読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ムグァグァム島は、親日国!』

空港と言えば聞こえはいいが、広い原っぱの横に粗末なバラック小屋が立っているだけだ。

バラック小屋の壁面には窓が設けてあり、中から人の顔がのぞいている。

小さな平屋の建物だが、あれが空港であり、管制塔代わりでもあるのだろう。

私はバックパックを担いで、老朽化したセスナ機からタラップをつたい、原っぱに降りた。

「のどかな島であることよ」

ムグァグァム島。

とうとう、私はやって来た。

しばし、感慨にふける。

原っぱの先も、見渡す限りの原っぱ。

その周囲には、何もない。

街の姿すら見えない。

地平線に、日が沈みかけている。

 

セスナ機は私を含めた数人の乗客を降ろすと、疲れた様子で、のろのろと原っぱの上を進んでいく。

私たちが乗ってきたのが、最終便だった。

機体はこれも原っぱの脇にある、格納庫の中にバックして、お尻から収まった。

格納庫と言えば聞こえはいいが、ただの大きなプレハブ倉庫だ。

他の乗客たちは皆、島民らしい。

質素な民族衣装をまとう人たちだ。

出稼ぎに、外国に出ていたのかもしれない。

彼らがバラック小屋の方へ向かうので、私も後から続いた。

あの小屋の中で、入国審査手続きを済ませる。

そしたら、晴れてムグァグァム国に入国できるのだ。

楽しみである。

ただこの国、難点があった。

国と言えば聞こえはいい。

だが、実質は日本の八丈島よりも小さな本島。

それとその周辺に無人島をいくつか持つだけの、ごく小さな島国だ。

観光する場所については、心もとない。

しかしそんな国だが、ムグァグァム。

親日国」の誉れ高いのだ。

日本の巷で流行っている「世界親日国ランキング」。

その上位にムグァグァム国は常連として、常に陣取っているのである。

そのような国であるので、日本人としてこの私も、現地では熱烈な歓待を受けるはずだ。

ムグァグァム国。

国としてはよく知らないし、特別の興味もない。

だが歓待を受けることができるのだから、いい旅になるだろう。

そう思って来た。

 

日本人はビザ無しで入国できるということだったので、ビザ申請はしていない。

バラック小屋に入る。

この小屋が空港であり入国審査の場でもある。

室内の窓際には各種通信機を置いた机があって、管制官の男性が椅子に座っている。

先ほど、中からのぞいていた顔だ。

しかし彼はたった今仕事を終えたためか、机に頬杖をついて、眠そうだ。

私は、小屋の奥に目を移す。

ランプ明かりの下、部屋の奥に事務机が備えられているのが見えた。

そこに入国審査官が座っている。

その手前に、数人の乗客たちが並ぶ。

出稼ぎからの帰りと見える、彼ら乗客たちの一番後ろに、私は並んだ。

 

手続きを済ませて、乗客たちは小屋を出て行く。

故郷に戻るのだろう。

できることなら私も彼らの後についていき、街まで出たいと思う。

ガイドブックも何も持っていないから詳しくないが、たぶん空港の近くに街があるはずだ。

だいたいどこの国でもそうだから、ここでもそのはずだ。

街で宿を探したい。

私の番が来た。

審査官に請われるまま、パスポートを手渡した。

パスポート記載の写真と私の顔とを見比べる審査官。

厳しい顔つき。

親日国を名乗るからには、日本人である私に向けてもう少し笑顔が欲しい。

「ヘーイ、スマイル!」

パスポートに押印している審査官に、冗談めかして笑いかけてみる。

審査官は、顔を上げた。

笑っていない。

厳しい視線を受けた。

そこに、何の歓待の意図も感じられない。

「…すみません」

私はいたたまれず、頭を下げた。

 

それ以上の障害は無く、入国審査を通過して、私も小屋から外に出た。

夕暮れどきの空気が気持ちいい。

私は深呼吸した。

これより、街に繰り出すのだ。

宿を決めなくてはいけない。

周囲を見回した。

バラック小屋の空港と、プレハブ倉庫の格納庫の周囲には、原っぱしかない。

見渡す限りの平原。

地平線の向こうまで。

建物の影も形もない。

どちらの方向に行けば街があるのか、見当もつかない。

私より先に出て行ったはずの乗客たちの姿は、すでにどこにもなかった。

私は、戸惑った。

どちらへ行っていいのか、わからない。

ムグァグァム島よ!

もっと歓待してくれ、親日国だろう?

私は、小屋に戻る。

管制机で眠そうだった管制官と、同じく審査机にいて眠そうだった審査官。

扉を開けて入ってきた私を見て、二人が顔を上げた。

まだ何か用でもあるのか、という表情でこちらを見ている。

少したじろいだが、気後れしていては今後に差し支える。

勇気を出して、私は街の場所を尋ねた。

室内の二人は、顔を見合わせる。

それからこちらの顔を見据えて、街などない、と声を揃えて言った。

私は、耳を疑う。

街がない?

ないよ、と二人。

半信半疑だが、目の前の職員二人の強い口調に、私は言い返すこともできなかった。

この島には、街がないらしい。

でも、それでは私はどこに宿を取ればいいのだろう?

私の弱々しい問いかけに、二人は、また顔を見合わせた。

知らない、行くところがなければ、ここで寝ろ。

二人はそう言った。

厳しい答えだった。

聞けば、二人もこの小屋もとい空港に寝泊りしているという。

自宅が遠いので、終業後にいちいち帰っていられないのだそうだ。

この島には街などなく、島内の空港から離れた場所に、小さな集落が分散しているのだそうだ。

政府の官庁すらも、そんな集落のひとつにあるという。

なんて島だ。

そんなへんぴな島で、何の観光をしたらいいのだろう。

目の前が真っ白になる思いだった。

 

仕方が無いので、職員二人の言葉に従い、その夜は空港小屋に泊めてもらった。

機体の整備を終えたセスナ機の男性パイロットもやってきた。

夜間、小屋の床に四人で車座になって過ごした。

夕食には三人の好意で、彼ら秘蔵の、魚の保存食を振舞われた。

島の沿岸で取れる小魚を、土瓶にぎっしり詰めて、香草と共に発酵させたものだ。

島で一番美味しい、郷土食だという。

土瓶から木製のふたを取り外した途端に強烈な発酵臭が発散する。

私は、食欲を失った。

三人は美味しそうに手づかみでその小魚を食べ、私にもしきりに勧める。

行きがかり上、何度か応じて口にしたが、強烈な味だった。

後は、満腹になったと繰り返して、それ以後の勧めを断る。

その後は、小屋の中に魚の発酵臭を充満させたまま、四人で床に雑魚寝だ。

私は眠れなかった。

ムグァグァム人三人は、それぞれシャツにネクタイを締めた姿のまま。

横たわって眠り込んでいる。

どこで服にアイロンをかけているのだろうか。

 

翌日、朝から島内の散策に出る。

しかし島内には舗装路が通っておらず、乗り合いバスもタクシーも走っていない。

島内に、自動車そのものが皆無だった。

観光が難しかった。

いずれの集落も空港から遠くて、徒歩ではたどりつくことができなかった。

やむを得ず、近場にあった海沿いの風景を眺めて旅情に浸る。

日がな一日、岸壁の上に座り込んで、波の荒い海ばかり見て過ごした。

空港に戻り、その日の夕方の便で日本に帰った。

とんでもない旅だった。

 

あんな島のどこが親日だ、と私は帰ってから怒り心頭になっている。

腹の虫が収まらない。

私はインターネットで、ムグァグァム国についての情報を集めた。

どうしてあんな酷い島国が、「親日国」などという扱いになっているのだろう?

独自の調査を重ねるうち、次第に状況が明らかになってきた。

何でも、ムグァグァム出身の男性タレントが、日本の芸能界にいるらしい。

普段テレビ番組を見ない私は、知らなかった。

私の母国では、皆日本のことを尊敬している!

ムグァグァム人は皆、日本人が大好きだ!

そのように、彼は自分が出演するテレビ番組毎に吹聴しているのだそうだ。

こいつが情報源か、と私は確信した。

母国が日本人から親日認定を受けたいがために、こいつは好き放題を言っているのだ。

彼の言葉を真に受けて、お茶の間の善男善女は、ムグァグァム島は親日国!と信じ込んでいる。

私のようにムグァグァム島の実態を知る機会は稀だから、多くの日本人は風聞を元に判断する。

その結果の、ムグァグァム島親日認定である。

何が親日だ、嘘つきめ。

何も無い、くだらない島に誘い込んで、俺に発酵した小魚を食わせやがって。

このムグァグァム人のタレントに、苦情のメールを送ってやろうと思う。

パソコンで、彼の所属するタレント事務所の公式ウェブサイトを閲覧した。

サイト内にあったファンメール用のメールフォームを立ち上げる。

件のムグァグァム人タレント宛てに、苦情の文面をつづろうと意気込む。

いかに私が、ムグァグァム島で酷い扱いを受けたか。

それを延々と書いて、件の嘘つきタレントに、恥をかかせてやるのだ。

ようやく、鬱憤を晴らすときが来た。

 

だがいざ文章をつづろうとして、私は悩んだ。

自分が受けた酷い扱いを、書いてやろうと思うのだ。

しかし、よく考えれば、それを書くとこちらの人間性が疑われることばかりだった。

例を挙げよう。

「ムグァグァム島は、平原と海岸をのぞいては、何もない島だ!」。

でもそれは、誰のせいでもない。

ムグァグァム人にも、国土の有り様に関しての責任はない。

また外国人が他国のことを「何もない」と断じるのは、無礼極まりないことだ。

「街が無くて泊まるところに困り、私は空港とは名ばかりのバラック小屋に泊まらされた!」。

しかし泊めてもらえたのは、小屋にいたムグァグァム人職員の好意によるものである。

「空港小屋に滞在した夜、とても個性の強い発酵小魚を食わされた!」。

だが、これもムグァグァム人職員の好意によるもの。

そして件の発酵小魚は、ムグァグァム島の郷土食。

その味を酷評などすれば、異文化に対してのこちらの無理解を露呈してしまう。

だいたい、私が遠慮し始めてからは、職員たちは決して私に発酵魚を無理強いはしなかった。

空港小屋への宿泊も発酵小魚も、私は料金を請求されたわけではない。

完全に、彼らの好意だ。

「島の集落を見学したかったが、遠くてたどり着けなかったので海ばかり眺めて過ごした!」。

こう言葉にしてみると、なんだか悪くない旅だったかのように思えてくる。

実際に外国の島で、荒涼とした海を眺めて一日過ごすのも、悪くない体験だったのだ。

 

メールの文面がまとまらない。

私は、悩んだ。

何が気に食わないのだろう?

期待に反して、ちやほやされなかった。

それだけではないか。

そうなのだ。

私は、ムグァグァム島が親日国である以上、ちやほやしてもらえると思って行ったのだ。

だが実際は、予想しなかった厳しい目にばかり遭った。

それで、私は割り切れない思いにさいなまれている。

期待が強すぎた?

いやそれどころか、私はムグァグァム島がどんな場所か、ろくに調べもしないで出向いた。

かの国の親日国、の肩書きに全てを託して。

何もかも、相手任せ。

同時に自分本位。

メールでムグァグァム人タレントに愚痴ろうとすればするほど、エゴ丸出しのこちらの姿勢が露わになってしまう。

そのせいで、私は何も書けなくなってしまった。

しかし、私の中には依然、もやもやが残っている。

このタレントに、ひとこと言いたい。

何でこんな気持ちがするのだろう?

もしかしたら、と思い当たった。

文章の取っ掛かりになるものを、つかんだ思いがした。

ムグァグァム島の空港職員たちは、ちやほやはしてくれなかったが、異邦人である私を泊めてくれた。

夕食を振舞ってくれた。

旅人として、それなりに歓待してくれたのかもしれない。

 

結局、メールの文面を短くして、体裁を整えた。

「先日、縁あってムグァグァム島に滞在しました。風景がよく、現地の人たちの朴訥な人柄にも好感を持ちました」。

送信する。

これで、よかったのだ。

後日、件のムグァグァム人タレントから、返信を受け取った。

「旅の思い出の喜びは、貴方の気持ち次第です」。

嬉しいことを言う人だな。

それ以来、彼のファンになった。

にほんブログ村 小説ブログ 短編小説へ
にほんブログ村

週末バックパッカー ビジネス力を鍛える弾丸海外旅行のすすめ (星海社新書)

新品価格
¥907から
(2016/11/9 00:12時点)

kompirakei.hatenablog.com

 

kompirakei.hatenablog.com