読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(096) 境内で、寂しさの募る二人』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

面接を終えた後の、リクルートスーツ姿のまま。

時子(ときこ)とアリスの二人は、その寺の山門の前に立った。

森の中の広い敷地を、土塀が囲んでいる。

その土塀の最中に、古くて大きな山門があった。

年季が入った木造の建築である。

その山門には「如意輪寺」と書かれた表札が掛けられている。

如意輪寺というのが、お寺の名前のようだ。

「ここ、如意輪寺って言うの?」

「そう、にょいりんじ」

言葉のやり取りを交わしながら、二人は山門を抜けて境内へ。

境内は広い。

深い森の広がりを背景にして、いくつもの寺の建物が立っている。

そして今二人がいる山門の正面奥に、どうやら本堂らしい、ひときわ大きな建物があった。

建物から建物の間には、石畳の通路が通じている。

境内のところどころには、各種の植木が囲いに覆われて育っている。

桜に梅、紅葉など、それぞれの盛りの時期ごとに参拝客の目を楽しませるのだろう。

しかし、今は寒い季節である。

どの木も寒々とした空気の中で目に見える果実もなく、かろうじて細々とした枝を伸ばしているばかりだ。

見た目に痛々しい。

夕暮れ時の境内は、見るべきものもなく、物寂しい空気に包まれていた。

アリスと並んで立って、時子は心細くなっている。

お寺の雰囲気自体は、悪くない。

自分たちが生きる日常とは違う、日本の古い時代から続く空気がそこに感じられる。

だが。

どうにも、寂しい。

境内にいる人間は、時子とアリスの二人だけなのだ。

静かである。

近辺の森の中から、複数の鳥が羽ばたくささやかな音すら聞き取れるほどだ。

二人は、黙って立った。

お寺の境内に、立っている。

お寺の周囲を囲む木々の合間をぬって、冷たい風が二人のもとに吹き込んでくる。

時子とアリスは、同時に身をすくめた。

「寒いにゃ」

アリスは、声を震わせた。

外国の、温暖な地域で生まれ育ったアリスだ。

日本の冬の気候は、彼女の身には堪えるはずである。

「お寺の境内に吹く風は寒いにゃ」

「ほんとね」

時子も相槌を打った。

風を遮るもののない境内。

この境内に立っていると、身に染みる寒さに見舞われるのだ。

アリスは手先を伸ばして、時子の手を握った。

時子には、そんなアリスの細長い指先が、やはり冷たく感じられた。

「ね、時子、坊さんに軒先を借りようか」

時子の手を握りながら、妙なアクセントで、アリスは「軒先」を発音する。

「坊さん?」

時子はアリスの顔を見返した。

「うん」

「軒先?」

「うん。坊さんに、お寺の軒先を借りよう?」

雨宿りをするような口ぶりだ。

時子はしばらく考えた。

坊さんに軒先を借りる。

察するに、寒いからお寺の建物の中に入ろう、ぐらいの意味なのかもしれない。

「お寺の中に入れてもらうの?」

「そうそう」

アリスはうなずいた。

「本堂にな、お互いに勝手を知った坊さんがいるんだ」

何気ない口調で、アリスは続けた。

お互いに勝手を知った坊さん。

アリスの口から出た言葉、時子はその意味を、深読みしてしまいそうになる。

「アリス、それ、どういうこと…?」

時子の表情を見て、アリスは首をかしげた。

「どうって、どうということはないよ?お互い腹の内のわかった坊さんが中にいるのよ」

平然と言葉を返してくる。

彼女の言葉通りに受け取っていいものか、時子は迷う。

以前に、話は聞いている。

アリスがテレビ番組の仕事で、この寺でロケを行った経緯は時子も知っていた。

この寺の僧侶から精進料理とたくあん漬けを振舞われことも。

その後に「宗論」を仕掛けたことも。

しかしそれらの話が、アリス言うところの「お互い腹の内がわかった」関係に繋がるとは、時子には予想外だった。

「この寺のお坊さんと、仲いいのね?」

意外に思い、アリスに聞いた。

「仲はそんなによくないけどね、人間性の善悪は知れてるよ」

アリスは答えた。

アリスは要所要所で難しい言い回しを使うので、彼女への対応に時子は時々、戸惑うことがある。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

魅惑の仏像 如意輪観音―大阪・観心寺 (めだかの本)

新品価格
¥1,296から
(2016/12/18 17:39時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com