読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

棒の手。愛知県の、武術的な伝統芸能

こんにちは、金比羅系です。

私最近、戦国時代を舞台にした小説を書いているのですよ。

もし物語に餓えておられたら、この機会に読んでくださいね。

いずれも猿姫(さるひめ)って名の女性が主人公なんですね。

この猿姫が棒術を使うんですね。

彼女の棒術のモデルは、「棒の手」って言う、愛知県内に伝わる実際の伝統芸能なんです。

この奇声を挙げながらの打ち合い。

薩摩の剣術、示現流を思い起こさせるものがありますな。

しかし棒の手は武術そのものというよりは、武術的要素を持った演舞なんですね。

棒の手はもともと、「おまんと(馬の塔)」という馬にまつわる神事の場で、奉納された芸能だったそうです。

棒に鎌などを手に持って演舞を行う人の衣装は、馬の警護をする役割の人を表しているようですね。

昔、馬は高価な財産でしたから、輸送中に馬泥棒に襲われることもあったのですね。

警護役が必要でした。

 

武術的要素が濃い棒の手ですが、武家に伝わったものではなく、その担い手は各村落の村人たちでした。

先に述べた馬の警護とは別に、中世には村人たちが戦場に駆り出されることも多かったです。

おそらくは、棒の手は神事の芸能であると同時に、村人たちの軍事訓練の意味合いもあったのでしょうね。

剣術のように、地域ごとにいろいろ流派もありまして。

この動きに慣れておけば戦場での戦闘も容易だっただろうな…と思わせるものがあります。

 

尾張国の低い身分の出身である豊臣秀吉なら、民衆に伝わる棒の手に通じていたかも知れない。

そういう妄想が湧いてきませんか?

私の頭には湧いてます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

愛知県の歴史散歩〈上〉尾張

新品価格
¥1,296から
(2016/6/21 19:53時点)

愛知県の歴史散歩〈下〉三河

新品価格
¥1,296から
(2016/6/21 19:53時点)