読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の即席麺この一杯。チキンラーメン

即席麺の元祖でありながら、孤高の道を行っていますね。

f:id:kompirakei:20160911180549j:plain

日清食品の、チキンラーメンです。

地球上に存在する全ての即席麺の元祖。

1958年から販売されている、チキンラーメン

言わずと知れた、偉大な存在であります。

たまに食べたくなるんですよね。

f:id:kompirakei:20160911181100j:plain

このオレンジ色を基調にしたパッケージの色合いが、なんとも。

食欲をそそるのです。

f:id:kompirakei:20160911181332j:plain

油で揚げた麺です。

見るからに美味しそう。

鶏ガラスープが染み込んで、味もしっかりついています。

別添えの粉末スープなどはありません。

麺だけ!

他にこういう即席麺、なかなかないですよね。

 

作り方は、二通りあります。

鍋で煮込む場合は、450ミリリットルのお湯に麺を入れ、1分間煮込みます。

熱湯を麺にかけてつくる場合は、丼等に麺を入れ、熱湯をかけて3分。

私はチキンラーメンというと、丼でお湯をかけてつくるのが好きなのです。

今回も熱湯がけでつくりましょう。

f:id:kompirakei:20160911181901j:plain

チキンラーメン専用の容器に、ラーメンをセットしました。

上記の写真ではわかりにくいですが、麺の真ん中には「たまごポケット」があります。

生卵を落とすとちょうどフィットする、くぼみがつくってあるのですね。

以前はそんな便利なくぼみはなく、近年になって施された工夫です。

f:id:kompirakei:20160911182204j:plain

たまごポケット。

わかりますか?

ここに生卵を落として食べると、美味しいんですよね。

私、普段は即席麺をご紹介する際は具を入れないんです。

しかし今回は我慢できなくなったので、生卵を落としてしまいますよ。

f:id:kompirakei:20160911182820j:plain

この通り。

落とした生卵は、しっかりたまごポケットに収まりました。

この上から、お湯をかけて参ります。

f:id:kompirakei:20160911183114j:plain

ふたをして、3分間待ちましょう。

この容器のひよこちゃん、時間待ち顔がなかなか可愛いですね。

すぐおいしい、すごくおいしい。

 

3分経ったので、ふたを取りました。

f:id:kompirakei:20160911183431j:plain

この写真を見て、美味しそうだと思うかどうかは、人それぞれ…。

私は、美味しくいただきました。

少し塩気のきつい、鶏ガラスープの味が懐かしいです。

他の即席麺では味わえない、細かいちぢれ麺の食感。

昭和を感じさせる味。

しみじみ味わいました。

 

新しい世代の即席麺たちと比べて、「ラーメンの再現度」という意味ではひけを取るかもしれません。

でも、チキンラーメンチキンラーメンという独特の食べ物なのですね。

ラーメンの再現商品、ではなくて。

他にはない味わいを持っています。

チキンラーメンが食べたいときは「即席麺が食べたい」ではなく、「チキンラーメンが食べたい」なのですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

日清 チキンラーメン5食パック

価格:375円
(2016/9/11 18:46時点)
感想(65件)

 

kompirakei.hatenablog.com