東京旅行三日目(4)。四谷歩き。四谷は伝説の多い土地

新宿御苑の大木戸門から外に出て参りました。

f:id:kompirakei:20180118230529j:plain

新宿通り沿いにある新宿一丁目の交差点に、文芸社の社屋を見つけました。

自費出版事業で有名な文芸社ですね…。

f:id:kompirakei:20180118231111j:plain

四谷区民センターの一角に石碑が立っています。

「水道碑記」とあって、玉川上水の水道の開削を記念するものでした。

江戸時代、ここには玉川上水水番所があったそうです。

遠く多摩川から玉川上水で引いてきた水を地下水道によって江戸市中に供給していました。

玉川上水水番所では水量の調整、ごみ除去による水質の保持を行っていたそうです。

現在でいうところの水道局の役割を担っていたのですね。

現在も四谷区民センター内には東京都水道局の新宿営業所が入っています。

f:id:kompirakei:20180119012323j:plain

四谷四丁目の交差点ですね。

江戸時代にはここに四谷大木戸という大きな木戸があったそうです。

木戸は、街道沿いの街の出入り口に設けられていて、日が落ちると閉めて人の出入りを制限した設備なんですね。

ある種の関所と言っていいでしょう。

今この交差点を東西に通っている国道20号線がかつては甲州街道で、四谷大木戸によって江戸と甲州方面を行き来する人の流れを調整することができたわけですね。

f:id:kompirakei:20180118233906j:plain

交差点に面したビルの上に目を引く大きな広告看板群が掲げられていて、四谷って開放的な街なのかな、という感想を持ちました。

この開放的な交差点を右に曲がり、南北に走る外苑西通り沿いに南に向かって歩きます。

f:id:kompirakei:20180118234315j:plain

外苑西通り沿いにこちらも出版社、ポプラ社の社屋がありました。

小学生の頃、ポプラ社の児童書を学校図書館で読んだ記憶があります。

ここにあったのですね。

ポプラ社の社名って近所の新宿御苑に生えているポプラの木から来ているのかな、と想像しました。

f:id:kompirakei:20180118234820j:plain

外苑西通りの先で住宅地の中に入ると、新宿御苑を背景にして神社があります。

f:id:kompirakei:20180118234939j:plain

多武峰内藤神社です。

この付近一帯の広大な土地を治めていた内藤清成(ないとうきよなり)が、先祖にあたる藤原鎌足(ふじわらのかまたり)公を祭神として祀った神社なのです。

奈良の多武峰には藤原鎌足公を祀る談山神社がありますから、多武峰の社号はそれにあやかったものなのでしょうね。

f:id:kompirakei:20180118235528j:plain

境内には「駿馬塚」という場所もあります。

内藤清成には、徳川家康から「馬に乗って一息に駆け抜けただけの土地を授ける」と言われ、駿馬に乗って駆け抜けた範囲の領地を丸々手に入れたという伝説があるのです。

その際に無理をした駿馬は息絶え、それを清成が屋敷地の一角に葬り塚を建てたのだとか。

徳川家康が内藤清成に馬の走った分の範囲を与えたというのは史実ではないでしょうが、あまりに清成が授かった土地が広大だったために、そんな伝説が生まれたのでしょう。

新宿御苑の付近は江戸と甲州とを繋ぐ軍事的な要衝だっただけに、信頼の置ける家臣に任せた、というのが実際のところのようです。

内藤清成は、家康からの信頼が厚かったのだと思います。

f:id:kompirakei:20180119000828j:plain

可愛らしいお馬さんの像も奉納されております。

 

広大な土地を勝ち取る駿馬には恵まれませんが、私の脚も捨てたものではありません。

新宿御苑よりも遠くへ遠くへ歩いていきます。

国道20号線に戻り、東へ向かいます。

ところで四谷発祥の食品スーパー、丸正食品の総本店が20号線沿いにあるのです。

その店先に、不思議な場所がありました。

f:id:kompirakei:20180119002312j:plain

なんだか雰囲気が、大阪の法善寺の水掛不動尊みたいです。

近づいてみると「お岩水かけ観音」とあって、はっとしました。

四谷は、お岩さんで有名な「四谷怪談」の生まれた土地だったのですね。

観音様の傍らの説明文を読みました。

付近には江戸時代から、お岩さんを祀るお岩稲荷があって。

そのお社が戦災で失われた後、地元の人たちで再建したのだそうです。

その再建の世話人として丸正の創業者が関わった縁で、社屋建築の際に併せてお岩水かけ観音を祀ったということでした。

私は現地に来てもすっかり忘れていて何気なしに歩いていましたが、四谷というのは江戸時代の人心に広く浸透した、有名な伝説を抱えた土地なのでした。

それにしても、お岩さんを観音様として社屋の入口脇に祀ってしまうとは。

丸正の創業者の心意気といいますか、郷土愛を感じました。

丸正総本店の中を見物ついでに買い物していけばよかったのですが、歩くのに夢中の私はそのまま進んでしまいます。

f:id:kompirakei:20180119001605j:plain

ビル上のヘリポートに消防署のヘリコプター、初めて見ました。

後で調べたところ、四谷消防署と東京消防博物館の入った建物でした。

この建物の角の四谷三丁目交差点で、20号線と外苑東通りとが交差しています。

20号線を左に曲がり、今度は北に外苑東通りを行きましょう。

四谷から離れて、北部を東西に走る靖国通りに移るつもりなのです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

東海道四谷怪談 (岩波文庫 黄 213-1)

新品価格
¥972から
(2018/1/19 00:46時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

東京旅行三日目(3)。じっくり散策、新宿御苑。菊花壇に擬木、プラタナス並木から大温室まで

ラクウショウは名残惜しいですが、次行きましょう。

新宿御苑は広いのです、ぼやぼやしていられません。

f:id:kompirakei:20180118173154j:plain

木々が並ぶ向こうには街が広がっているのですが、都会の喧騒は伝わってきません。

f:id:kompirakei:20180118173332j:plain

新宿御苑はもともと、徳川家康(とくがわいえやす)が江戸に移った際、譜代家臣だった内藤清成(ないとうきよなり)にこの一帯の広大な土地を授けたのが始まりでした。

江戸時代には内藤氏の下屋敷の敷地となり、敷地内の屋敷跡に宿場町である「内藤新宿」も開かれます。

明治5年には各種農産物等の改良研究を扱う「内藤新宿試験場」が開設されました。

この試験場は後に皇室に献上され宮内庁の管理となり、さらに長い準備期間を経て明治35年には試験場から庭園として生まれ変わりました。

新宿御苑」の誕生はこの皇室の庭園となった時なのですね。

f:id:kompirakei:20180118174728j:plain

いい庭園ですなあ。

もともとは皇室庭園として皇室の方々が憩いの時間を過ごされる場所であると共に、敷地内で試験場時代からの設備を使って装飾用の花々、飲食に供される野菜、果物等も栽培する場所だったのですね。

現在のように一般公開されるようになったのは、戦後になってからのことだそうです。

f:id:kompirakei:20180118175346j:plain

現在でも新宿御苑の敷地内には鑑賞用の菊の研究栽培施設があって、そこで育てられた菊がこうして菊花壇で見られるのですよ。

f:id:kompirakei:20180118175645j:plain

高層ビル群が見える場所に来ると、都会にいたことを思い出します。

f:id:kompirakei:20180118175754j:plain

新宿御苑が皇室庭園だった頃、昭和天皇の御成婚記念として台湾在住邦人たちから贈られた、旧御涼亭です。

平成に入って改修工事が施され、現在に蘇っています。

f:id:kompirakei:20180118180239j:plain

本格的な中国式建築として、当時の日本では珍しいものだったそうですよ。

日本人が異国に進出して接した多用な文化の諸々が、皇室の方々に献上されて、その生活に取り入れられていったのかもしれないですね。

f:id:kompirakei:20180118190141j:plain

ここは一般公開はされていませんが、菊の試験場ですな。

閉まった門の外から覗き見る私です。

これが皇室庭園の頃なら、外から覗き見るだけでもえらい怒られていたことでしょう。

外から見る限り、かなり広い区画が試験場として割かれているようでした。

かつての内藤新宿試験場の名残りを感じます。

f:id:kompirakei:20180118190505j:plain

ところでここ、日本の造園史の中で結構重要なスポットらしいですよ。

f:id:kompirakei:20180118190630j:plain

というのも、これ。

擬木(ぎぼく)って言って、石やコンクリートを使って木を模した造形なんですね。

公園なんかで時々見かけますよね。

実は、新宿御苑にあるこの擬木の橋が、日本で最初につくられた擬木なんだそうです。

明治38年にフランスから購入したもので、現地からわざわざフランス人が三人ついて来て取り付けたとか。

数メートルばかりの短い擬木橋ですけれど、取り付けるのに手間がかかっているんですね。

案内板の説明を読んで、目の前の擬木橋がとてもありがたく見えてきました。

これからは世の中の公園にある擬木を見る度に「私は日本で最初の擬木を見た」と自慢ができるので、嬉しいです。

そんな自慢を聞かされる人の方ではあまり嬉しくないでしょうね。

でも我慢してください。

f:id:kompirakei:20180118193139j:plain

プラタナス並木に圧倒される思いです。

空間をのびのびと使っていますね。

f:id:kompirakei:20180118193946j:plain

フランス式整形庭園のバラ花壇が素敵です。

f:id:kompirakei:20180118194644j:plain

ビスタライン(見通し線)と言って、バラ花壇のあるフランス式整形庭園の前に立つと

芝生広場のあるイギリス風景式庭園の遙か向こうまで、見通せるように空間を開いて造園されているのです。

あの地平線の向こうに私が入ってきた新宿門があるのですよ。

 

新宿御苑の端から端まで歩いたので、ひと休みです。

f:id:kompirakei:20180118194900j:plain

売店で売っていました、内藤とうがらしクレープを頼みました。

江戸東京の伝統野菜である内藤とうがらし、昔からこの新宿御苑の近辺で栽培されてきた野菜なのです。

その内藤とうがらしを使ったクレープなんですね。

270円ですから、軽いおやつにしてはいいお値段です。

f:id:kompirakei:20180118195210j:plain

凍ったホイップクリームの中に、内藤とうがらしをつかった餡が入っています。

冷たい甘さの中にほんのりと辛味が効いて、味覚を刺激します。

11月にしては日差しが強く気候も暖かい折で、美味しくいただきました。

f:id:kompirakei:20180118195454j:plain

最後に大温室を見ていきましょう。

遠くから見るだけでわかる、大規模な温室です。

f:id:kompirakei:20180118200054j:plain

大温室の外には、戦前にあった温室の遺構が保存公開されております。

現在の大温室に入ってみましょう。

f:id:kompirakei:20180118200300j:plain

いきなりバナナっぽい葉を発見。

これはあれです、バショウ科ってやつです。

f:id:kompirakei:20180118200415j:plain

しかしその実の方は、何といいますか、ちょっと食欲わかない感じの見た目。

呪いの儀式に使われそうなバナナ?ですね。

これから熟れて美味しそうな見た目になっていく…のならいいのですが。

f:id:kompirakei:20180118200834j:plain

おそらく国内有数の規模なのでしょう、広々として植物を見て歩くのが楽しい大温室です。

温かいので冬場には特にいいです。

f:id:kompirakei:20180118200949j:plain

私の好物、ドラゴンフルーツも育成されていますね。

ドラゴンフルーツってサボテン科だったんですね。

確かにサボテンかアロエっぽい外見です。

惜しいことに実は成っていません。

成っていたところで、私が食べるわけにはいかないので、成っていなくてよかったかもですね。 

f:id:kompirakei:20180118201351j:plain

岩壁等をつたって上に伸びて行く性質があるんですね。

たくましいですね。

美味しい実をつけてください。

f:id:kompirakei:20180118201640j:plain

温かい土地では木々もにぎやかな進化を遂げるようです。

f:id:kompirakei:20180118201744j:plain

カカオの木に実が成っていますね。

f:id:kompirakei:20180118202112j:plain

なんだか美味しそうな色をしています。

でもあの実を食べてもたぶん苦いですよ。

f:id:kompirakei:20180118202250j:plain

またバナナ系の木を発見。

f:id:kompirakei:20180118202351j:plain

バナナですバナナです。

サンジャクバナナって言うそうです。

こっちの実はまだ青いですが、熟れてきたら食べられそうですね。

f:id:kompirakei:20180118202920j:plain

ただ小ぶりなバナナですね。

三尺ってどこからどこまでが三尺なのかよくわからんですね。

f:id:kompirakei:20180118203419j:plain

これはヘリコニア・マリアエという、これもバショウ科の植物の実なんですね。

こちらも見る分には面白いですけれど、ちょっと食欲わかない系です。

バショウ科といっても実の形はわりといろいろですね。

f:id:kompirakei:20180118203757j:plain

大温室では次から次へと面白い植物が現れて、気持ちが鎮まりません。

蓮の葉を眺めて落ち着きます。

f:id:kompirakei:20180118204134j:plain

通路が閉鎖されている箇所があります。

先の台風18号の影響で頭上の天窓ガラスが破損しているため危険なんですと。

f:id:kompirakei:20180118204245j:plain

あれですな。

えらい上の方で、天窓ガラスが破損していました。

台風で石か木の枝か何か飛んできて当たったのでしょうか。

応急処置は施されているようですけれど、あの高さにある天窓をどうやって修繕するのか、高所の苦手な私は想像しただけで冷や汗が出てきます。

三面ガラス張りの大温室、植物たちの育成も施設の維持も含め、大変な苦労をもって運営されているわけですね。

ありがたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

情熱の! 新宿内藤とうがらし ~新宿名物誕生物語~ (JG mook)

新品価格
¥1,296から
(2018/1/18 20:54時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

東京旅行三日目(2)。思い出の新宿サザンテラスから新宿御苑に入園。ラクウショウのファンになる

下北沢を見るだけ見て、新宿に戻って参りました。

今回の東京旅行のテーマのひとつが、「世田谷区探訪」でした。

下北沢を締めとして、今回の世田谷区探訪は終わりにします。

まだ見ていない世田谷区の街々は、今後の東京旅行の機会に見ていくつもりです。

今日の残りの時間は、世田谷区以外に東京で気になっていた場所をまわってから帰りますよ。

まずは新宿から始めます。

f:id:kompirakei:20180117021327j:plain

新宿駅近くの新宿サザンテラスに来ました。

大きなタカシマヤタイムズスクエアのビル、変わりませんね。

もう何年も前にこの界隈に来たことがあります。

アメリカから来た、「クリスピー・クリーム・ドーナツ」の1号店がサザンテラスにできて話題になったとき、すぐここまで食べに来たのです。

数えてみたら、もう十年以上前の話です。

f:id:kompirakei:20180117021918j:plain

そのクリスピー・クリーム・ドーナツ1号店も今はなくなり、建物はそのまま別のテナントに替わってしまっています。

時間が経つのは早いですね…。

開業して間もない1号店のお店の前には大行列ができていたのです。

その末尾に私も並び、ショーウィンドウの中で店員さんがドーナツをつくるのを見守りながら、ドーナツの味を想像していたときの思い出が蘇ってきました。

大阪にも支店が出来てから何度かクリスピー・クリームのお店には入りましたが、ここで行列に並んだ後に食べたドーナツの味は一度きりのものでした。

当時自分で行列に並びながら、「話題にまんまと乗ってしまう自分が恥ずかしい」なんて少しは思っていたものですが。

今になって思うと、こうやってふいに思い出せる思い出を持つことができて、よかったと思います。

アメリカから来たファーストフードを食べに東京に来たのは今回の旅も一緒なので、10年経っても人間変わらないってことでもありますね。

感傷にひたりながら、歩いて参ります。

f:id:kompirakei:20180117023910j:plain

タカシマヤタイムズスクエアに向かって歩道橋を歩いて行くこの時間、好きです。

f:id:kompirakei:20180118020709j:plain

特にタイムズスクエアに入る用事はないので、外から見るだけですがね。

f:id:kompirakei:20180118020914j:plain

新宿駅に乗り入れる各路線の列車発着を上から見下ろすことができる、鉄道好きにはたまらないスポットでもあるんですね、この歩道橋。

f:id:kompirakei:20180118021155j:plain

サザンテラスから地上に降りて、今度は新宿御苑に向かいます。

新宿御苑は、大都会新宿の中にある緑豊かで広大な空間なのです。

これまで行ったことがなかったので、楽しみにしています。

f:id:kompirakei:20180118021624j:plain

「黒豚島津」なんてお店がありました。

鹿児島が好きで武家の島津氏にも関心をもっているので、こういう店名には敏感です。

これも何かの縁なので、隣の吉野家豚丼の朝食をいただきましょう。

f:id:kompirakei:20180118021806j:plain

と思ったのですが、かまあげしらす定食を頼んでいました。

390円でした。

豚丼食べるつもりだったのですが、大阪の店舗では見たことのないしらす定食、これを見逃すのも難しかったのです。

f:id:kompirakei:20180118021948j:plain

しらすの柔らかい食感が好きです。

 

食べ終わって、再び新宿御苑に向かって歩きます。

f:id:kompirakei:20180118022143j:plain

吉野家を出て間もなくして、ビルの間に緑が見えてきました。

f:id:kompirakei:20180118022349j:plain

日も高くなってきましたところで、新宿御苑の新宿門前です。

新宿御苑

入園料200円、チケットを買い、入って参ります。

f:id:kompirakei:20180118022708j:plain

樹木が生い茂る、鬱蒼とした森の中を歩くことができます。

広大な園内の敷地はそれぞれテーマを持ったいくつかのエリアに分かれていて、生えている植物の種類もエリアごとに違うのです。

f:id:kompirakei:20180118023010j:plain

植物園が好きでよく入りますが、植物の名前はすぐ忘れてしまいます。

いつも名前を知らぬ木々を眺めては「あの木はいいですなあ」と思うだけです。

f:id:kompirakei:20180118023610j:plain

珍しい巨木が群立していますね。

あの間の遊歩道を歩いて行きましょう。

f:id:kompirakei:20180118024427j:plain

巨木群の根元付近の地面から、怪しいものが大量に突き出ています。

f:id:kompirakei:20180118024538j:plain

これ、ラクウショウという名のあれら巨木の、「気根」なんだそうです。

米原産、ヒノキ科ヌマスギ属の針葉樹、ラクウショウです。

根から地上に伸ばしたこの気根を通じて、ラクウショウは酸素を取り入れるんですって。

ラクウショウは沼地や湿地に生える樹木で、水辺に生えている場合なんかは気根を水面から出すんだそうです。

f:id:kompirakei:20180118024857j:plain

非常に面白い形状の気根です。

一度観察してしまうと、もう目が離せません。

ラクウショウのファンになってしまいます。

f:id:kompirakei:20180118025127j:plain

地上に出ている樹木と気根の間の、地中の根っこ部分はいったいどんな状態になっているのか、見てみたくなりました。

しかしそれはできない相談です。

土を掘り返すのはいけません。

地中の根の形を想像して済ませようと思いますが、想像図すら全く頭に浮かびませんでした。

ラクウショウの地中の状態については謎のままです。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

【1年間枯れ保証】【山林苗木】ラクウショウ 0.5m 【あす楽対応】

価格:1,620円
(2018/1/18 03:05時点)
感想(0件)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

東京旅行三日目(1)。新宿から下北沢へ。静かな演劇の街を歩く

東京観光の最終日であります。

夕方には飛行機に乗って大阪に帰ってしまいますので、時間を有効に使って最後までしぶとく観光して参ります。

朝早くに新宿歌舞伎町のカプセルホテルを後にしました。

朝の歌舞伎町は客引きの人もおらず、静かで歩きやすいですね。

f:id:kompirakei:20180116004907j:plain

歌舞伎町にゴジラがいるというので見ていこうと思ったんですね。

f:id:kompirakei:20180116004954j:plain

どういう状態なのかここからの角度ではよくわかりませんけれど、まあいいです。

熱烈なゴジラファンと言うわけでもないので、ゴジラの全貌を確認することもなく次に行ってしまいます。

わざわざポーズを取ってくれているゴジラにすれば私は薄情な観客でした。

f:id:kompirakei:20180116005652j:plain

電化製品店ビルの街頭テレビで、朝からSergio Mendesの"Mas que nada"が流れていて己の中のラテン気質に火がつきました。

ブラジルいいですね。

Sergio Mendes来日公演の宣伝でした。

東京にはいろんな国の人たちが来るのですね。

f:id:kompirakei:20180116010040j:plain

この高架下のトンネル通路、何度か通りましたが、「大都会の高架下のトンネル通路」の雰囲気がよく出ていて、しみじみと感じ入るものがあります。

人知れずいろんなドラマが生まれていそうな場所でした。

f:id:kompirakei:20180116010514j:plain

思い出横丁を向こう側に眺める、靖国通り沿いの交差点です。

朝は人通りもまばらですね。

f:id:kompirakei:20180116010948j:plain

オダキュウオダキュウ。

というわけで、小田急新宿駅から、電車に乗りたいと思います。

f:id:kompirakei:20180116011118j:plain

小田急といえば小田原、箱根。

小田急ロマンスカーで小田原箱根旅行。

いいですねえ。

小田原も箱根もこれまでに行ったことがありますが、一度新宿発の小田原箱根旅行をやってみたいものです。

今回は小田原箱根までは行けませんが、世田谷区内まで小田急に乗っていきます。

f:id:kompirakei:20180116011354j:plain

駅の改札から出てきたら、この風景でした。

ここが下北沢の街らしいです。

下北沢って地名を時々耳にするので、どんなところか来てみたかったのです。

小劇場と飲食店と衣料品店が多くて、若者の街なんだそうですね。

世田谷区内には面白い街がたくさんあるようです。

さっそく散策してみます。

f:id:kompirakei:20180116011816j:plain

いきなりこんな看板の洗礼を受けました。

ゲバラ風味の男性。

キューバプレスサンド。

私はキューバの風土に憧れを持っているので、そんなサンドは魅力的です。

f:id:kompirakei:20180116011940j:plain

やはりまだ朝早いこともあって、お店は営業時間外でした。

カフェバーだったのですね。

住宅街の中にこんな異国趣味のお店が平然と建っているなんて、下北沢がどういう街なのか、すぐに飲み込めました。

f:id:kompirakei:20180116012323j:plain

とはいうものの、どの辺りに下北沢らしさの色濃いメインストリートがあるのか、よくわかりません。

とりあえず有名なランドマーク「本多劇場」を探して歩いています。

f:id:kompirakei:20180116012502j:plain

わりとこじんまりした住宅地らしい雰囲気もありますね。 

f:id:kompirakei:20180116012713j:plain

中南米民芸店もあるそうで、物凄く心引かれました。

しかしやはり営業時間外。

中に入ってみたかったです。

f:id:kompirakei:20180116012912j:plain

下北沢駅の南口辺りには、妖しげな魅力あるビルの建つ味わい深い界隈がありました。

私が最初に出てきたのは南西口で、集合住宅の多い場所だったのです。

f:id:kompirakei:20180116013355j:plain

こちら側はこちら側で、飲食店が立ち並んで楽しそうな繁華街の趣きです。

f:id:kompirakei:20180116013527j:plain

珍しい、アボカド料理の専門店がありました。

アボカド、私の好物です。

もしお昼時だったら迷わず入ってアボカドのランチに挑戦しているところでした。

下北沢、中南米要素がところどころに見られて、嬉しくなります。

f:id:kompirakei:20180116013730j:plain

巨大なペプシ缶下の自販機で、ペプシが一切売られていないという拷問です。

でもたぶん角のモスバーガーペプシを提供しているでしょうね。

よかったです。

f:id:kompirakei:20180116014149j:plain

鈴なり横丁、中に飲み屋街と小劇場が入った建物です。

のぞいてみると建物の中に大きな木が生えていて、驚きました。

鈴なりって、樹木にお店がたくさん成っている、ということなのかもですね。

ところでこの鈴なり横丁、茶沢通り沿いにあるんです。

茶沢通りというと三軒茶屋で歩いた目抜き通りで、つまり三軒茶屋から下北沢まで、南北にこの道が通っているんですね。

北の下北沢と南の三軒茶屋、かなり距離は隔たっているのに、茶沢通りでしっかり繋がっています。

今度東京に来たら、三軒茶屋から下北沢まで茶沢通りを歩きとおしてみようかな、と思いました。

f:id:kompirakei:20180116014812j:plain

そうして本多劇場もようやく見つけましたよ。

劇場の上が集合住宅になっている?ようです。

f:id:kompirakei:20180116014855j:plain

見つけたは見つけたけれど、まあ中に入る予定もないし、入ろうにもまだ閉まっているしで外から眺めるだけですけれどね。

しかし有名なランドマークを眺めることができて、自分の気持ちには一区切りついたように思いました。

f:id:kompirakei:20180116015159j:plain

飲み屋等、飲食店が多い中に本多劇場の他にも小劇場があって、演劇人と演劇愛好家が集まる界隈であるのでしょう。

f:id:kompirakei:20180116015343j:plain

本多劇場もショッピングフロアまで経営していて、多角化経営の方針のようですな。

どこのお店も閉まっているし、演劇人も見当たらないしで、朝の下北沢散策は非常に静かに幕を閉じました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

下北沢ものがたり

新品価格
¥1,512から
(2018/1/17 01:48時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

東京旅行二日目(9)。ネットカフェを探して。新宿西口から歌舞伎町、博多風龍のラーメン

三軒茶屋から新宿にやって参りました。

f:id:kompirakei:20180114220915j:plain

前日に続き、本日も新宿区で一泊する予定であります。

もう夕方ですが、新宿散策しましょう。

その一方、私は端末のバッテリを充電できる場所も探しています。

新宿ぐらいの大都市になれば、ネットカフェのひとつやふたつ、そこいらじゅうにあることでしょう。

f:id:kompirakei:20180114221450j:plain

小田急新宿駅前です。

オダキュウオダキュウ。

凄い人の往来です。

f:id:kompirakei:20180114222203j:plain

京王新宿駅前です。

ケイオウケイオウ。

ここも凄い人の往来です。

f:id:kompirakei:20180114222847j:plain

新宿西口には大阪でいう日本橋のような電気屋店街もあるのですが、不思議とネットカフェが見当たりません。

まるでネットカフェに避けられているかのような気持ちです。

被害妄想に駆られ始めました。

f:id:kompirakei:20180114223255j:plain

このビルは、以前に新宿に来たときにも見た覚えがあります。

損保ジャパンのビルですな。

f:id:kompirakei:20180114223409j:plain

初めて見るこのビルは、むやみに大きくて驚いたのですけれど、現地の案内地図によると、東京モード学園の校舎だということでした。

モード学園、こんな高層ビルを独力で建ててしまうなんて、よほど儲かっているのでしょう。

ファッションとデザインを教える学校の校舎だけあって、見た目の綺麗なビルですね。

f:id:kompirakei:20180114223826j:plain

西新宿一丁目の交差点。

たぶん初めて来た場所なのに、この歩道橋とビル群の並びに、妙に既視感があるなーと思いまして。

よくよく考えたんですけれど、最近遊んだ『JET SET RADIO』というテレビゲームにこの西新宿の街一帯を模した街並み出てきてたんですね。

それを思い出して、じわじわと興奮してきました。

私、テレビゲーム等のロケ地に自分が実際に立ち会っていることに、喜んでしまえるたちなのです。

普段テレビゲームをしない人には、よくわからない感覚だろうと思います。

東京の街はテレビドラマ等でもロケ地になることが多くて、そこいらに既視感を呼び起こす要素があるんですね。

f:id:kompirakei:20180114224719j:plain

ネットカフェを探していて、とうとう歌舞伎町にまでやって来てしまいました。

本日の宿が、この歌舞伎町内にあるカプセルホテルを予約しているのです。

私のような東京に疎い者からすると、歌舞伎町というと若干治安に不安のある危険地帯だという認識です。

その界隈に宿を取ったのも、限られた予算のためでした。

f:id:kompirakei:20180114225435j:plain

実際に歩いて見ると治安が悪いというほどではないにしろ、声をかけて来る水商売の店の客引きの人たちがとても多くて、辟易しました。

じっくり歩いてみよう、という気になれません。

外国人観光客にも知られた「ロボットレストラン」もあったのですが。

立ち止まって写真を撮ることもためらわれます。

街頭のスピーカーから「新宿区では路上での客引きは禁止です」などと放送が流れているのですが、客引きの人たちはお構いなし。

それらの放送はあくまで歩行者への注意喚起に留まっているのでした。

 

ところで、ネットカフェと本日の宿の場所とを探してさ迷う私に、ある客引きの若い男性が「何系のお店をお探しですか」と尋ねてきたので、私は無視したのです。

何系と言えば、宿系のお店を探している最中です。

すると男性は無視して行く私の背中に「旅ですか」と妙な哀愁のある声をかけてきたので、思わず立ち止まって返事をしてしまうところでした。

地方から上京してきて、この歌舞伎町に腰をすえて苦労しながら頑張っている人なのではないか、と相手側の背景を勘繰ってしまったのです。

しかしこの大都会で、袖触れ合う誰彼なしに関わってはいられません。

私は私の事情で、ネットカフェを探します。

f:id:kompirakei:20180114230453j:plain

歌舞伎町で、ようやく見つけたネットカフェ。

ナイトパック12時間の滞在料金が、今夜泊まる予定のカプセルホテルの一泊料金よりも安かったので、「ここにすればよかったかな…」と思ってしまいました。

とりあえず30分ほど、端末とバッテリ電池の充電ついでにネットで新宿界隈の観光情報等を調べて過ごしました。

その後、件のカプセルホテルの所在地も確認がとれて、ひと安心しました。

チェックインの時間まで間があるので、しばらく周辺を歩いてみます。

f:id:kompirakei:20180114231208j:plain

新宿ゴールデン街っていうと、俳優さんか作家さんがよく飲み歩いているようなイメージですね…。

f:id:kompirakei:20180114231356j:plain

しかしまだ宵の口だからか、飲み歩く人の姿も少ないですね。

手前のお店の軒先に、大阪の通天閣の守護神としてお馴染みのビリケンさんの姿がありますが、大阪がらみのお店ですかね。

「どんがらがっしゃん」ってお店だそうです。

やらかした感じの店名ですね。

f:id:kompirakei:20180114231551j:plain

提灯のたくさん釣り下がる神社境内に迷い込み、お参りしました。

ここ、「酉の市」で有名な花園神社という神社で、ちょうど私はその酉の市の日の前夜に訪れたわけなのです。

f:id:kompirakei:20180114231748j:plain

酉の市では、昔ながらの見世物小屋なども並ぶのだそうです。

準備中の前夜に来てしまいましたが、祭りの前の静かな、それでいて静かな喜びと緊張感に満ちた空気も悪くないですね。

 

宿にチェックインする前に、夕食を済ませていきましょう。

新宿に来たときから、目をつけていたお店がありました。

f:id:kompirakei:20180114232246j:plain

黄色のネオン看板が特徴のラーメン店、博多風龍です。

またテレビゲームの話になりますが、『真・女神転生Ⅳ』という東京を舞台にした作品の中で新宿の街が再現されていて、その中でこの黄色の博多風龍を模したお店が街並の一部として出てくるのです。

それを覚えていたので、新宿に来てこの博多風龍を見つけて、「このお店、実在したのか!」と驚いたのでした。

それで、夕食には博多風龍でラーメンを食べると決めていたのです。

実際は大阪にも進出していて、すでに何店舗かお店があるぐらいなのですが。

あくまで私のゲーム脳の内部では、博多風龍は新宿を代表するグルメスポットなわけです。

入ってみましょう。

 

博多風龍の新宿東口店、内部はスペースが限られていて、カウンタだけのお店になっております。

店員さんは外国の方が多くて、国際都市東京の一端を垣間見せていました。

店内は順番を待つお客で混んでいて、熱気が凄いです。

ともかく入口の自販機で食券を買いましょう。

10分ほど待って、私もカウンタに座ることができました。

f:id:kompirakei:20180114233202j:plain

とんこつラーメンセットをいただきます。

とんこつラーメンと明太子ご飯の組み合わせです。

あわせて730円でした。

とんこつラーメン単品だと、580円です。

さらに、博多風龍のお店では、ラーメンの替え玉のおかわりが2玉まで無料なのです。

サービス心が旺盛なのですな。

f:id:kompirakei:20180114233302j:plain

見るからに濃厚、クリーミーなスープなのでした。

味わってみても濃厚、美味しくいただきました。

チャーシューもごつごつしていて素敵。

麺は博多の細麺、当然、堅さはお好みで選べます。

私は固め、あとおかわりの2玉もバリカタと固めでお願いしました。

結局ラーメン3玉と明太子ご飯までたいらげてしまいました。

おいしゅうございました。

おなかいっぱいになったので、今夜はよく眠れると思います。

f:id:kompirakei:20180114234057j:plain

歌舞伎町で、人生初のカプセルホテル。

閉塞感はあまり感じず、思ったよりも違和感なく眠れる空間でした。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

真・女神転生IV アトラス ベストコレクション - 3DS

新品価格
¥3,180から
(2018/1/15 00:03時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

東京旅行二日目(8)。三軒茶屋で日高屋のお昼、キャロットタワーの眺望。バッテリがもうありません

三軒茶屋に戻ってきて、お昼をかなりまわったところです。

もう昼食にしましょう。

f:id:kompirakei:20180114200507j:plain

茶沢通り沿いに、野郎ラーメン日高屋が並ぶ場所です。

野郎ラーメンも美味しそうで気にはなるのですが、かなり前から一度入ってみたいと思っていた、日高屋の方に軍配が上がりました。

f:id:kompirakei:20180114200910j:plain

セットメニューがとてもお値打ち価格でリーズナブル。

関西でいうところの餃子の王将のようなお店か?と思っていましたが、王将よりも敷居の低いお店だと思います。

f:id:kompirakei:20180114201128j:plain

中華そばと餃子のセットにしました。

590円でした。

f:id:kompirakei:20180114201937j:plain

餃子は餡がたっぷり入っていてもちもち食感、皮はさくさくに仕上がっています。

歩くことの多い旅で、ニンニク成分は大事!

美味しい餃子がいただけると疲れも取れます。

f:id:kompirakei:20180114201716j:plain

そしてこの中華そばがですね…。

どこか懐かしい、でも癖になるような旨味のあるスープと歯応えしっかり中華麺で、美味しかったのです。

懐かしくて美味しい中華そば、こういう一品を味わえるのはかなり嬉しいと重います。

料理のお値段も全体的に抑え目で、日高屋、家の近所にお店があれば通いたいぐらいです。

でも大阪に進出されるとありがたみが薄れてしまうので、来て欲しくないような…。

複雑な気持ちです。

ごちそうさまでした。

f:id:kompirakei:20180114202255j:plain

お店の道路向かいのスペースで北海道フェアが開かれていました。

ちょっとのぞいてきましたけれど、私のお小遣いで買って買い食いできるようなものはなかったので、ひやかしただけでした。

昼食を済ませて、三軒茶屋にまだ留まっていたい気持ちが強いです。

ランドマークのキャロットタワーに入ってみようと思いました。

最上階が、展望フロアになっているのですね。

登ってみました。

展望フロアのうちレストランになっているスペースはのぞいて、無料で入場することができます。

レストラン部分は、わりと高級なお料理を提供するお店の雰囲気。

都心の夜景を眺めながらの食事なんてよさそうです。

ただ庶民の私には近寄りがたいので、無料で楽しめる風景を見ましょう。

f:id:kompirakei:20180114203402j:plain

おそらく西の方角でしょうか、遠くに山並みが見えます。

背の高いビルも少ないですね。

今いるところが大都会の最果てなのだ、という感慨がわきます。

f:id:kompirakei:20180114203738j:plain

これは東方面を眺めたもの、つまり写真奥が渋谷ですね。

山並みの代わりに、途切れることのない高層ビル群が並んでいます。

今いるところが大都会の始まりなのだ、という感慨がわきます。

何年も前に、初めて東京タワーと新宿都庁の展望フロアに上ったときの気持ちを思い出しました。

 

キャロットタワーを下り、また三軒茶屋の路地裏をうろうろ。

f:id:kompirakei:20180114204305j:plain

あれはテレビゲームの『ペルソナ5』にも登場するビル屋上のバッティングセンターですな。

道理で、歩いてて硬球を打つ音が聞こえてくると思いました。

f:id:kompirakei:20180114215152j:plain

写真を撮っていたらカメラに使っている端末のバッテリがなくなってきたので、界隈のセヴンイレヴンで充電用バッテリを購入しました。

そうするとキャンペーンのくじ引きを引かせてもらえて、裁縫セットとグミ菓子が当たりました。

儲けました。

でも、充電用バッテリは使用前にまずどこかで充電しないといけないそうです。

端末のバッテリが無くなってきた急場に購入しても、間に合いません。

本日泊まる宿で充電すればいいのですけれど、まだ夜まで観光する時間が残っていますので、カメラが使えないのは困るのです。

ネットカフェかどこかで端末と充電バッテリ共々充電しないといけません。

f:id:kompirakei:20180114214052j:plain

路地裏から首都高の高架下に出てくるこの小道も『ペルソナ5』に出てくるお馴染みの風景でした。

バッテリに不安のある私は、そろそろ三軒茶屋をおいとまする決心を固めました。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ペルソナ5 【Amazon.co.jp限定特典】怪盗団スペシャルテーマ&アバター5種セット配信 - PS4

新品価格
¥8,554から
(2018/1/14 21:49時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

東京旅行二日目(7)。世田谷八幡宮と太子堂八幡神社。河内源氏、源義家の足跡

豪徳寺へのお参りの後、近くにある東急世田谷線宮の坂駅から電車に乗って、再び三軒茶屋方面に戻ることにします。

f:id:kompirakei:20180114173236j:plain

宮の坂駅の傍らには世田谷八幡宮があります。

f:id:kompirakei:20180114173601j:plain

八幡宮というと、武家河内源氏氏神である八幡神を祀っています。

同じく河内源氏の流れを汲む足利氏に縁のある土地にも、よく八幡宮のお宮がありますね。

世田谷界隈はかつて足利氏の支流の世田谷吉良氏が治める土地だったので、それでここにも八幡宮が創建されたのだろう、と私は思ったのですね。

しかし世田谷八幡宮の敷地内にあった案内板を読むと、予想とは少し違いました。

創建は世田谷吉良氏が当地に来るよりももっと遙か以前の平安時代後期のことで、「後三年の役」で奥州の清原氏を攻めた河内源氏源義家(みなもとのよしいえ)が奥州からの帰途、この地に勧請したものだということでした。

源義家は通称が「八幡太郎義家」と言われ、京都の石清水八幡宮元服した経緯があり、氏神である八幡神への崇敬が篤かったのですね。

世田谷の地に八幡宮を勧請したのも、奥州で武運に恵まれたことを八幡神に感謝してのことだったようです。

後の室町時代、当地を治めることになった世田谷吉良氏によって、世田谷八幡宮の社殿は修復されて整えられたということです。

奥州で熾烈な戦を勝ち抜いた八幡太郎義家と、その義家の後裔であり奥州管領として奥州を治めていたこともある世田谷吉良氏の一族の足跡が、世田谷八幡宮で重なります。

深い因縁を感じました。

私も自分の武運を祈願しました。

私の足跡も河内源氏と重なりました。

源義家、世田谷吉良氏、と来て金比羅系です。

次はあなたの番です。

f:id:kompirakei:20180114175443j:plain

宮の坂駅の駅舎に隣接して、かつて使われていた車両が展示されています。

f:id:kompirakei:20180114175529j:plain

中に入ることもできました。

この車両は世田谷線を走った後、江ノ島電鉄で「江ノ電」として走ってきた歴史があるのですって。

江ノ電になって、鶴岡八幡宮がある武家の古都、鎌倉の海側を走った後にまた世田谷八幡宮の前に帰ってきたのですね。

八幡宮に縁の深い車両ですね。

そういえば世田谷八幡宮源義家が奥州からの帰途に世田谷に滞在している間に創建したということですから、義家が鎌倉に戻った後に創建した鶴岡八幡宮よりも少しばかり歴史が古い…と言えそうです。

世田谷八幡宮側の由緒を重んじるならそう解釈できる、ということですね。

 

宮の坂駅でしばらく待って、やってきた三軒茶屋駅行きの電車に乗り込みました。

ところで私、三軒茶屋付近にある「太子堂」という地名が気になっていまして。

地名で太子と言うと聖徳太子に縁のある場所を指すことが多いですから、近辺に太子堂という聖徳太子を祀ったお堂があるんじゃないか、とそう思ったのです。

私は聖徳太子に身近な南大阪から来ていまして、東京で聖徳太子に関わりのある場所があるなら見ておきたかったんですね。

手持ちの地図には「太子堂八幡神社」なる場所が載っていて、もしかしたらそこに太子堂があるやもしれぬ、と。

そう思い、その最寄りの西太子堂駅で途中下車しました。

三軒茶屋駅のすぐお隣の駅です。

f:id:kompirakei:20180114181645j:plain

このあたりの住宅街も味わいがありますねえ。

f:id:kompirakei:20180114181820j:plain

ここも住宅地の中、太子堂八幡神社にやって参りました。

境内を探しましたが、太子堂なるお堂は見つからずでした。

私の早とちりでした。

そこは残念ですが、せっかくなのでお参りしていきます。

太子堂八幡神社には、源義家が「前九年の役」で奥州に向かう途中に当地にあった神社で休憩したという伝承が残っているそうです。

もともとは土地の神様を祀る神社だったようですが、源義家が関わる由緒によって、八幡神を祀るようになったのですね。

前九年の役」は「後三年の役」よりも以前に源義家が奥州で戦った戦ですから、世田谷八幡宮よりもさらに由緒の古いお社ということになりますか。

太子堂八幡神社世田谷八幡宮の伝承から想像するに、おそらく世田谷という土地は関東から奥州に向かう途上にあり、鎌倉と奥州とを行き来する河内源氏にとっては古くから馴染みの深い場所だったのでしょう。

そのように思いました。

室町時代に世田谷は河内源氏の後裔にあたる世田谷吉良氏の統治するところとなって八幡神を祀るお社が整備され、後世に残ったのですね。

河内源氏の歴史と結びついた、世田谷という土地の個性を感じます。

f:id:kompirakei:20180114182855j:plain

西太子堂界隈から三軒茶屋まで一駅なので、散策がてら歩いて戻ります。

背の高いビルが少なく、住宅地の広がる近隣で、三軒茶屋キャロットタワーってよく目立つランドマークになっているんですね。

自分の中で、キャロットタワーに対しての親しみが増しているのを感じます。

ちなみに太子堂の由来になった場所ですが、後で知ったところによると、三軒茶屋から茶沢通りをずっと北に進んだ先に円泉寺という寺院があって、その境内に太子堂というお堂があるんだそうです。

ここが地名の太子堂の由来で、おそらくは、聖徳太子に縁のあるお寺なのでしょうね。

今回の旅ではお参りできなかったですが、次に三軒茶屋に来たら円泉寺にも足を運んでみたいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

八幡神と神仏習合 (講談社現代新書)

新品価格
¥821から
(2018/1/14 19:30時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com