読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(27) 猿姫を守った三郎。一子は泣く』

神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)は、客間を吟味している。

織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)は結局、城主である神戸下総守に事の次第を報告した。

下総守は側近たちを連れてやって来た。

彼らが室内を調べている間、三郎は部屋の隅に退いて座り、おとなしくしている。

蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)も、三郎に従って部屋の隅にいる。

頬が、畳の形に腫れている。

先に猿姫(さるひめ)に棒の一撃を喰らい、痛い目に遭っているのだ。

当の猿姫は、下総守が来ていることも知らない。

三郎の傍らに横たわり、愛用の棒を抱いて、安らかに眠っていた。

「易々と忍びに入り込まれるとは、なんとしたことだ」

下総守は荒れた客間の状況を見て、動じた様子もない。

だが、その表情には疲れをにじませていた。

「貴殿らには迷惑をかけた。すまぬ」

三郎と阿波守の方に目をやり、頭を下げる。

何と言葉を返していいかわからず、三郎は頭を下げ返した。

 

忍びに忍び込まれたのは、城主である下総守の落ち度かもしれない。

だが三郎たちを襲撃した忍びは、猿姫が別の忍びである一子(かずこ)から奪った財布を取り返しに来ている。

一子の仲間なのだ。

猿姫が原因で、忍びたちを城内に引き寄せたとも言える。

そのため、三郎としては猿姫と一子の関わりを、下総守に知らせるわけにはいかない。

猿姫が忍びに眠り薬を盛られた事実だけを伝えるに留めた。

自分にもうしろめたいところがある。

下総守から謝罪を受けても、三郎は煮え切らない態度を取るほかないのだった。

「それにしても、猿姫殿が薬を盛られるとは」

側近たちに膳を片付けさせている間、下総守は横たわった猿姫を見ていた。

「相手の忍びは、よほどの手練れと見えるな」

先の会見の際にも、彼女に意味ありげな視線を向けていた下総守である。

三郎は落ち着かない。

猿姫の無防備な寝顔が、城主の視線に晒されている。

できることなら、下総守の目前に出しゃばって、視線を遮りたいところだった。

三郎の視線と、彼に気付いた下総守の視線が一瞬出会った。

下総守は息を飲んだ。

「おお、うかつだった。猿姫殿に寝具がいるな」

下総守は慌てて目を逸らして取り繕う。

「貴殿らの昼餉も改めて用意させよう。今度は、見知らぬ者が入り込まぬよう台所に見張りをつける…」

そう言いながら、側近たちを伴って出て行った。

三郎は、安堵の息をついた。

横から阿波守が見ている。

「ときに、うつけよ」

「何でござる」

三郎は阿波守の方を見た。

「さっきからお主が手に握っているその箸。どうして連中に返さなかった」

座っている三郎が膝の上に置いた手を、阿波守は指差した。

中に、塗り箸を二本、握っている。

忍びの男が出て行った後、三郎はずっとこの箸を握っているのだ。

「膳を片付けに来たときに返せばよかったのではないか」

三郎は控えめな笑顔を返した。

「お守りでござる」

「お守り?」

「この箸で、忍びを退け申した」

「まさか」

指先で髭をひねりながら、阿波守は苦笑している。

「人間よりも山猿に近い、棒女を眠らせたほどの忍びだ。そんな箸に怖気づいたわけではあるまい」

「拙者はそう信じまする」

三郎は澄ました顔で言った。

誰の助けも借りず、忍びを退けたことは事実なのだ。

であれば忍びの男に突きつけた、この箸に何らかの力が宿っていた。

三郎はそう思いたかった。

「折を見て、下総守殿にこの箸をくださるよう、申し入れるつもりでござる」

「そういう箸も安くはないものだ、見返りを要求されるかもしらんぞ」

「その場合は、あの鉄砲を代わりに差し上げます」

三郎は離れた場所に置いたままの、鉄砲を指差した。

「このうつけ、うつけかお主は」

阿波守は声を荒げた。

「うつけでござるが、何か」

「いくら何でもそれは釣り合わん。貴重な南蛮の武具を手放してまで箸が欲しいか」

「欲しゅうござる」

「箸などその辺りの市に出向けばいくらでも売っている」

「この箸が欲しいのでござる」

嬉々として、三郎は言い張る。

「鉄砲がいかに強いとは言え、先のような急場では使えませぬ。しかし、拙者と猿姫殿とを救ったこのお箸なら…」

手元の箸に視線を落として、愛おしそうに眺めた。

「箸でも鰯の頭でも、好きなように信じるがいい」

三郎の具合を見て、阿波守は呆れた声をあげた。

 

一方。

忍びの男、滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)は、森の中を歩いている。

武士の装いを脱ぎ捨て、再び全身を頭巾と忍び装束で覆っていた。

両目の周囲だけを露出させている。

隙間なく木々が立ちふさがる中を、滞りなく進んでいく。

彼は傍らに、同じく頭巾と忍び装束の女、一子を伴っていた。

二人で進みながら、時々慶次郎は心配そうに一子の方を確かめる。

その度に、一子は連れの視線を避け、顔を背けるのだった。

しばらくは歩きながら、そうした無言のやりとりを繰り返した。

慶次郎は足を止めた。

「おい、何で止まる」

一子の口元から、非難がましい、くぐもった低い声。

ようやく慶次郎を見た彼女の視線は、冷たいものだった。

慶次郎は震えた。

「一子姉、そろそろ機嫌直してくれんかね」

おそるおそる言った。

城内の警戒が厳しくなる寸前に、神戸城を二人で脱出した。

その後、客間での顛末を彼女に報告したのだ。

一子から頼まれた財布の奪還。

もう少しというところで慶次郎はやり損ねた。

それを話してからずっと、彼女は冷たい。

「直らん」

再び一子はそっぽを向いた。

「お前には期待しとったのに」

顔を背けたまま、ぼそぼそと言う。

慶次郎は彼女のそんな言葉を聞くのが辛かった。

言い訳したくなった。

「しかし一子姉、猿姫さんにも薬は利くことがわかったやろ。また次の頃合を見て…」

「うつけかお前は」

一子は慶次郎の方も見ず、両手で顔を覆った。

「次の頃合なんか、二度と来んわよ」

「なんで」

「猿姫だって財布のせいで痛い目に遭ったら、そんな財布やっかいになるやろが」

「どういうことやろ」

「さっさと中身を使って、後は捨ててまうに決まってる」

「そんな…」

一子の悲痛な声を聞いて、慶次郎は言葉を失った。

「お別れや。お前がしくじったせいで、お気に入りの財布とも金子ともお別れや」

泣き声であった。

うかうか財布を取られたり、取り返すのも人任せにしておいて、辛辣過ぎるのではないか。

そう言いたいところをこらえて、慶次郎はなんとか一子の機嫌を取ろうとしている。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

食洗機対応 八角糸巻き【国産商品】若狭塗箸/木製/箸/はし

価格:864円
(2016/8/19 23:52時点)
感想(4件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com