読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『手間のかかる長旅(099) お寺泊の余地』

連載小説 小説:手間のかかる長旅

時子(ときこ)は座ったまま不安な面持ちで、横に座るアリスを眺めている。

アリスは上の空で、目の前の本尊に視線を向けていた。

彼女は少し前に、この本堂に泊まりたいと漏らした。

時子には寝耳に水の話だ。

面接の帰りに、時子はちょっとした寄り道のつもりでこの寺に来たのである。

だいたい着慣れないリクルートスーツを身に着けているので、さっさと帰って普段着に着替えたいのだ。

着慣れないフォーマルな装いのまま、寺の本堂で一晩過ごすなんて考えられない。

アリスは何を考えているのだろう。

「じゃあ、お坊さんに挨拶して、帰る?」

帰りたい一心で、時子はアリスに声をかけた。

アリスは時子を見た。

「えー、もう帰るの?」

アリスは普段の彼女らしくない、眉をひそめた不満そうな表情を露わにした。

「泊まらないよ?」

時子は念を押す。

アリスは唇をとがらせた。

「駄目だよ、泊まらないよ」

時子は慌てて言葉を強めた。

時子の態度を見て、アリスは肩をすくめる。

「なら、仕方ないにゃ」

「二人で帰るよ?」

「仕方ないにゃ。でもね、もう少しだけ、ここでまったりしたい…」

よっぽど、この本堂の雰囲気が好きなのだろう。

確かに落ち着く場所だけれど、時子にはアリスの気持ちがわからない。

「お寺に泊まるなんて、異常だよ」

つい、時子は本音を口にした。

アリスは時子を見る。

「そうかな。でも、このお寺、もともと泊まれるんだよ」

落ち着いた調子で言った。

時子は首をかしげた。

「見つかったら追い出されるでしょ?こんなところに寝てたら」

「違うよ、ちゃんと泊まれるんだよ。お寺の人に予約を入れてさ。ゲストハウスみたいな」

時子には意外なことを告げられた。

「え、そうなんだ。でも、ここに寝るんでしょ?」

「この本堂じゃなくてさ。他に、泊まれる部屋があるの。和室のいいお部屋」

「へえ」

お寺に泊まるなんて考えたこともなかった時子には、意外だった。

本堂に泊まるのは嫌だけれど、宿泊客向けの施設があるのなら、それはいいかもしれない。

「アリス、そんなことよく知ってるね」

「ここの坊さんに聞いたにゃ。歴史のある寺だから、遠くから泊まりがけで参拝する人たちも結構いるんだって」

「へえ、そうなんだ」

時子は感心して、うなずいた。

この如意輪寺、もしかしたら有名なお寺なのかもしれない。

彼女は今までその存在を知らなかったが。

地元にそんな有名な寺があったとは。

「ここ、有名なお寺なのね」

アリスはうなずいた。

「知る人ぞ知る寺といったところにゃ。そして、私もこの寺を知っている」

そう得意げに答えた。

時子もうなずき返した。

この本堂で一晩過ごすのは、いい気持ちがしない。

でも、ちゃんと宿泊できる施設が他に整っているのなら、泊まってもいいかもしれない。

部屋着も貸してもらえるかもしれない。

夕食に、アリスが言っていた精進料理と言うのも、食べられるかもしれない。

精進料理には、時子も興味がある。

お寺泊も、悪くない気がしてきた。

でも…と、時子は思い返した。

お寺であっても、泊めてもらえば、少なからず宿泊料金がかかるはずだ。

お金を貯めるために工場で働くことにしたのだから、ここで気の迷いからお金を使うわけにはいかない。

我慢しよう、と思った。

友人たち皆で旅するための、資金が欲しい。

アリスと二人で楽しい体験をするのも悪くはないけれど…。

 

そして帰ると決まったら、たとえアリスが一人で泊まると言い張ったとしても、何とか連れて帰りたい。

時子一人で帰るのは、心細いのだ。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

はじめての精進料理: 基礎から学ぶ野菜の料理

新品価格
¥1,620から
(2016/12/31 00:26時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com