読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日の即席麺この一杯。台湾まぜそば

チャンポン続きなので、たまには違う種類の即席麺をいただきましょう。

f:id:kompirakei:20160909151858j:plain

これを買ってきました。

「台湾まぜそば」です。

名古屋の即席麺メーカー、寿がきや食品の製品です。

寿がきや食品は、スガキヤラーメンでお馴染みスガキヤの系列会社なのですね。

f:id:kompirakei:20160909152306j:plain

「名古屋めし」の名称で親しまれる、名古屋グルメ。

その名古屋めしのひとつとして有名な、台湾まぜそばを再現した一品であります。

f:id:kompirakei:20160909172342j:plain

この商品なんですが。

基本的に、具材を用意することが前提なんですね。

豚挽き肉、卵黄、ネギ、ニラ、刻みのりなどが必要なんです。

ただ今回はそうした具材を用意しておりません。

即席麺として、具なしでつくって参りましょう。

f:id:kompirakei:20160909172637j:plain

おお、なかなかの太麺。

いいですなあ。

f:id:kompirakei:20160909172741j:plain

麺以外についているのはこの粉末スープのみですね。

具材を使わない場合の作り方もパッケージ裏に書いてあります。

その通りにつくっていきましょう。

 

沸騰したたっぷりのお湯で麺を4分間茹でます。

別に、粉末スープを30ミリリットル程度のお湯で溶いてタレをつくります。

湯切りした麺にこのタレをからめまして、出来上がりです。

f:id:kompirakei:20160909173554j:plain

この麺にですね。

f:id:kompirakei:20160909173701j:plain

このタレをですね。

f:id:kompirakei:20160909173943j:plain

からめて、こうなりました。

具材を使った台湾混ぜそばに比べると、見た目が寂しいのは否めないですねえ…。

ともあれ、食べてみましょう。

 

お味ですね。

まず、塩気が強いです。

おそらく、挽き肉に野菜など、具材を豊富に使うことを前提としているからでしょう。

麺だけで食べると塩辛く感じます。

辛さの方は、唐辛子の実、種が入っていることもあって、なかなかです。

辛い即席麺好きの方も気に入るでしょう。

コシの強い太麺は、韓国即席麺に馴染んだ私の好みに合います。

にんにくが使われているせいか、後味にじんわりと残る美味しさがあります。

 

美味しかったのですが、やはり何か物足りなさが残りました。

具材を使って調理してこその台湾まぜそばなのですね。

次は、ちゃんと豚挽き肉など用意してつくろうかな…と思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

極太フライ麺(5食入)台湾まぜそば×6袋

価格:3,726円
(2016/9/9 18:02時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com