読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の即席麺この一杯。本場韓国参鶏湯ラーメンカップ

いよいよ肌寒い気候になってきたんじゃないですかね。

これはもう、韓国即席麺でも食べないと、しのぎきれないですよね。

f:id:kompirakei:20161017181042j:plain

今日の一杯、農心の販売する本場韓国参鶏湯ラーメンカップ。

 

私の場合、寒くなったときに特に食べたくなる料理が、参鶏湯(サムゲタン)なんですね。

皆様、参鶏湯ご存知ですか。

参鶏湯は、鶏肉を丸ごと使い、香辛料、もち米などの食材と一緒に煮込んだ薬膳料理なのです。

ぷりっぷりの柔らか大きなお肉の中に、ちょうどいい具合に煮込まれたもち米がぎっしり。

食べると、体がじんわり温かくなってくるんです。

でも参鶏湯、韓国料理店で注文すると、かなりお値段するわけなんですね。

美味しくて健康にもよさそうな反面、結構高級なお料理なんです。

私のような庶民には参鶏湯ラーメンカップが手頃です。

f:id:kompirakei:20161017181505j:plain

鶏肉を凝縮とろ旨スープ。

食欲をそそられる文言ですな。

f:id:kompirakei:20161017182208j:plain

カップの外側に、参鶏湯紹介スペースもあり。

高麗人参も使うんですね。

冬場だけでなく、夏バテにもいいのですね。

参鶏湯ラーメンを前にして、本物の参鶏湯が食べたくなってきました。

気を取り直して、お湯を沸かします。

f:id:kompirakei:20161017181645j:plain

麺は、カップ麺向け農心麺ですな。

お馴染みの麺です。

かやくは控えめ。

f:id:kompirakei:20161017182430j:plain

別添えでスープの小袋がついています。

f:id:kompirakei:20161017182612j:plain

この白い粉末に、参鶏湯の全てがつまっているのでしょうか…。

お湯を注いで3分待ちましょう。

f:id:kompirakei:20161017183212j:plain

かやく控えめなので、出来上がりの見た目も若干寂しい。

ですが、参鶏湯で大事なのはスープですよ。

飲んで美味しく、体がほかほか温まれば、それでよし。

 

麺はカップ向け農心麺で、私としては安心感を覚えるところ。

そして肝心のスープ。

美味しいです。

少し薄味かな?という感じはあるのですけれど、参鶏湯の味わいがあります。

後味にも、後を引く美味しさがありますね。

韓国即席麺には辛さなど、刺激の強さを求めがちなんですね、私。

でもそれらの即席麺を食べていて折々に気付かされるのは、じんわりと染み入る美味しさ。

あくまで即席麺、化学調味料主体なんですけれどもね。

でも韓国即席麺は食べていて、しみじみ「美味しいなあ」と感じるスープが多いんです。

なおかつ適度に辛くて、体も温まるのですね。

特に寒い季節になってくると、嬉しさもひとしおです。

韓国北部などは、寒さも厳しいと聞きます。

韓国即席麺の辛さとスープの美味しさ、理由がある気がするんですね。

今回いただいた参鶏湯ラーメンカップも、また冬場にちょくちょく食べたいな、と思いました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

本場韓国 参鶏湯ラーメン(1コ入)

価格:143円
(2016/10/17 18:43時点)
感想(0件)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com