読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(6) 猿姫と三郎、下克上を提案される』

小説:瞬殺猿姫 連載小説

すでに、日は落ちている。

座敷の隅では、燭台の上のろうそくに火が灯っている。

一行は、ろうそく明かりに照らされた座敷で車座になって、議論している。 

猿姫(さるひめ)と織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)。

そして蜂須賀阿波守(はちすかあわのかみ)。

彼らは港に程近い白子の宿場に、宿を取ったのだ。

伊勢街道に面した宿の、二階の部屋にいる。

「神戸家に挨拶しておこう」

と猿姫。

「いや、伊勢に長居せぬ以上それは余計なことでござる。それに、神戸家に変な借りをつくることになろう」

と三郎。

神戸(かんべ)というのは伊勢国の北部に地盤を持つ、有力な武家である。

白子港と宿場を含む一帯に、影響力を持っていた。

「神戸家に仕官いたせ」

と阿波守。

猿姫と三郎は、同時に阿波守の髭面をにらんだ。

阿波守は、にらまれても平気な顔をして見返している。

白子港で役人に対し、織田家臣を名乗った阿波守である。

だが、猿姫も三郎も、いまだ彼の真意を測りかねていた。

そのため、人目はあるが、手首を縛る縄は解いてやっていない。

「無茶なことをおっしゃるな。拙者らは、堺に行くのでござる」

三郎は阿波守相手に力説した。

「そうだ。私は神戸家に、挨拶はしておいた方がいいと思う。何かと便利だろうから。でも私や三郎殿が仕官するほど、見込みのある武家ではない」

三郎の言葉を継いだ猿姫は、阿波守を見据えて言った。

「お主らの事情はよく知らんが、尾張を取り返すつもりなら、この界隈は手頃ではないのか」

阿波守は、長いあご髭を指先で弄びながら、三郎と猿姫の顔をねめつけた。

いつの間にか、彼の手首を縛っていた縄がほどけて、畳の上に落ちている。

「貴様、いつの間に」

阿波守の手が自由になっているのを見て、猿姫は目尻を吊り上げた。

腰を浮かせた。

傍らに置いていた愛用の棒を、すでに両手に構えている。

「静かにせんか、こんな縄ぐらいのことで。暴れたら、宿を追い出されるぞ」

そう言って阿波守はあぐらをかいたまま、微動だにしない。

木曽川のほとりで猿姫に敗れ、重傷を負った阿波守である。

しかし、その名残りはふてぶてしい表情からは読み取れない。

猿姫が縛った縄も、隙を見て解いてしまったらしい。

油断のできない男だった。

 

猿姫は中腰のまま、棒を構えて相手をにらみつける。

三郎は猿姫に目配せした。

だが殺気立った猿姫は、三郎の方を見ようともしない。

仕方なく、三郎は横から猿姫の羽織の袖をつかんで彼女の注意を引いた。

「猿姫殿、お待ちくだされ」

「待てない。こいつ、ここで叩き殺そう」

「お気を確かに。今、阿波守殿は面白いことを言いかけた。ひとまずうかがいましょう」

三郎の落ち着いた声だった。

そういう風に諭されると、猿姫は言葉がない。

ため息をついた。

「髭面、貴様、三郎殿のおかげで命拾いしたな」

その場に力なく腰を落とし、座り込んだ。

「阿波守殿、この界隈は手頃、とはどういう意味でござる」

三郎は改めて阿波守に尋ねた。

「どういう意味、などと考えなくとも知れているではないか」

阿波守は、顔を斜めにして三郎を見る。

港で三郎の家臣を名乗ったにしては、挑戦的な態度である。

「港がある。栄えている。ここを根城にすれば、何かと資金を貯めるのに都合がよかろう」

「しかし、堺の港は白子の比ではありませんが。堺に行けば…」

「堺よりも、地の利に優れていると思わんか?こちらの方が。今後、尾張に攻め込むことを考えるならな」

阿波守は淡々と答えた。

三郎は、言葉につまった。

 

尾張国は、三郎の弟である織田弾正忠信勝(おさだんじょうのじょうのぶかつ)が支配している。

当主の座をこの弟に奪われた三郎は、弟を暗殺しようと試みて失敗した。

猿姫と共に故郷を追われ、今や放浪の旅の身の上なのである。

 

三郎の反応を見て、阿波守は猿姫に視線を移している。

「棒の女。お主、神戸家は仕官するほどの見込みがないと言ったな」

棒の女呼ばわりに、猿姫は顔をしかめた。

「それはそう言ったが、棒の女呼ばわりはよせ。私の名は猿姫だ」

「なら猿姫。見込みがないからいいとは思わんか」

今度は呼び捨てである。

猿姫は、ますます表情を厳しくする。

「何が言いたいのだ、髭面。まさか貴様、下克上のことを言っているのか」

猿姫は相手をにらみつけながら、深い考えもなしに問うた。

家臣が実力で、力の無い主の実権を奪い、自分が主に取って代わる。

それが下克上である。

「そうだ。それだけわかるなら、棒の女の猿姫にしては上出来だな」

嘲るとも褒めるとも取れる阿波守の口ぶりである。

再び、猿姫は脇に置いた棒に手を伸ばしかけた。

「猿姫殿。落ち着いてくだされ。阿波守殿はまだ話の途中でござる」

横から、三郎が呆れた声をあげる。

「だって、この髭面がさっきから…」

猿姫は思わず三郎に訴えようとして、止めた。

自分が情けなくなった。

「続けろ」

阿波守をにらみつけて、乱暴にうながした。

阿波守は何事もなかったかのような平気な顔で、うなずいている。

「つまりだ。見込みのない程度の武家だから、入り込んで乗っ取りやすい」

「そうかな」

「おい、うつけ、お主は少なくとも織田家の嫡男であろう。神戸家には歓迎されるかもしれんぞ」

今度はうつけ呼ばわりされた三郎が苦笑する。

猿姫は、三郎の代わりに阿波守をにらみつけた。

「貴様、港で三郎殿の家臣を名乗ったくせに。家臣ならもう少しまともな口の利き方はできないのか」

「あれは、あの場をごまかすための、単なる口上だ」

阿波守はとぼけた顔で、ぬけぬけと言い放った。

「俺は斎藤家の家臣である。今後は斎藤家からの目付けとして、お主らに同行させてもらおう」

「何が目付けだ、ふざけるな」

我慢できなくなった猿姫は、前のめりになって、阿波守を怒鳴りつけた。

「貴様はただの人質だ、人質らしくおとなしくしてろ」

怒鳴られても阿波守は動じない。

そんな平常心を失わない阿波守のたたずまいを端から見て、三郎はどこか感心したような表情でいる。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

日本の歴史〈10〉下克上の時代 (中公文庫)

新品価格
¥1,337から
(2016/6/27 18:49時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com