読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の即席麺この一杯。サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風

ご当地グルメ好き、なんて言いながら私、どうしてもラーメン寄りになってしまいまして。

旅先でも、ラーメンばかり食べているんですね。

博多に行ったときもそうでした。

でも博多って、美味しいご当地グルメの宝庫なんですよね。

f:id:kompirakei:20161107170746j:plain

今回も和ラーをいただきます。

サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風」です。

サンヨー食品から発売されています。

f:id:kompirakei:20161107172401j:plain

和ラーは先に食べた他の二種類も、美味しかったのです。

今回の鶏の水炊き風はどうでしょうか?

f:id:kompirakei:20161107171217j:plain

中洲の屋台街の風景ですね。

川沿いの夜景、綺麗です。

私の脳内に、かつて夜の博多の街を散策した記憶が蘇りました。

そのときは結局、屋台には入り損ねてしまったのですがね…。

 

今はともかく屋台料理を食べ損ねた後悔を忘れ、和ラーのカップの中を覗き込みます。

f:id:kompirakei:20161107171530j:plain

かやくがごろごろ。

鶏のつみれ、キャベツ、ネギ、ニンジンが入っていました。

このままここに熱湯を注ぎまして、3分間の待機。

出来上がりが楽しみであります。

f:id:kompirakei:20161107171936j:plain

出来上がっても、この鶏つみれのごろごろ感。

素晴らしいですな。

鶏肉とキャベツからなる香りが漂ってきます。

水炊きですね。

この鶏のつみれが歯ごたえしっかり、小粒ながら本格的。

キャベツの食感も、水炊き感を出しています。

麺は和ラーお馴染みの、柔らかコシ強細麺です。

さっぱりしながらもコクのあるスープが絡んで、とても美味。

 

どれをいただいても、美味しい和ラーでした。

凄まじい商品開発力です。

今は津軽能登、博多の三種類ですが、今後もしかしたら味の種類は増えていくかもしれません。

そういう期待を抱いてしまいます。

私たちの好きな日本各地のご当地味が、和ラーとして食べられる日。

そんな日も、いつかやって来るのかも。

待ち遠しいですね。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

サッポロ一番 和ラー 博多 鶏の水炊き風(1コ入)【サッポロ一番】

価格:145円
(2016/11/7 17:30時点)
感想(1件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com