猿姫の髪は、肩よりも上で切り揃えている。

この女の髪は、肩の下あたりまで伸びていた。

並の女よりはかなり短いが、猿姫のように活発に動くには差し障る長さだ。

よくこんな長い髪をして忍びの者が務まるな、と猿姫は思った。

顔を見ると、猿姫よりも年上らしい。

大人びた顔立ちだった。

「お前が敵でないとわかるまで、解放するわけにはいかない」

年上らしい女に、猿姫は冷酷に言いつけた。

「しばらくの間、私たちに同行してもらう」

女は不安そうに猿姫を見上げる。

逆らっても仕方ない、という諦めの色が浮かんでいる。

力なく、うなずいた。

猿姫も、手荒な真似をしないで済むならその方が気楽なのだ。

息をついた。

「ときにお前、名前は?」

名前を聞いておかないと後々、不便だ。

「一子」

「一子?」

「うん」

一子(かずこ)と名乗った女は、力なくうなずいた。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

忍びの者 [DVD]

新品価格
¥2,000から
(2016/7/9 01:21時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com