読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『瞬殺猿姫(24) 毒見をした猿姫』

猿姫(さるひめ)は、織田三郎信長(おださぶろうのぶなが)の膳を覗き込んでいる。

「作為を感じる」

厳しい目をして、つぶやいた。

彼女を見守る三郎の表情が強張る。

「毒を盛られているかもしれない」

「まさか」

三郎は、引きつった声で言った。

「拙者を毒殺して、何の得になるのであろう」

「そんなことは、毒を盛った本人にしかわからない」

猿姫は冷静な言葉を返す。

三郎の膳の上の、蛸の煮付けに手を伸ばした。

「猿姫殿」

叫ぶ三郎に構わず、指先につまんで取った蛸の足に、猿姫はかじりついた。

蛸の足の一部を、噛み千切った。

口を閉じ、蛸を舌先で転がしている。

「しかし、毒でござるぞ」

三郎は冷静さを失い、腰を浮かせる。

猿姫は、彼を手で制した。

そのまま、蛸の断片を咀嚼して、飲み下している。

「この小鉢には、毒は盛られていないようだ」

顔色も変えずに言った。

三郎は、息をつく。

「見ていて心臓が持たぬ。毒見していただけるのはありがたいが…」

「念のため、他のものも確認しておく」

「猿姫殿」

心配する三郎には取り合わず、猿姫は他の料理も少しずつ、毒見していった。

一品一品、指先でつまんでは目で見て、鼻と舌で吟味する。

結果、どれにも異常はなかった。

「三郎殿。料理の様子に作為は感じるが、何も盛られてはいないようだ」

青くなって猿姫を見守っていた三郎に、落ち着いた声で言い渡した。

三郎は安心して、ほっと息を吐く。

「かたじけのうござる」

「三郎殿に倒れられては、私が孤独の身になるからな」

猿姫が何気なく言った言葉を、三郎は胸の内にしまった。

 

猿姫は首をかしげながら、自分の膳の前に戻った。

「毒を盛ったのでなければ、なんなのだろう」

誰に言うともなしに、小声で言っている。

隣にいる三郎は、彼女のそんな言葉にも耳を傾けている。

「やはり、お城の方が、毒見をされているのでは。そのせいで量が違うのではござらぬか」

「そういうことはないと思う」

三郎の方を横目で見て、言った。

客人とはいえ、この城の者にすれば、三郎は他人だ。

他人のために命を賭して毒見をするような善人は、この戦国の世には稀有だ。

彼女の顔を見返しながら、三郎は考え込んでいる。

「では、拙者以外の方のお膳に、毒が盛られているおそれは」

「ないとは言えない」

三郎に言われて、猿姫は自分の膳を見下ろした。

三郎は、実家である織田家に命を狙われている。

織田家は、三郎の実弟である織田弾正忠信勝(おだだんじょうのじょうのぶかつ)の手中にある。

そして、逃亡中の三郎を支えているのが自分、猿姫だ。

猿姫はそう、自負している。

三郎を狙う前に、彼の片腕である自分を狙うことは、刺客の狙いとしては有り得るだろう。

もしこの神戸城内に織田の刺客が潜んでいるとすれば、猿姫の膳に毒を盛っているかもしれない。

猿姫は、身を沈めた。

前屈みにした上半身を低く下げて、自分の膳の上に顔を近づけた。

鼻先をひくつかせて、匂いを嗅ぐ。

瞬間、鼻腔内に、強烈な違和感を感じた。

「んっ」

反射的に上体をのけぞらせて、猿姫は背後に倒れこんだ。

鼻を押さえている。

「猿姫殿っ」

猿姫のとっさの動きに、三郎は腰を浮かせた。

鼻を押さえたまま後ろに倒れこんでいる猿姫の傍らに、慌てて這い寄った。

「いかがなされた」

「不覚っ…」

猿姫は座敷の上で身悶えして、苦しげな声を漏らした。

料理からの、強烈な刺激臭。

鼻に痛みを感じた次の瞬間に、今度は倦怠感が全身を襲っていた。

だるい。

横になっていたい。

めまいもする。

意識が、次第に薄らいでくる。

必死に彼女を助け起こそうとする三郎の手を振り払い、猿姫は床にしがみついた。

眠りたい。

意識が薄れる瞬間、彼女は愛用の棒に思いを馳せた。

眠っている間、無防備になりたくない。

まとわりついてくる三郎の体を、肘で押しのけた。

傍らにあるはずの棒を求めて、床の上に手を走らせる。

長い棒に指先が触れた。

引き寄せて、それを自分の胸に抱え込んだ。

安心する。

これで、ぐっすり眠れる。

 

「猿姫殿」

引き寄せた棒を抱えて、眠り始めた猿姫。

いくら揺さぶっても、起きる気配はない。

瞬時の出来事だった。

自分の膳に鼻先を近づけ、匂いを薄く嗅いだだけで、猿姫は昏倒してしまった。

猿姫の体を揺さぶりながら、三郎は涙ぐんでいる。

誰かが、猿姫に毒を持った。

彼には信じられないことだった。

猿姫はぐったりと横たわっている。

断続的に息をしているところを見ると、命に別状はないらしい。

「何と卑劣な…」

悲しみに続いて、怒りが腹の底から湧いてくる。

猿姫には、毒を盛られるようないわれはない。

三郎は猿姫の人柄を知っている。

尾張国、那古野郊外の船小屋で出会って以来、三郎はずっと猿姫に守られている。

猿姫はいたずらに他人を害する人間ではなく、恨みを買うはずはないのだ。

それなのに、毒を盛られた。

であれば、織田家に狙われる自分の巻き添えを食ったものに違いない。

「おのれ、狙うなら拙者一人を狙えばよいものを…」

三郎は、拳を握り締めた。

離れた席で見ている、滝川慶次郎利益(たきがわけいじろうとします)の方を振り返った。

慶次郎は、状況にも関わらず、静かなたたずまいでこちらをうかがっている。

「慶次郎殿、ご助力を願いたい」

三郎は、大きな声を出した。

「見ての通り、猿姫殿が毒を盛られ申した。貴殿、城の方を呼んでくだされ」

「織田様、落ち着かれよ」

自分の膳の前に座ったまま、慶次郎は静かに言った。

三郎の頭に、血が昇る。

「落ち着けるわけがないでしょう。ことは一刻を争う」

温厚な三郎には珍しく、慶次郎を怒鳴りつけていた。

「心配ござらぬ。そらあ、ただの眠り薬じゃで」

三郎の怒りをかわすように、慶次郎は顔に薄笑いを浮かべた。

「な、今、何と?」

「ただの眠り薬。猿姫さん、いつも眠りが浅いやろ。寝込みを襲っても、返り討ちにされてはたまらんでな」

「貴殿、何を言って…」

「眠り薬をかがせれば、おとなしく眠ってもらえるで」

相手の言葉が飲み込めず、眉を寄せる三郎。

目前で、慶次郎は顔に笑みを浮かべたまま、傍らの刀を一本手に取った。

緩慢な身振りで、立ち上がった。

「そういうわけで、猿姫殿に眠り薬を盛ったは、拙者だ」

「貴殿は…」

猿姫の傍らで、三郎は緊張で身を固めて、慶次郎を見た。

慶次郎は、刀を手にして三郎に迫る。

悠々と歩きながら、鞘から刀身を抜き放った。

その立ち姿には、気迫がある。

「ただ、猿姫さんに取られたものを取り返すだけや。貴殿はおとなしくしておられ」

三郎に語りかける。

言葉を返せずに固まる、三郎を見ている。

次いで慶次郎は、横たわっている猿姫の体に、その視線を移した。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

忍者の歴史 (角川選書)

新品価格
¥1,728から
(2016/8/1 18:29時点)

 

kompirakei.hatenablog.com

kompirakei.hatenablog.com