読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ラーメン店で雇用をつくる』

毅(たけし)は、小さなラーメン店を経営している。

最近、営業時間外に彼の店の軒先で夜を過ごす、ホームレスの男性の存在を知った。

店舗の近隣に住む常連客から知らされた。

夜間、毅の店の軒下に、ホームレス男性が陣取って寝ているらしい。

そのときは、ひとまず後回しだ、と毅は判断した。

自分の店の軒先で断りもなく寝泊りしている人間がいる。

それは、気分がよくない。

けれども、今は店の切り盛りで手一杯だ。

毅は人を雇わず、自分一人で店をやっている。

営業時間の後、片付けが終われば、自宅に帰ってすぐに眠る。

朝早く店に来て、ラーメンの仕込みに入る。

その間は短い食事時間をのぞけば、ほぼ休みなしに働いている。

夜間に店舗にまで行ってホームレス男性を追い払うだけの、体力の余裕はなかった。

トラブルを起こされでもしない限り、当分放っておこう、と毅は思ったのだ。

 

見通しが甘かった。

ある朝。

シャッターの下りた店舗前で、男性が仰向けに寝そべっている。

ダンボールを体の下に敷いて、体の上にはよれよれのジャンパーをかけて掛け布団代わりにしている。

頭の下に、膨れたリュックサックを置いて、枕にしている。

出勤してきた毅は、男性を見るなり、裏切られたような気持ちがした。

「おいおっさん、もう俺が店の準備する時間や」

寝そべって目を閉じている男性を見下ろして、毅は怒鳴りつけた。

「はよ起きんかいな」

おっさんは、喉でうめき声をあげる。

もぞもぞと体を動かせた。

起きない。

毅は眉間に皺を寄せる。

「こっちゃ忙しいんじゃ、はよ起きて場所空けろ」

毅の声に反応しておっさんはうめく、体をうごめかせる。

依然、起きる様子はない。

毅は腹が立ってきた。

おっさんをそのままにして、店に入ることはできない。

入店できなければ、仕込みができない。

仕込みができなければ、店を開けられない。

だいたい、店の前にこのおっさんがいれば、客が寄り付かないだろう。

「おい、ふざけんなや」

毅は焦り始めた。

何とかしなければいけない。

どうしよう、と毅は思った。

時間は押している。

開店時間に間に合わなくなる。

頭が真っ白になって、何もまともに考えられない。

「おっさん、何で起きてこんのや」

おっさんを怒鳴りつけた。

おっさんは、薄目を開けて毅の顔を見上げる。

「…腹減って動けんのや」

「知らんがな」

毅は呆れた。

「食べ物でも何でも、どっか探しに行けや」

「探しに行く気力も出んぐらい、腹が減ってるのや」

おっさんは、力のない声で言う。

そんなことは俺の知ったことではない、と毅は思う。

「お前がどかんかったら、俺が仕事始められんやろが」

やぶれかぶれで怒鳴った。

おっさんは、見返している。

「兄ちゃん」

「はあ?」

「そない言うんやったら、わしにまかないか何か食わせてくれや」

「ふざけんな」

「そしたらすぐ、どこにでも失せるがな」

おっさんは毅を見つめて言った。

毅は、言葉に詰まる。

狡猾なおっさんだ。

初めから、そういうつもりで寝ていたのかもしれない。

そんな脅しに屈してたまるか、と毅は思った。

「絶対食わさん」

「そない言わんと」

「ふざけんな」

おっさんは片手をダンボールの上につき、のろのろと上半身を起こした。

「そこまで言うんなら、わしを雇ってくれや」

切実な声だ。

毅は腕組みをして、相手を見下ろした。

まかないを食わせろ、でなければ雇え、と。

どこまでも交渉上手なおっさんだ。

タダ飯を食わせるぐらいなら、何かさせてみようか、と毅は一瞬迷った。

しかし、駄目だ。

「あほ。お前みたいな小汚いおっさん、うちの店の中には置けんわ」

おっさんは、くたびれた外見をしている。

そしてたぶん、風呂にも長らく入っていない。

不衛生だ。

こんなおっさんが店内をうろうろしていては、客が食欲をなくす。

「そやかて別に店の中やなくても、何か出来る仕事はあるやろ」

「ない」

「いや、あるやろ」

「ない」

言下に答えながらも、毅は念のため、考えを巡らせる。

出前の配達…は駄目だ。

このおっさんに、まともな接客は出来ないだろう。

もし出来たとしても、店には配達用の車もバイクもない。

店の宣伝のチラシ配り…はさせられるかもしれない。

だが、毅はチラシなど用意していなかった。

店内の仕事なら、いくらでもあるのだ。

掃除、仕込みの手伝い。

開店の準備。

客が来れば、席への案内、料理運び、勘定の精算、後片付けなど。

無数の仕事がある。

ただそれは目の前の、素性の知れないおっさんに任せることはできない。

雇用のミスマッチだ、と毅は思った。

おっさんに出来そうな仕事を考える苦労は、並大抵ではない。

これだったら、まかないを食べさせて追い払った方が、よほど楽だ。

しかしそれは、毅のプロとしての矜持が許さなかった。

このおっさんにできる仕事を何とか考えなければ…。

 

市議会議員選挙では、二村、二村。二村にご投票ください。ありがとうございます」

朝っぱらから、うるさい。

店の前で押し問答している毅とおっさんの背後を、市議会議員選挙の街宣車が通り過ぎていく。

毅は振り返って、車内でこちらに手を振っているウグイス嬢をにらみつけた。

ウグイス嬢は、怯えた様子で目を逸らせた。

街宣車は拡声器での呼びかけを続けながら、街の彼方に去った。

「やかましかったのう」

と、長らく投票に行っていなさそうなおっさんが、ぼやいている。

「あんなんではどんな議員やらさっぱりわからん」

毅は腕組みをしながら考えた。

有権者に呼びかけてまわる、街宣車

「おい、おっさん。お前に仕事してもらうわ」

「え?」

「これからまかない食わすから、その後で外回りの仕事頼む」

「外回りの仕事?そんなんあったんか」

「おお。歩合制や、客が増えたら日給も増やしたるわ」

 

その日以降。

毅の店の名前と日替わりメニューとを、節をつけた調子で唱えながら、歩き回る。

そんなおっさんの姿が、街のいたるところで目撃されるようになった。

店の売上は、わずかに増えた。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ

にほんブログ村

ルポ 雇用なしで生きる――スペイン発「もうひとつの生き方」への挑戦

新品価格
¥2,160から
(2016/9/13 15:50時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com