読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(077) アリスの怒りを知った時子』

いつまで経っても、書くべきことが出てこない。

時子(ときこ)は机の上にノートパソコンを開いたまま、その手前に突っ伏している。

一日記事10本更新どころか、1本も書けなかった。

机の表面に頬を押し付けながら、ぼんやりしている。

何もかも面倒になったからこのまま寝てしまおう、と思った。

同じ姿勢でいれば、眠りに入れる気持ちがする。

時子は、うとうとした。

携帯電話の短い着信音が鳴った。

メールが来たらしい。

時子に連絡をよこすのは、町子(まちこ)ぐらいのものだ。

夜更けに何の用だろう、と時子は腹立たしく思う。

部屋の隅のコンセントに、携帯の充電器のアダプターを挿してある。

床に直に置いたその充電器に、携帯電話をセットしてあるのだ。

突っ伏した机から、椅子を立って取りにいかないといけない。

机に頼って眠るつもりになっていたのに、面倒だった。

いつもなら町子から来たメールには、快く応じる時子なのだ。

今夜は、そうでもなかった。

ブログ記事が書けないことで、町子に敗北したような気がしている。

そっとしておいて欲しい気持ちなのだ。

そんな夜にメールを送りつけてくる当の町子。

何の嫌がらせなのだ、と時子は思った。

だるそうに歩いて携帯電話を取りに行く。

しゃがんで携帯電話を手に取った。

画面を確認する。

やはり町子だ。

件名は「アリスが怒っている」とあった。

意味がわからない。

アリスは、時子たちの友人の一人だ。

昨日、昼どきにあったばかりである。

時子は、メールの文面を確認した。

長いメールだ。

 

読み終えて、時子はため息をついていた。

自分が悪い。

アリスが、怒っているのだ。

こういうわけだった。

火曜日、時子の提案で、金曜日に行きつけの喫茶店に集まる旨を仲間たち全員に通知した。

SNSサービスのFINEを使って通知したのは、町子だ。

時子の携帯電話ではFINEも他のSNSサービスも使えないので、その手のことは町子に任せてある。

町子は予定についてのおおまかな通知を送ったのだが、詳細については詰めていなかった。

その後ヨンミに関わる諸々で今日の昼に、なし崩し的に皆が集まった。

ヨンミの身柄に関わっていない、アリスをのぞいては。

ヨンミが家に転がり込んできた前日に時子は、町子と美々子(みみこ)だけに事態を知らせるメールを送った。

その結果なのだ。

集まった皆が、ヨンミのことで頭がいっぱいだったのだろう。

アリスがその場にいなくても、疑問が湧かなかった。

昨日の昼にアリスと会った際、翌日の予定を相談しなかったことも、アリスを招き忘れた一因である。

町子は、夜になってアリスから今日の集まりは流れたのかとFINEで質問されたらしい。

そこで彼女は、昼にアリスをのぞく皆で例の喫茶店に集まったことを、正直に伝えたのだ。

のけものにされたアリスが、それで怒った。

 

どうしよう、と時子は思った。

胸の動悸が早くなる。

先ほどまで、ブログの更新ができないことで、投げやりな気持ちになっていた。

もう、それどころではない。

仲間のうち一人だけを、はからずも、のけものにした。

その仲間が怒った。

そして、その原因の一因は、自分にある。

時子は、頬を両手で覆った。

アリスに謝らなければ。

いや、その前に対処について、町子に相談しなければ。

 

もはや時子の脳裏から、ブログの更新ができない苦しみは、消え去っていた。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫)

新品価格
¥842から
(2016/7/27 21:01時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com