読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の即席麺この一杯。まねきのえきそば 天ぷら

先日、大阪市内の島之内という町に出向きましてね。

 

kompirakei.hatenablog.com

 

島之内は、コリアンの人たちが多く住む地域なんですね。

それで、韓国食材を販売するお店もいくつかあるんです。

そうしたお店で、魅力的な韓国即席麺を多数ゲットできたんです。

それらを早く紹介したいところなんですけれど。

地元のスーパーで、また別に魅力的な即席麺を見つけましてね。

f:id:kompirakei:20160801161522j:plain

日清食品のカップ麺、「まねきのえきそば 天ぷら」です。

まねきのえきそば。

鉄道の旅がお好きな方なら、ご存知かもしれません。

兵庫県の姫路駅の構内に、「まねき」という駅そばのお店がありましてね。

このお店で出される「えきそば」は、蕎麦の代わりに、中華そばの麺を使っているそうなのです。

鉄道旅好きの私も、まだ食べたことがないのですね。

姫路は何度も旅しているのですが、なかなかまねきさんで駅そばを食べる機会がなくて。

そういう経緯もあって、今回このカップ麺を見つけて、食べてみようと購入してみたのです。

f:id:kompirakei:20160801162114j:plain

中身の内訳はこうなっております。

麺以外に、粉末スープ、一味唐辛子、先入れ天ぷら。

ちょっと見は同じ日清食品の「どん兵衛 天ぷらそば」みたいですが。

こちらの商品は、天ぷらが先入れ式なんですね。

f:id:kompirakei:20160801162502j:plain

ところで、ふたの内側に、えきそばのおこりが書かれていますね。

戦後の食料難の時代に、アイデアを活かして生まれた一品だったのですね。

おいしいえきそばが、戦災で打ちのめされた、姫路の市民の心を支えてきたのかもしれません。

そうしたことに思いを馳せながら。

粉末スープ、天ぷら、一味唐辛子をカップ内に忍ばせ、お湯を注いで4分間待ちます。

f:id:kompirakei:20160801163102j:plain

美味しそうな出来上がりですなあ。

さっそくいただいてみましょう。

麺が、独特です。

その形のせいなのか、どこか蕎麦のような食感の、中華麺。

鰹だしのスープ。

柔らかい天ぷら。

おおむねは、天ぷらそばを食べている感覚なのです。

でも、やはり麺が蕎麦と中華麺の中間のような、独特の存在感なのですね。

蕎麦を食べている!と思っていいのか、和風ラーメンを食べている!と思っていいのか…。

味覚と味覚の狭間に置かれたような、不思議な味わいでした。

これは一度、姫路駅でオリジナルの駅そばの方も食べてみたい。

そんな気分になってきました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

全国駅そば名店100選 (新書y)

新品価格
¥950から
(2016/8/1 16:36時点)