読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『廃棄物の山、新人の戦い』

案内された場所は、産業廃棄物を積んでつくられた、山の傾斜の途中にあった。

「ほら、ここがおたくの持ち場だから」

私を案内してきたチーフは、投げやりに手を振った。

適当にその辺りに居場所を見つけろ、ということらしい。

チーフは私と同年輩のようだ。

「ええ」

とうなずきながらも、私は当惑を隠せなかった。

私は、足元を見回している。

プレス機で潰して固めた産業廃棄物が、足場になっている。

その上に生ゴミ、新聞紙などの資源ゴミが散乱している。

それらの中に足を埋めると、傾斜の角度はきつく、立っているのもやっとだ。

こんなところに一日中いるのか、と思うと気分が重くなる。

「じゃあ、適当にがんばってくれ」

チーフはまた投げやりに手を振って、帰っていこうとする。

私は彼に追いすがった。

「あの、私は何をすればいいんでしょう」

まだ担当業務について何も聞いていない。

何も知らされず、この場所に案内されただけだ。

背中を見せていたチーフは、こちらを振り返った。

「あの、まだ何をするか聞いていなくて」

「…うるせえな」

どすの効いた、低い声。

私の背筋は強張った。

「す、すみません」

「振る仕事ができたらな、こっちから声かけるんだよ」

「はい、すみません」

「こっちが物言う前にごちゃごちゃ言うんじゃねえ。ここで黙って待ってろ」

首だけでこちらを見ながら、一瞥。

すくみあがっている私を置いて、チーフは廃棄物の山を降りていった。

それにしても、「適当にがんばる」とは、何をどうがんばればいいのだろう。

 

その日、終業時間になってもチーフは戻ってこなかった。

一日の間、廃棄物のあふれる斜面で、私は重力に逆らって立っていただけだった。

厳しい環境の中で、何もすることがないのも、つらい。

退社して帰宅する。

疲れていてすぐにでも床に着きたかったが、廃棄物の中に一日いたのだ。

浴室で、入念に体を洗う。

不覚にも、浴槽のお湯に浸かっている間に居眠りをし、溺れかけた。

 

翌日出社するなり、事務所でチーフの姿を探した。

いない。

事務員に尋ねるも、チーフの所在はわからない。

私は昨日と同じく、廃棄物の山に向かう。

斜面に立つ。

一日、劣悪な環境で、斜面と戦う。

することがないのはつらい。

そのあたりに散らばる各種のゴミを、道具がないなりに素手で集めて掃除する。

周辺のゴミを一箇所に集め終わり、いい気になっていたら、突風が吹いて吹き散らかされてしまった。

初めからやり直しだ。

それでも、ゴミ集めを自分に課していたせいか、心身の疲れは前日よりも軽い。

 

三日目、やはり事務所にチーフはいない。

事務員に尋ねると、チーフは出張中だと言う。

昨日の時点では、報告が来ていなくて、わからなかったのだそうだ。

あのチーフも案外ずぼらなんだな、と私は鼻で笑う。

廃棄物の山に向かう。

今日も斜面でゴミ集めをする。

事務所で掃除道具を借りようと思ったが、その手の道具は用意していないという。

かゆいところに手の届かない会社だ。

明日からは掃除道具を持参しようと思う。

 

一ヶ月経った。

出社すると事務所にチーフがいる。

なんだか懐かしい。

私が入ってきたとき、彼は事務員と何か口論していたようだった。

遠慮がちに挨拶する私に返事もせず、チーフはこちらをにらみつけている。

「おたく、馬鹿か?」

いきなりだった。

「何がです?」

私は驚いて相手を見返した。

何のことだかわからない。

事務員の座る机の横に立っていたチーフは、ずかずかと私のところまで歩いてきた。

すぐ目前に、威圧するように立った。

「一ヶ月もの間、何をやっていたんだよ」

「えっ?」

私はのけぞった。

私は一ヶ月、廃棄物の山の斜面に立って、自分なりに掃除をし続けてきた。

今や、廃棄物の山はそれなりに清潔な場所になっている。

「掃除をしておりました」

「おたく、馬鹿か?」

チーフは繰り返した。

わけがわからない。

「馬鹿ってどうしてですか?」

「一ヶ月も持ち場でおたくは、何をやってたんだよ」

「ですから、掃除を…」

「それはてめえの仕事じゃねえだろ」

恫喝を受けた。

あまりの勢いに、私は思わず顔を腕でかばった。

殴られそうな気配だった。

「てめえは何のために雇われたと思ってるんだ」

「え、でも」

初日、業務内容を尋ねた私に対し、何の説明もしなかったのはこのチーフだ。

それどころか、尋ねた私を威圧してすらいた。

「やらせる仕事はいくらでもあるんだからよ。こっちに聞きもしないで、勝手なことで時間潰してんじゃねえよ」

「はあ?」

依然として威圧的な視線をぶつけてくるチーフだが、私は黙って聞いていられなかった。

「業務内容については、初日にお聞きしたんですが。でも仕事ができたらそちらから声をかける、と」

「…何をゴミみたいな言い訳してんだ?」

チーフの眉間に、何重もの皺が寄る。

「そんな言葉を間に受けて、てめえは一ヶ月もの間のらくらしてたのか」

「のらくらと言われましても」

私は反抗的な気分になり始めている。

「チーフにお話を聞こうとは思いましたが、一ヶ月間、出張中でいらしたので」

「なんで出張先に電話のひとつもよこさない」

目の前の相手は、目を細め、低い声を狭い事務所内に響かせる。

私は、言葉に詰まった。

そう言われると、こちらの落ち度のような気もする。

だが、と思う。

初日に「ここで黙って待ってろ」とだけ言われ、置き去りにされて一ヶ月。

何の知らせもなく、右も左もわからないなりに、私は廃棄物の山の斜面と戦ってきたのだ。

その私の一ヶ月を無にする、目の前の男の言い草。

こんな人間にひるんでいてはいけない。

「そちらから電話をよこすのが筋でしょう」

私は相手の目を見据えて、冷たい声で言った。

「何だと…?」

チーフの顔色が、さらに険しくなる。

だが私は相手にしなかった。

「そちらから知らせると最初に言ったのはあなただ。こっちは言われた通りにしている」

「てめえ、そんな言い分が通るとでも思ってるのか」

「通るも何も、おかしいのはあなたですよ」

自分の行いが本当に正しかったのかどうか、不安なところはある。

だが私は、自分を信じた。

何より目の前のチーフが不誠実な人間なのは、明らかなのだ。

チーフはにらみつけている。

「てめえ、社会人失格だな」

彼なりの論理で物を言っているらしい。

だが、私には全く意味不明だ。

「おっしゃる意味がわかりません」

「そうやって手前勝手な理屈をこねて、周囲に迷惑をかけるから社会人失格だと言うんだ」

なるほど、と私は思った。

「新人に何の連絡もなしに長期出張して、後で責任をその新人に押しつける。そういうのは社会人合格なんですね」

長い言葉が、口先からすらすらと出た。

チーフが、鼻から息を吐き出す音が聞こえる。

一瞬だった。

目の前にごつごつした拳が飛んできて、私の眉間を打ち抜いていた。

私は床の上に伸びて気を失った。

 

チーフが解雇された後、現場の業務を把握している人間は他に誰もいない。

私の方は会社の上層部に慰留され、引き続き勤務している。

不衛生な廃棄物の山が、広大な敷地内に無数にあるのだ。

私はそれらをひとつずつ、掃除してまわっている。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

言いにくいことの上手な伝え方

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com