読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(39) 猿姫を迷わせる一子の言葉』

棒の切っ先を、いつでも相手の喉元に突き立てられるように。

猿姫(さるひめ)は、棒を構えて腰に引きつけている。

目の前に立つのは、忍びの女、一子(かずこ)。

月明かりの下に、素顔を晒している。

「貴様と取引することなどない」

答えながら、ひと息に突き殺してしまえ、という声を聞く。

心のどこかで、怒り狂った自分が言っている。

一方で冷静な自分が、まずは一子の言葉を聞くようにうながしてもいる。

背後の祠の中に、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)たち、三人がいる。

彼らに外の様子を見てくると言って、猿姫は出てきたのだ。

そこで一子と出くわした。

待ち伏せされていたとしか思えない。

自分たちの動きは、この女に読まれていた。

ここでこいつを殺すと後に不安が残る。

そういう声が、自分の中でする。

「話だけでも聞いてくれない?」

猿姫の表情を冷静に見ながら、一子は落ち着いた声だった。

殺されるかもしれない、とは思ってすらいないようだ。

猿姫は黙したまま、相手の言葉を待った。

「あのね、あなた、私と一緒に来る気、ない?」

一子は猿姫の目を見て言った。

「何?」

猿姫は、口を開ける。

「なんだそれは」

「私について来ないか、と言ってるの」

猿姫は相手の顔を見つめた。

意味がわからなかったのだ。

「どういう意味だ」

「だから…」

一子は、じれったそうだ。

「あなただって、無能な男たちの面倒、いつまでも見ていられないでしょう?これから私と一緒に、忍びをやらない?」

猿姫の目を覗き込みながら、言う。

「無能な男たち…」

「国を追われた織田の倅に、役立たずの神戸の当主。それと、あの髭」

一子は、三郎と神戸下総守利盛(かんべしもうさのかみとしもり)たちのことを言っているのだ。

それと髭面の武将、蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。

無能な男たち。

「あの連中と一緒にいたら、死ぬまでこき使われるよ、あなた」

目の前に立って、語り聞かせる一子である。

猿姫は、言葉に詰まった。

「ほら、思い当たるところがあるんでしょう?」

「そんなことはない…」

かろうじて言葉にした。

三郎と阿波守とを連れて、行くあての定かでない旅をしてはいた。

そしてその間、猿姫は確かに、旅に不慣れな三郎の世話をいろいろと焼いている。

でも三郎は大名の子息で、身の回りのことに不自由だから仕方がないのだ。

「あなたはあの子の家臣でもないのに、そんな立場に甘んじていて、いいの?」

一子の言葉が、耳に入る。

その通り、猿姫は三郎の家臣ではない。

武芸の師匠、という名目で同行している。

その実は彼の身の回りの世話をして、家臣であり下女でもあるような、あやふやな存在になっている。

「そんな半端な立場でいいの?」

猿姫の迷いに付け込むような頃合いで、一子は口を挟むのだ。

「織田の倅に、将来なんかないよ。頭のいいあなたになら、わかるはずでしょう。あの子はあのまま誰にも相手にされず、運がよくてもどこかの土豪の客将くんだりになって、一生を終えるでしょうよ」

猿姫は息を飲んだ。

一子の、あまりに辛辣な言葉であった。

だが猿姫自身が今までに、そういう悲観を持たないでもなかったのだ。

三郎は、畿内の大大名で天下人とも目される三好長慶(みよしながよし)筆頭の三好家と接触して、彼らに取り入ることを当面の目標にしている。

しかしその目標が達成できなければ、三郎にも彼に同行する猿姫にも、それ以外の行くあてはなかった。

二人の故郷である尾張国は、彼らが敵対する織田弾正忠信勝(おだだんじょうのじょうのぶかつ)が支配している。

戻ることは出来ない。

「三好家のところに、いったいどれだけの武士が集まっているか、知っているの?」

猿姫の心を見透かすように、一子は続けた。

「三好家に仕えるか、彼らに取り入ることができれば、自分の国での争いに有利になると見込んでね。日本中の土豪だの浪人だの、半端な連中が大勢訪ねて来てるのよ。あなたたちなんか、三好家の相手にされるわけがないでしょう」

一子は辛辣な、長いせりふを言って聞かせた。

事情に詳しい人間の持つ重みがその言葉にはあった。

猿姫は、内心たじろいだ。

目の前の女は、自分や三郎よりも、三好家の内情に詳しい。

「でも…」

何か言い返そうと思って口を開いた。

しかし何も、猿姫の頭には浮かばない。

息を吸い込んだ。

かろうじて、言葉が口に上った。

「三郎殿は南蛮の武具が使えるし、私は棒術の達人だ」

それぞれ、才能があるのだ。

三好家ほどの武家になら、自分たちの才能の使いどころもあるだろう。

一子は、猿姫を冷たく見返した。

「あなたの棒はともかくね。南蛮渡来の云々は、三好家ではあふれ返っているの。今、この日の本で誰が一番南蛮に通じていると思うの?」

「誰なんだ…」

「あなただって、わかっているくせに。当の、三好家でしょう?」

堺の港と瀬戸内海の各港に影響力を及ぼし、南蛮貿易の推進に一役買っている三好家。

「南蛮の鉄砲だって、連中はもう揃えているんだから。今さら三郎殿なんかが行っても、ありがたがらないのよ」

相手の言葉を聞いて、猿姫は心細い気持ちになった。

三郎は三好家を頼りに旅をしてきた。

彼がその頼りの三好家に売り込めるものと言えば、織田家の嫡男であるという生まれと、南蛮渡来の鉄砲の腕前だけなのだ。

もしその鉄砲の腕前が評価されないのだとしたら、これは心細い。

「だからあの子たち、無能だと言うのよ」

一子は、畳み掛けるように言った。

「そういう言い方はやめてくれないか…」

「かばうことはないじゃない。私、あなたのことは認めているんだから」

猿姫の目を覗き込んでくる。

「あなたの棒術と身のこなしの方になら、お金を払う武家はどこにでもいるでしょうよ」

ぐらついた猿姫の心に付け込むように、目の前の女は続けるのだ。

「単なる武芸者、だと買い手はつきにくいかもしれないけれど。私が、忍びのいろはを教え込んであげましょう。そうしたら、あなたも引く手あまたになるよ」

今度は声を抑え、甘い響きを交えていた。

人に付け込むのが旨い。

三郎との旅の先に自分を待つ将来、それを猿姫としても思い描けないでいた。

そこに、彼女の心をぐらつかせるような事実を一子はぶつけてきた。

猿姫の心には、迷いが生まれている。

「今のままではね。あの根無し草の男たちの面倒を見させられて、一生が終わるかもよ」

一子は、猿姫の顔色を見ながらさらに言葉を添える。

猿姫は、唇を噛んだ。

彼女は背後の祠の中に、その三人の男たちを残してきている。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

人生の迷いが消える アドラー心理学のススメ

新品価格
¥1,598から
(2016/12/23 02:41時点)

kompirakei.hatenablog.com