『手間のかかる長旅(103) 皆で郊外へ』

運転手の女性が運転席に戻った。

「お待たせいたしました」

車内に低音のアナウンス声が響いた。

時子(ときこ)たち一同、よく待っている。

時子の背後で、美々子(みみこ)が小さくうなずいている気配がある。

「如意輪寺方面行き、間もなく定刻発車いたします」

皆で勝手に待った気分になっていたものの、定刻通りなのだ。

バスは発車した。

駅前のバスターミナルから、如意輪寺方面へ。

運転手の、落ち着いたハンドル捌きだ。

朝方の街の風景を車窓に写して、バスは郊外に向かって行く。

時子たちが見慣れたビル街から住宅地の街並みへ。

この住宅がまばらになり、道路沿いには田畑が並び始める。

さらに進むと、この田畑の間に工場の建物が混じった。

工場地帯の中をバスは進む。

時子とアリスが来週から勤める工場の、最寄りバス停も通り過ぎた。

「こっち方面、こんな土地だったんだな」

窓の外を見て、美々子は独り言のように言った。

先日の時子と同じく、美々子もこちらの方角に来るのは初めてだったらしい。

「工場で働いてでもないと、こっち来ることってないよね」

珍しく、美々子の言葉に町子(まちこ)が合いの手を入れた。

街の子は、郊外に用が無い。

時子にとってはこれで二度目の、殺風景な車窓であった。

ただ面接に向かう途中だった前回とは違い、今回は皆で食事しに遠出なのだ。

時子の気持ちはおのずと弾んだ。

路線バスに乗って、郊外にドライブだ。

「この運転手さん、運転が上手ね」

ふいに、東優児(ひがしゆうじ)が感想を漏らした。

柔らかい声色だ。

以前、馴染みの喫茶店に彼を呼び出した際のことを時子は思い出した。

話し方も仕草も、優児のそれは洗練されている。

「バスの免許って取るのは大変なんでしょう?」

隣の美々子に声をかけている。

「知らんわ。誰でも取れるだろ、そんなの」

美々子は乱暴に答えた。

「嘘でしょう」

優児は笑う。

「美々子さん大型免許持っていた?」

「持ってなくたって運転ぐらい出来るんだよ」

美々子の大口だった。

ヨンミと優児の間で彼女はふんぞり返っている。

「私の方が運転上手い」

「美々ちゃん、あんまり大きい声出すと運転手のお姉さんに声が届くよ」

前の席から町子が低い声でたしなめた。

「別にいいよ、届いたところで」

美々子は悪びれもしなかった。

「運転代われって言われたら今すぐにでも代わってあげるわ」

平気な顔で続けた。

彼女の姿を目にして、時子は考えている。

もしかしたら美々子は、優児が女性運転手の運転を褒めたので、意地になっているのかもしれない。

彼女のこういうところは可愛い、と時子は思った。

「時子、何がおかしいの」

後ろの席から美々子は目ざとく指摘した。

無意識に、笑みを浮かべていたらしい。

時子は慌てて両手で顔を覆い、くしゃみをする振りをしてごまかした。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

改訂新版 大型二種免許完全合格マニュアル

新品価格
¥1,296から
(2018/2/22 01:10時点)

kompirakei.hatenablog.com