読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(14) 不審の三郎、苦しい猿姫』

北伊勢の神戸城、本丸の御殿。

猿姫(さるひめ)たち一行は客間をあてがわれ、しばらく滞在することになった。

それぞれの刀、鉄砲など、没収されていた武具も返却された。

与えられた部屋に来て荷物を置くなり、さっそく猿姫は、愛用の棒の手入れにかかる。

手元を離れていたので、愛おしいのだ。

座敷に座り込み、膝の上に棒を置いて、傷が入っていないか入念に調べた。

「ああよかった、無事だった」

懐紙を使って表面から汚れをふき取り、手の平に乗せた少量の椿油を塗りこむ。

「大げさな。短い間のことではないか」

棒を扱う猿姫の手つきを見て、蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)は馬鹿にした声をあげた。

猿姫は、城主との謁見中に居眠りをしていた阿波守など、相手にしない。

ただ、阿波守とは別の視線に気付いて、そちらに顔を向けた。

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)が、表情の優れない顔で、猿姫を見ている。

猿姫は、彼の視線に緊張した。

先ほど、三郎と城主である神戸下総守(かんべしもうさのかみ)の会話に、彼女は割り込んだ。

そのうえ、自分が主導して話を進めてしまったのだ。

三郎にとっては、屈辱だったかもしれない。

「さっきは差し出がましいことをして、すまなかった」

猿姫は棒を抱えて座ったまま、三郎の方に体を向けた。

武家の作法で、頭を下げた。

そうした謝罪を受けても、三郎の表情は変わらない。

彼も客間の座敷にあぐらをかいて、苦虫を噛み潰したような顔をしている。

いつもなら、猿姫の言葉を重く受け取る彼なのだが、今は様子が違う。

「邪魔をする気はなかったのだが、とっさに口が出てしまったんだ」

猿姫は、しきりに弁解する。

一行の代表として神戸下総守と交渉していた、三郎に対する越権行為だった。

結果的に成果が得られたからこそよかったようなものだ。

「許してくれ、三郎殿」

三郎の態度が変わらないので、猿姫は頭を深く下げて、謝った。

そんな彼女の顔を、三郎は苦々しい表情のまま見ている。

ふいに、三郎は立ち上がった。

ずかずかと歩いて、棒を抱えて座っている猿姫の前に立つ。

彼を見上げて、猿姫は身を固くした。

「三郎殿?」

「少し拙者に付き合ってくだされ」

猿姫を見下ろして、思いつめた声で言う。

前かがみになり、猿姫の右手を取った。

「え…」

猿姫は呆気に取られて、三郎が引くままに立ち上がった。

かろうじて左手に、棒を持っている。

「阿波守殿、留守を頼みます」

面白がって見ている阿波守に、三郎は声をかけていく。

阿波守は喜色満面の髭面で、うなずき返してみせた。

 

「猿姫殿。拙者は、貴殿に怒っているわけではござらぬ」

三郎はそう吐き出すように言って、ため息をつく。

客間から細い通路をしばらく歩いて。

二人は、中庭に面した縁側に肩を並べて腰をかけていた。

鉄砲を部屋に置いてきた三郎と違い、猿姫はしっかり棒を携えている。

いつでも手放さないのだ。

棒を手にしている限り、心に余裕が保てる。

猿姫は、隣の男の横顔を見返した。

「それなら、どうして私をここに?」

「それは」

三郎は、自分の髪を乱暴にかきむしる。

「言いにくいことでござるが」

消え入りそうな語尾で言った。

猿姫は相手を見つめる。

「どうにも、気にくわないのです」

「何が」

「神戸下総守殿の、貴殿を見ていた目つき」

三郎は、早口に言い捨てた。

猿姫は思わず息を飲んだ。

そうはっきり言葉にされると、猿姫もうろたえてしまう。

「そうなのか」

何とか口先でとぼけた。

神戸下総守が、好意を持った目で自分を見ていたことは、猿姫も気付いている。

ただそれを、三郎に指摘されるのは快くなかった。

「そうなのです」

三郎は苦しそうに、うなずいた。

「しかしそれは、三郎殿の思い違いでは?」

猿姫はさらにとぼけた。

「いえ、そうとは思えませぬ」

三郎は、強い口調で返した。

「根拠はありませぬが、拙者には確信がござる」

そう言ってがんばる。

「かの御仁が我らにこの城に滞在するよう勧めたのも、怪しいところです」

「というのは」

「つまり…猿姫殿を、一晩でも長く手元に置きたいからだと」

普段の三郎に似合わない、不躾な言い方である。

猿姫は困ってしまった。

「ですから、お願いでござる」

三郎は、横から猿姫の両肩をつかんだ。

一瞬躊躇したが、今はそれを振り払うだけの勢いが猿姫にはない。

三郎の言葉を待った。

「ここから出て行くまでの間、下総守殿には一瞬たりとも気を抜かないでくだされ」

「そんなことはわかっている…」

そう答えるのがやっとだ。

両肩に、三郎の指が食い込んで、痛い。

三郎は、自分が猿姫を傷つけていることに気付いて、慌てて手を離した。

「すまぬ、猿姫殿」

いたたまれなくなって、猿姫は膝の上に置いた棒に視線を落とした。

三郎もそれ以上は口に出さない。

猿姫は視線を落としたまま小さくため息をついた。

神戸下総守にはすでに、助力を約束させている。

そうである以上、この城からはできる限り早く出て行くべきかもしれない。

このまま長居すれば、何かよくないことが起こりそうだという予感が、猿姫にはある。

 

猿姫と三郎が無言で腰掛けている、その二人の背後。

通りがかる者がある。

だがその人物には気配がなく、猿姫すらも間近に近寄られたことに気付かなかった。

「あら、こんなところで逢引き?」

浮かれた女の声。

声をかけられて、猿姫も三郎も、縁側から飛び上がった。

次の瞬間、猿姫は全身で振り返って縁側の上に立つ。

短く持った棒の先を、背後の人物の喉元に突きつけた。

「またそれなの」

喉の表面を突かれ、相手は咳き込みながら苦しそうに言う。

白子宿の宿で出くわした、忍び装束の女。

一子(かずこ)である。

今は頭巾をかぶらず、黒髪と顔とを二人の視線に晒している。

猿姫は、棒先を相手の喉元から降ろした。

一子をこの城に、猿姫自身が命じて忍び込ませていたのだ。

しかし猿姫も彼女のことをすっかり忘れていた。

三郎は縁側に腰掛けたまま、呆気に取られて二人を見比べている。

「猿姫殿、この女人は。お知り合いでござるか」

かすれた声で、三郎は尋ねる。

猿姫、力なくうなずいた。

一子のことを、三郎にどう説明するべきか。

猿姫自身も、彼女のことをまだよく知らないのだ。

当の一子は三郎の目を見て、愛想良く笑いかけていた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

恋う果15個入【あす楽対応】和菓子

価格:3,348円
(2016/7/14 20:49時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com