読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(079) アリスを落ち着かせる』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

アリスは、時子(ときこ)に抱きついたまま、彼女を放そうとしない。

仕方がないので、時子は自分より大柄なアリスの腰を、抱えた。

そうして元の公園まで、彼女を引きずるようにして一緒に歩いた。

道を行く通行人たちの視線が気になる。

 

公園に戻った。

ベンチに座った町子(まちこ)が、時子とアリスが来るのを見守っている。

「時ちゃんも、何も走って逃げることはないのに」

近くに来た時子の顔を見て、苦言めいたことを言った。

時子は、反論ができない。

泣きじゃくっているアリスの体を、町子の隣に座らせた。

自分も、アリスの隣に座った。

時子と町子とでアリスを挟んだ。

「ひどいよお」

うわごとのように口走りながら、アリスはいよいよ激しく泣いている。

鼻水まで出して、時々しゃくりあげている。

彼女はどうしてしまったのだろう、と時子は不安になった。

皆の集まりに一人だけ呼ばれなかったことが、そんなに辛かったのだろうか。

「タイミングが悪かったみたい」

アリスの泣き顔を横からうかがっている時子に、町子は声をかけた。

何か事情を知っているらしい口ぶりだった。

「どういうこと?」

「アリスも、昨日ちょっと、いろいろあったみたいで」

やっぱり、と時子は思った。

一昨日の昼に三人であったときには、アリスはいつもとごく変わりがなかった。

時子たちよりも落ち着いた、大人の女性だった。

昨日、皆がヨンミのことで手一杯になっている間に、アリスの身に何かあったのだ。

「今は、そっとしておいてあげた方がいいみたい」

続けて町子は言った。

アリスは、両手で顔を覆っている。

町子の言葉を否定しない。

時子も、アリスのことを詮索する気分ではなかった。

しばらく、泣き続けるアリスを間に挟んで、時子と町子は所在無く座っていた。

 

小一時間もそうしていた。

「ありがとう、落ち着いたにゃ」

まだ目尻に涙を浮かべながら、アリスはようやく言った。

ハンカチで、顔を拭った。

化粧がよりいっそう乱れて、酷い顔だった。

思わず時子は顔をしかめた。

町子の方は、表情を崩さない。

町子は、人間が一枚上手だ。

「大丈夫?」

慌てて表情を取り繕いながら、時子はことさらアリスを気遣う素振りを見せた。

「しばらくは大丈夫」

うなずくアリス。

しばらくと言う以上、後ほどまた取り乱すのかもしれない。

緊張感を緩めることはできない、と時子は思った。

彼女を刺激するような言動は、控えなければ。

「ちょっと手前勝手に思い詰めただけにゃ」

自分に言い聞かせるように、アリスは言った。

昨日、皆で集まる予定だったのに、アリス以外の仲間だけで集まっている。

住居を追い出されたヨンミの件で、皆、いっぱいいっぱいだったのだ。

それを、アリスは誤解したのに違いない。

「ごめんね、昨日呼ばなくて。わざとじゃないの」

時子は、弁解した。

アリスはうつむく。

「誤解だったのはわかってる」

うつむきながら、つぶやいた。

彼女の小さな声を聞いて、時子は、胸が締め付けられるような気持ちになった。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

だれもわかってくれない:あなたはなぜ誤解されるのか

新品価格
¥1,728から
(2016/8/2 18:17時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com